検索結果

神奈川県, 藤沢市のお仕事情報一覧 | 工場系求人のジョブコンプラス

選択した条件:
藤沢市
絞り込み条件を変更する
追加・変更
神奈川県内でさらにエリアを選ぶ 全てチェック







都道府県を選択

関東
選択した条件: 条件をクリア
追加・変更
職種を選択

職種を選択

工場・製造業
ドライバー
警備
選択した条件: 条件をクリア
追加・変更
業種を選択

業種を選択

選択した条件: 条件をクリア
追加・変更
こだわりを選択

こだわりを選択

選択した条件: 条件をクリア
さらに詳しい条件で検索する
選択した条件: 藤沢市
55件中 1~40件表示
55件中 1~40件表示 

藤沢市のお仕事探しQ&A

Q&A
  • Q1 藤沢市のお仕事の平均時給はいくらですか?
  • A1 ジョブコンプラス掲載中求人の、藤沢市の平均時給は 1314 円です。

  • Q2 藤沢市で最も時給が高いお仕事はいくらですか?
  • A2 掲載中のお仕事で、藤沢市で最も時給は高いのは 1550 円です。

  • Q3 藤沢市で「寮費無料」のお仕事は何件ありますか?
  • A3 藤沢市では 25件 掲載中です。

  • Q4 藤沢市で「日勤土日休み」のお仕事は何件ありますか?
  • A4 藤沢市では 17件 掲載中です。

  • Q5 藤沢市のお仕事の雇用形態はどのようになっていますか?
  • A5 掲載中のお仕事の雇用形態は、正社員が6件 契約社員が5件 派遣社員が43件となっています。

藤沢市のお仕事探しQ&A

Q&A
  • Q1 藤沢市のお仕事の平均時給はいくらですか?
  • A1 ジョブコンプラス掲載中求人の、藤沢市の平均時給は 1314 円です。

  • Q2 藤沢市で最も時給が高いお仕事はいくらですか?
  • A2 掲載中のお仕事で、藤沢市で最も時給は高いのは 1550 円です。

  • Q3 藤沢市で「寮費無料」のお仕事は何件ありますか?
  • A3 藤沢市では 25件 掲載中です。

  • Q4 藤沢市で「日勤土日休み」のお仕事は何件ありますか?
  • A4 藤沢市では 17件 掲載中です。

  • Q5 藤沢市のお仕事の雇用形態はどのようになっていますか?
  • A5 掲載中のお仕事の雇用形態は、正社員が6件 契約社員が5件 派遣社員が43件となっています。

藤沢市には寮完備のある工場のさまざまな求人があります

家賃代を抑えられる寮完備の職場が最高

藤沢市内には、全国に数多くの工場を持つ大手企業の運営の工場や自動車会社の部品工場などの求人が多くみられます。
職種も組立や組付けをはじめ、溶接やクレーンなど幅広い職種での募集があるので、どなたでも就職先が見つけら易いと言えるでしょう。
その中には、寮費が初めの3ヶ月無料や家具家電付きのバッグひとつですぐに生活ができる寮、完全寮費無料に加え食費補助もあるなど、生活環境を整えている企業が多く、これだけでなく、寮費も高熱費も全て会社が負担してくれるところもあります。
藤沢市のワンルームの住まいの家賃相場は、5.14万円なので寮費がかからない職場を選べば、しっかりとその分を自分のためへの貯蓄などに役立ちます。

比較的時給も月収も高めな藤沢市

藤沢市の工場では、比較的高い水準の時給や日当が多い傾向にあります。
藤沢市の工場勤務の時給相場は、1000円から1200円で、それよりも高い1500円以上の時給の求人も多くあるので、働きがいのある職場が見つけられると言えます。
職種によって異なりますが、未経験者の場合の月給も19万円から24万円とさまざまあり、資格手当などの各種手当も充実しているところも多いため、ほかのエリアに比べると比較的高めな月収を期待できるでしょう。
そのほかにも、夜勤のない日勤のみもあるので、オンオフを充実させたい方には最適です。
藤沢市には、寮の完備や高めの時給など働き易い環境を整えている職場が多いので、自分に合った職場を選べます。

神奈川県藤沢市で工場求人を探そう!藤沢市における工場・製造業で正社員として働くメリット

スキルアップが期待できて充実した教育が受けられる!

