一概に工場でのお仕事と言ってもたくさんの業種があります。
  
それぞれが大切な役割のお仕事であり、もちろんやりがいも豊富です。工場でのお仕事はラインでの流れ作業が主になります。それぞれの仕事によって内容はもちろん異なっては来ますが、同じ部品をひたすら作り続けます。
  
また座ってではなく立っての仕事の場合が多いです。手作業の会社もあれば、機械を扱っての商務になる会社もあります。仕事内容以外では寮が完備されている会社もあるので、新しくスタートを切るという方には、良いかもしれません。
  
ここでは精密関係の工場業務の内容をご紹介したいと思います。

☆製造保全補助のお仕事とは?

製造保全とは生産に使う機械の点検や修繕を行う業務のことを言います。設備保全とも言います。
  
工場にとって生産機械は命です。故障ともなれば生産速度がぐっと落ちてしまいますから、日頃から故障をしたりしないよう「保全」を行うのが製造保全と言う仕事です。その内容は大きく分けて二種類あります。調子がおかしくなった機械を調べ、その原因を突き止めて機会を直す「事後保全」と、機械が安全に動く様に事前に点検・修理・部品交換を行う「予防保全」です。
  
現場ではこのふたつの保全を組み合わせて行い、主に機械が止まってしまう突発性の故障である「機械停止型故障」と、機械の動きが遅くなったり性能が低下してしまう「機能停止型故障」のふたつの機械故障に備えている訳です。
  
製造保全補助はそう言った保全の助手としての仕事になります。工場の命である機械を支える、重要な仕事と言えます。

☆組立・組み付けのお仕事とは?

組立や組み付けとは組立図通りに機械の部品などの組立や組み付けを行う業務のことを言います。この仕事を行う人のことを「組立工」と呼びます。
  
組立を行う機械は多くの種類があり、例えばプリンターや液晶画面などの電子精密機器、自動車のイスやドア、フレームなどのパーツを組み立てたりします。この仕事のほとんどはレーンでの流れ作業になります。一続きのレーンで組立と組み付けの組立工が仕事をするわけですが、それぞれ行う内容が変わってきます。組立とは機械の部品となるユニットを生産していく過程のこと、組み付けは出来上がったユニットを骨格や柱などのベース部分に取り付けていく過程のことを言います。
  
自動車の工程で例えると、ハンドルなどの自動車の部品を作るのが組立、そのハンドルを車体へ取り付けるのが組み付け、と言うことになります。組立工の仕事ではモノを作る楽しさ、モノの出来上がるまでの仕組みを知る事が出来る業務でもあるのです。

☆検査のお仕事とは?

検査とは工場内のラインで生産された製品をチェックする業務のことを言います。
  
出来上がった製品に不備がないかや不具合がないかを確かめたり、発送前に発注の数と合っているかなどが主な仕事内容になります。規格に沿わない部分があれば担当者に報告するのも重要な仕事です。
  
検査の仕方はどんな工場かによって変わりますが、ベルトコンベアで流れてくる製品に異物が混入していないかを検査し、不適合品を取り除く「目視検査」、製品の外観に傷や変色などの不具合を見つける「外観検査」が代表的です。人間の目を使って行われる仕事の為、集中力を保つためにローテーションで行われるのが基本です。
  
これらの仕事は製品の品質保証を目的としており、企業の信頼を守る責任ある業務と言えます。

☆まとめ

工場での精密系の仕事はどれも工場を支える仕事ばかりです。その仕事をしているということ自体に誇りがあったり、働いている間に現れるやりがいというものは、言葉では表せないものになるのではないでしょうか。工場でのお仕事でやりがいを感じてみてはいかがでしょう。

精密の工場求人はこちら
  
全国の工場・製造業求人を探す
  

ジョブコンプラスでは工場・製造業の求人が多数掲載!
検索機能が充実しているため、仕事内容はもちろん、勤務地や給与、勤務時間など様々な方法から希望を絞ることができます。

また、会員限定の「適性診断」が受ければ、自分の性格や能力・仕事に活かせる強みが分かるので、より安心して仕事探しができます。

さっそく自分に合う仕事を探したい!まずは色々と役立つ情報だけを集めておきたい!
仕事探しをさらに充実させるためにジョブコンプラスをお気軽にご利用ください!