ジョブコンプラスお仕事ガイド 働くなら知りたい!工場のお仕事をご案内

ドライバー業界情報
知っておきたい!トラックの燃料タンクの容量や増設をする際の注意点

トラックの運転を職業にしている人の中には毎日長距離を走っている人も少なくありません。その場合、気になる点として挙がりやすいのが燃料タンクの問題です。
  
タンクの容量は大きい方がよいのか、増設することは可能なのか、増設することで不具合は生じないのかといった具合に、さまざまな疑問が浮かんできます。
  
そこで、トラックのドライバーやドライバーを目指している人のために、それらの疑問について解説をしていきます。
  

大きさや位置は?トラックの燃料タンクについての基礎知識

燃料タンクの容量はどのくらいなのかというと、トラックの大きさによっても異なりますが、10トントラックなら300~400リットル程度が一般的です。
  
ちなみに、大型トラックの場合、タンクは車体の下部に取り付けられ、外から丸見えになっています。
  
取り付け方法もバンドで簡単にとめたようなものがほとんどで、一見、安全性に問題があるようにも見えます。
  
しかし、実際は安全性を高めるための処置なのです。
  
大型トラックは車体が長いので、カーブを曲がったときなどには大きなねじれが発生します。
  
そのため、しっかりと固定しすぎると、ねじれの力がダイレクトに燃料タンクに伝わって破損の原因になってしまいます。
  
  
一方、バンドなどで軽くとめる程度にとどめておくと、ねじれの力が分散され、逆に、安全性が高まるというわけです。
  
もちろん、バンドが外れて燃料タンクが落ちたりしないようにしっかりと設計がされています。
  
また、燃料タンクの大きさや形状はメーカーによっても異なりますが、燃費に関しては1リットルあたり4.05~4.25キロ程度であり、大きな差はありません。
  

燃料タンクの増設は可能なのか?気になるタンクの費用や入手方法

結論からいえば、燃料タンクの増設は可能です。
  
燃料タンク自体はカー用品店などで販売していますし、ネット通販で入手することもできます。
  
特に、ネットなら種類も豊富であるため、条件にあったものを見つけることは比較的容易です。
  
ちなみに、値段は安いものから高価なものまでさまざまで、相場は1~7万円程度といったところです。
  
知識さえあれば個人でも増設は可能ですが、スムーズに作業を行うにはかなりのスキルを必要とします。
  
ミスをしてしまうと大事故につながりかねないため、やはり、専門業者に依頼するのが無難です。
  
  
また、増設に必要なコストはどの業者を選択するかによっても変わってきます。
  
事前に費用を確認した上で、依頼するかどうかを決めるようにしましょう。
  

慎重に見極めたい!燃料タンクを大きくするメリットとデメリット

まず、最大のメリットとして挙げられるのが燃費です。
  
一般的に、トラックの燃料タンクは容量が大きいほど低燃費になります。
  
容量が大きいので当然、1度の給油にかかる費用は高くなってしまいますが、トータル的なコストは安くなるというわけです。
  
具体的にどの程度安くなるかは一概にはいえませんが、少しでもコストダウンを図りたいというのであれば、試してみる価値はあるのではないでしょうか。
  
また、タンクの容量が大きくなると、給油の回数を減らすことができます。
  
仕事で長距離を走らなければならない人にとっては、この点も大きなメリットです。
  
  
一方、燃料タンクを大きくすると、車体が多少重くなってしまいますし、そのことによって、規制に抵触して積載量が小さくなってしまう可能性もあります。
  
さらに、タンクの大きさが変わると車検に通らなくなるおそれも出てくるのです。
  
これらは明らかにデメリットだといえるでしょう。
  
したがって、実行に移す際には、車検の合格ラインをクリアしているかを慎重に確認する必要があります。
  
同時に、タンクを大きくすることのメリットとデメリットを比較し、トータル的にどちらが得なのかを見極めることが大切です。
  

十分に気を付けよう!燃料タンクに関する法律や規制

燃料タンクを増設したり、容量を増やしたりすること自体は違法ではありません。
  
ただ、無限に増設してもよいというわけではなく、その上限は法律によって規制されています。
  
燃料タンクと中に入っている燃料を合わせて200kgまでというのが、規制されている上限です。
  
また、燃料の容量も消防法によって1000リットルまでと定められています。
  
さらに、タンクを大きくしたにも関わらず、積載量をそのままにしていると、「積載量の水増し」という違法行為になってしまいます。
  
したがって、容量を大きくした分、積載量を減らして登録をしなおす必要があるのです。
  
その場合、容量を増やすメリットと積載量を減らすデメリットを秤にかけることになります。
  

  
▼他の記事をチェックしたい方はこちら!
  
トラックドライバーになるためには知っておきたいトラックのキャブ!どのようなタイプがあるの?
  
トラックの導風板(エアデフレクター)とは?風防の役割や効果について解説!
  
トラックを運転するなら要チェック!トランスミッションの仕組みや種類
  





求職に役立つ情報をLINEでGET!

友だち追加

☆関連記事

会員登録

ジョブコンプラス会員なら情報が常時6000件以上!"待っている"だけで希望の求人情報が届きます!

会員限定メール配信中だコン♪「新着のお仕事」や「オススメのお仕事」をメールでゲット!

今すぐ登録する(無料)

オリジナル適性診断