神奈川県藤沢市には、自動車製造や電子機器の製造・検査に関する正社員の求人が豊富です。組み立てなどのライン作業もあれば、できあがった部品や製品の検査をメインで行う仕事もあります。どの仕事もやりがいを感じながらできるだけでなく、経験がなくても働けるので男女を問わず幅広い世代の人に人気の職種です。藤沢市の工場・製造業は、他にもスキルアップにつながるといったメリットもあります。

■専門知識を持って責任が大きい仕事に就ける
工場・製造業の仕事は、働くうちに少しずつ専門知識を身につけることができます。経験を積んで専門知識を活かすことで、責任のある仕事を任せてもらえることもあるでしょう。未経験者でも働ける求人がほとんどなので、経験値ゼロから始めてスキルアップしていく楽しみを感じることもできます。

■メーカーからの直接雇用になるのでより充実した教育が受けられる
藤沢市の求人の多くは、メーカーからの直接雇用になります。大手自動車メーカーの部品製造に携わる仕事も豊富です。そのため、下請けの工場とは異なり充実した教育が受けられるという大きなメリットがあります。藤沢市には、ブルーワーカーとして働きたいと考えている人にとって魅力的な求人がたくさんあるといえるでしょう。
神奈川県藤沢市は昭和30年代初期までは、目立った地場産業もなかったことにより、工業は盛んとは言い難い状況でした。
昭和30年代になり、高度経済成長期に入ると、藤沢市は活発に企業誘致に取り組みました。その結果、自動車、薬品、家電、鉄鋼などの工場が多数進出し、市の工業生産力は拡大しました。この時期には、工場の求人が活発に行われるようになりました。昭和40年代初頭には、市北部に桐原工業団地が造成されました。この団地は、面積は544,800ヘクタールと大規模なもので、全域が工業専用地域に指定されました。
以後、神奈川県藤沢市の工業は順調に発展を続け、平成4年にはピークを迎えました。平成元年から平成9年までの間は、製造品出荷額等は2兆円台と高い水準を維持し続けました。この時期の藤沢市は、製造品出荷額等は全国ランキングで14位前後であり、国内でも特に工業が盛んな地域でした。
しかし、藤沢市の工業の成長は、バブル経済崩壊により、ブレーキがかかります。製造品出荷額等は平成15年には1兆716円にまで下落しました。こうした状況を打開すべく、市は平成16年に「藤沢市企業立地等の促進のための支援措置に関する条例」を施行し、新たな企業の誘致及び、既存企業による工場の新設の促進を図りました。市の努力もあり、平成25年の製造品等出荷額は1兆2,485円となっています。
現在は、藤沢市の産業別就業人口の構成が第2次産業から第3次産業に移行していることもあり、工場の求人は、昭和30年代から40年代ほど盛んではありませんが、依然として行われています。
藤沢市の工場のお仕事について

神奈川県, 藤沢市のお仕事情報一覧 | 工場系求人のジョブコンプラス

藤沢市の工場のお役立ち情報

藤沢市には寮完備のある工場のさまざまな求人があります

家賃代を抑えられる寮完備の職場が最高

藤沢市内には、全国に数多くの工場を持つ大手企業の運営の工場や自動車会社の部品工場などの求人が多くみられます。
職種も組立や組付けをはじめ、溶接やクレーンなど幅広い職種での募集があるので、どなたでも就職先が見つけら易いと言えるでしょう。
その中には、寮費が初めの3ヶ月無料や家具家電付きのバッグひとつですぐに生活ができる寮、完全寮費無料に加え食費補助もあるなど、生活環境を整えている企業が多く、これだけでなく、寮費も高熱費も全て会社が負担してくれるところもあります。
藤沢市のワンルームの住まいの家賃相場は、5.14万円なので寮費がかからない職場を選べば、しっかりとその分を自分のためへの貯蓄などに役立ちます。

