和歌山県の高収入・高時給の求人(正社員・契約社員・派遣)仕事探し情報

和歌山県の高収入の求人ならジョブコンプラスへ!入社祝い金・満了金などの特典や、高収入なのに寮費無料の求人も満載!キープボタンやWEB履歴書機能があるので応募もカンタン!

選択した条件:
和歌山県
絞り込み条件を変更する
追加・変更
和歌山県内でさらにエリアを選ぶ 全てチェック



都道府県を選択

北海道・東北
関東
北陸・甲信越
東海
関西
中国・四国
九州・沖縄
選択した条件: 条件をクリア
追加・変更
職種を選択

職種を選択

工場・製造業
ドライバー
警備
選択した条件: 条件をクリア
追加・変更
業種を選択

業種を選択

選択した条件: 条件をクリア
追加・変更
こだわりを選択

こだわりを選択

選択した条件: 条件をクリア
さらに詳しい条件で検索する
選択した条件: 和歌山県
39件中 1~39件表示
39件中 1~39件表示

和歌山県のお仕事探しQ&A

Q&A
  • Q1 和歌山県の高収入・高時給のお仕事の平均時給はいくらですか?
  • A1 ジョブコンプラス掲載中求人の、和歌山県の高収入・高時給の平均時給は 1267 円です。

  • Q2 和歌山県の高収入・高時給で最も時給が高いお仕事はいくらですか?
  • A2 掲載中のお仕事で、和歌山県の高収入・高時給で最も時給は高いのは 1500 円です。

  • Q3 和歌山県の高収入・高時給で「寮費無料」のお仕事は何件ありますか?
  • A3 和歌山県の高収入・高時給では 26件 掲載中です。

  • Q4 和歌山県の高収入・高時給で「日勤土日休み」のお仕事は何件ありますか?
  • A4 和歌山県の高収入・高時給では 10件 掲載中です。

  • Q5 和歌山県の高収入・高時給のお仕事の雇用形態はどのようになっていますか?
  • A5 掲載中のお仕事の雇用形態は、正社員が0件 契約社員が15件 派遣社員が24件となっています。
和歌山県は、紀伊半島の西側に位置し、大阪からの訪問客も多い地域です。 また、「紀伊山地の霊場と参詣道」がユネスコ世界遺産に登録され、観光客も多いです。
そんな日本の皮革産業の発祥の地と謳われる和歌山県ですが、その歴史は古く江戸慶長年間に溯ります。近代的皮革が確立されたのは明治2年の頃で、ドイツ人技師を招いて多くの技術を習得しました。明治4年に伝習所が設立されたことで、日本で最も古い近代皮革産業の歴史を持つといわれることになります。
伝習所は、廃藩置県後に民間会社として独立をし、紀州靴の評判を高めていきます。明治6年には、広島や名古屋の軍需品を取り扱うようになり、日清・日露戦争・第一次世界大戦と戦争が続く中、和歌山県内の皮革産業の工場は休みなく働き続けることになります。大正時代後期には、軍需ばかりでなく民間の需要も高まりを見せるようになります。
第二次世界大戦がはじまると企業の統廃合が行われ、皮革産業は和歌山県を含める2社になりました。さらに昭和20年の大空襲でほとんどの工場が焼失し、大打撃を受けることになります。戦後は難局を打開するために技術革新を進め、新しい染色方法などが開発されました。また昭和24年には、技術力を持った専門集団として組合が設立され、相互に研究を行い成長を遂げています。
現在においても技術革新や製品開発の研究が絶えず行われており、特に日本で初めて企業化されたエナメル革の製造は、全国の約70%を占めるほど成長した時期もあります。和歌山・東京・兵庫は、日本の皮革産業の三大産地といわれるまでに発展をしています。国内外で催される展示会では、和歌山の皮革産業の特色を出す製品が展示され、全国にその良さをアピールしています。もちろん皮革産業だけではなく、和歌山市、海南市は阪神工業地帯の南端に位置しておりますので、目立った工業に鉄鋼業、石油産業があります。
和歌山県の工場のお仕事について

和歌山県の高収入の求人ならジョブコンプラスへ!入社祝い金・満了金などの特典や、高収入なのに寮費無料の求人も満載!キープボタンやWEB履歴書機能があるので応募もカンタン!

和歌山県の工場のお役立ち情報
和歌山県は、紀伊半島の西側に位置し、大阪からの訪問客も多い地域です。 また、「紀伊山地の霊場と参詣道」がユネスコ世界遺産に登録され、観光客も多いです。
そんな日本の皮革産業の発祥の地と謳われる和歌山県ですが、その歴史は古く江戸慶長年間に溯ります。近代的皮革が確立されたのは明治2年の頃で、ドイツ人技師を招いて多くの技術を習得しました。明治4年に伝習所が設立されたことで、日本で最も古い近代皮革産業の歴史を持つといわれることになります。
伝習所は、廃藩置県後に民間会社として独立をし、紀州靴の評判を高めていきます。明治6年には、広島や名古屋の軍需品を取り扱うようになり、日清・日露戦争・第一次世界大戦と戦争が続く中、和歌山県内の皮革産業の工場は休みなく働き続けることになります。大正時代後期には、軍需ばかりでなく民間の需要も高まりを見せるようになります。
第二次世界大戦がはじまると企業の統廃合が行われ、皮革産業は和歌山県を含める2社になりました。さらに昭和20年の大空襲でほとんどの工場が焼失し、大打撃を受けることになります。戦後は難局を打開するために技術革新を進め、新しい染色方法などが開発されました。また昭和24年には、技術力を持った専門集団として組合が設立され、相互に研究を行い成長を遂げています。
現在においても技術革新や製品開発の研究が絶えず行われており、特に日本で初めて企業化されたエナメル革の製造は、全国の約70%を占めるほど成長した時期もあります。和歌山・東京・兵庫は、日本の皮革産業の三大産地といわれるまでに発展をしています。国内外で催される展示会では、和歌山の皮革産業の特色を出す製品が展示され、全国にその良さをアピールしています。もちろん皮革産業だけではなく、和歌山市、海南市は阪神工業地帯の南端に位置しておりますので、目立った工業に鉄鋼業、石油産業があります。
和歌山県のメリット