比較的時給も月収も高めな藤沢市

藤沢市の工場では、比較的高い水準の時給や日当が多い傾向にあります。
藤沢市の工場勤務の時給相場は、1000円から1200円で、それよりも高い1500円以上の時給の求人も多くあるので、働きがいのある職場が見つけられると言えます。
職種によって異なりますが、未経験者の場合の月給も19万円から24万円とさまざまあり、資格手当などの各種手当も充実しているところも多いため、ほかのエリアに比べると比較的高めな月収を期待できるでしょう。
そのほかにも、夜勤のない日勤のみもあるので、オンオフを充実させたい方には最適です。
藤沢市には、寮の完備や高めの時給など働き易い環境を整えている職場が多いので、自分に合った職場を選べます。

神奈川県藤沢市で工場求人を探そう!藤沢市における工場・製造業で正社員として働くメリット

スキルアップが期待できて充実した教育が受けられる!

神奈川県藤沢市には、自動車製造や電子機器の製造・検査に関する正社員の求人が豊富です。組み立てなどのライン作業もあれば、できあがった部品や製品の検査をメインで行う仕事もあります。どの仕事もやりがいを感じながらできるだけでなく、経験がなくても働けるので男女を問わず幅広い世代の人に人気の職種です。藤沢市の工場・製造業は、他にもスキルアップにつながるといったメリットもあります。

■専門知識を持って責任が大きい仕事に就ける
工場・製造業の仕事は、働くうちに少しずつ専門知識を身につけることができます。経験を積んで専門知識を活かすことで、責任のある仕事を任せてもらえることもあるでしょう。未経験者でも働ける求人がほとんどなので、経験値ゼロから始めてスキルアップしていく楽しみを感じることもできます。

■メーカーからの直接雇用になるのでより充実した教育が受けられる
藤沢市の求人の多くは、メーカーからの直接雇用になります。大手自動車メーカーの部品製造に携わる仕事も豊富です。そのため、下請けの工場とは異なり充実した教育が受けられるという大きなメリットがあります。藤沢市には、ブルーワーカーとして働きたいと考えている人にとって魅力的な求人がたくさんあるといえるでしょう。
神奈川県藤沢市は昭和30年代初期までは、目立った地場産業もなかったことにより、工業は盛んとは言い難い状況でした。
昭和30年代になり、高度経済成長期に入ると、藤沢市は活発に企業誘致に取り組みました。その結果、自動車、薬品、家電、鉄鋼などの工場が多数進出し、市の工業生産力は拡大しました。この時期には、工場の求人が活発に行われるようになりました。昭和40年代初頭には、市北部に桐原工業団地が造成されました。この団地は、面積は544,800ヘクタールと大規模なもので、全域が工業専用地域に指定されました。
以後、神奈川県藤沢市の工業は順調に発展を続け、平成4年にはピークを迎えました。平成元年から平成9年までの間は、製造品出荷額等は2兆円台と高い水準を維持し続けました。この時期の藤沢市は、製造品出荷額等は全国ランキングで14位前後であり、国内でも特に工業が盛んな地域でした。
しかし、藤沢市の工業の成長は、バブル経済崩壊により、ブレーキがかかります。製造品出荷額等は平成15年には1兆716円にまで下落しました。こうした状況を打開すべく、市は平成16年に「藤沢市企業立地等の促進のための支援措置に関する条例」を施行し、新たな企業の誘致及び、既存企業による工場の新設の促進を図りました。市の努力もあり、平成25年の製造品等出荷額は1兆2,485円となっています。
現在は、藤沢市の産業別就業人口の構成が第2次産業から第3次産業に移行していることもあり、工場の求人は、昭和30年代から40年代ほど盛んではありませんが、依然として行われています。
藤沢市のメリット