高収入・高時給のドライバー・運転手求人・転職・募集情報

高収入ドライバーの求人特集! 高収入ドライバーの求人特集!

07月10日更新

都道府県から探す

メリットから探す

ピックアップドライバー・運転手求人特集

トラックドライバーは稼げる仕事?その理由は?

トラックドライバーは運送会社やメーカーなどに勤務し、トラックを運転して商品などの荷物を運送する仕事です。なかには、個人でトラックを所有して個人事業として請け負っている人もいますが、多くのトラックドライバーは専属ドライバーとして就職しています。トラックドライバーの仕事は、運転すればするほど稼げるというイメージを持っている人もいるでしょう。実際に、しっかりと稼いでいるトラックドライバーもいます。

トラックドライバーが稼げる理由は、運送に対する需要があることです。ネットでなんでも購入できる時代になりましたが、その商品の運送は現実に運んでくれる人がいなければ実現できません。また、大量生産された製品が市場に行きわたるためには、小売店まで運ぶ人が必要です。鉄道輸送などもありますが、トラック運送は、指定の場所まできめ細かく配送することができる点が鉄道輸送とは異なります。そういった背景から、常にトラック運送に対する需要があり、経済の流れに組み込まれているのです。トラックドライバーになれば、常に存在する運送需要を背景に仕事がとぎれずにあるため、稼げることにつながるでしょう。

トラックドライバーの平均年収を知っておこう

トラックドライバーが稼げるかどうかは、年収を確認すればわかります。トラックドライバーの平均年収は、一般的に420万円前後といわれています。月収に換算すると約35万円となりますので、平均的なサラリーマンと比較しても遜色なく、むしろ高い傾向にあります。ただし、平均年収だけで「トラックドライバーは稼げる」と結論づけることは難しいでしょう。

トラックドライバーが稼げるといわれている理由は、ドライバーとしてのスキルをアップすることによって、稼げる余地が広がるからです。小型トラックだけでなく、中型トラック、大型トラック、さらにはトレーラーまで運転できるようになれば、それだけ高収入の仕事をする機会が増えます。また、労働時間を長くすることによっても収入をアップすることが可能です。もちろん、労働基準法などの法令や会社規則などの制限はありますが、事務職と比較するとどれだけ仕事をするか裁量の余地があります。また、どの運送会社を選ぶかによっても収入は変わってきます。働き方によっては年収600万円以上になることもあるでしょう。さらに、単価の高い荷物を運送している場合は、年収1000万円を得ているというケースも実際にあります。働き方によっては、トラックドライバーは稼げる仕事だといえるでしょう。

高収入の職種

高収入の職種の1つは大型トラックドライバー

トラックドライバーとして高収入を目指すのであれば、大型トラックドライバーになることが近道です。大型トラックとは、車両総重量11トン以上、積載量6.5トン以上で、乗車定員30人以上のトラックのことをいいます。大型トラックを運転するためには、中型トラックの運転免許だけではなく、第一種大型自動車免許を取得する必要があります。積載量が増えるため、大量の荷物を一度で運ぶことが可能です。そのため、大型トラックの需要は高いといえるでしょう。

ただし、大量の荷物を積んでの運送は長距離になることも多いです。また、運送場所や時間帯によっては、昼夜逆転の生活になるケースもあります。さらに、長距離を運転することが多いため、労働時間は長くなることが特徴です。その分、収入が増加すると理解するとよいでしょう。きつい仕事だと感じる人も多く、大型トラックドライバーのなり手は減少しているともいわれていますが、大型トラックを運転できるようになれば、仕事が途切れるリスクは少ないという点はメリットです。高収入のトラックドライバーを目指す場合は、大型トラックを運転できるように、免許の取得などについて早めに準備して進めておきましょう。

大型トラックドライバーの求人を見る

タクシードライバーも高収入の職種

自動車を運転することが仕事であるドライバーといっても、その職種はトラックドライバーだけでなく多種多様です。ドライバーとして高収入を目指したい人は、ほかにも高収入が狙えるドライバーの仕事があるかどうかを知っておくことも大切です。高収入が得られる可能性があるドライバーの職種としては、タクシードライバーが挙げられます。

タクシーは、人を運ぶ仕事です。タクシー代を受け取ることになりますが、そのすべてがドライバーの収入になるわけではありません。専属のタクシードライバーとして働く場合は、一旦タクシー会社にその収入が入り、ドライバーに配分されることになります。タクシードライバーの場合、全国平均年収は約300万円です。この数字だけみると高収入とはいえないでしょう。ただし、東京都内だけに限ると平均年収は約400万円になります。さらに、運転時間を長くとることによって、さらに売上をアップさせることも可能です。平均よりも多く稼いでいる人は、それだけ多く働いていることになります。多く働けばそれだけ収入も増えるという点では、高収入が狙える職種だといえるでしょう。

タクシードライバーの求人を見る

長距離ドライバーも高収入が得られる職種

トラックドライバーは、どのぐらいの距離を走るのかによって、短距離ドライバーや中距離ドライバー、長距離ドライバーに分類することができます。なかでも、長距離ドライバーになれば、働き方によっては高収入を得ることが可能です。長距離トラックドライバーの平均年収は400~750万円程度だといわれており、月収に換算すると30~60万円とかなり幅があることが特徴です。これは、同じ長距離トラックドライバーでも、働き方によって差が出ることを意味しています。長距離を運転するためには、それ相応のスキルも大切ですが、長距離運転に慣れることがポイントです。

中距離ドライバーの平均年収は300~500万円といわれていますので、長距離トラックドライバーの方が稼げるといえるでしょう。ただし、長距離を走ることになるため、当然運転時間は長くなります。決まった時間に睡眠がとれない、長時間の運転で身体が疲れるなどがデメリットですが、大変な仕事である分、収入も高くなるでしょう。トラックドライバーとして高収入を得たいと考えている場合は、長距離トラックドライバーとして働くことも選択肢の1つです。

長距離ドライバーの求人を見る

トラックドライバーの仕事環境

トラックドライバーになれば、運送業界で働くことになります。トラックドライバーを目指している人にとって、運送業界が働きやすい環境が整っているかどうかについて気になるでしょう。トラックドライバーになると、出勤スケジュールが不規則になりがちで、希望する時間に睡眠や入浴ができなくなるなど、ある程度、生活環境が変化するのは避けられません。ただし、ドライバーの労働環境は以前と比較するとよくなってきているともいわれています。法令でドライバーの健康状態を維持しながら運行スケジュールを決めることが定められており、適切な休憩時間を取ることも義務付けられています。仕事に慣れるまでは大変ですが、健康を維持しながら働くことはできるでしょう。

またドライバーは常に事故の危険と隣り合わせの仕事で、楽な仕事とはいえない面はあります。業界全体では、トラックドライバーは不足しているともいわれていますが、就職に苦労するケースは少ないでしょう。ただし、会社によって労働環境は多少異なるのが実情です。ドライバーとしての仕事を探す場合は、労働環境もよく確認したうえで、就職先を選ぶようにしましょう。また、高収入を得るためには、大型トラックを運転できる免許を取得するなどの努力も必要になります。トラックドライバーとしてのキャリアアップも考えながら仕事をしていくことが重要です。

まずは会員登録!

  • 最新のお仕事情報をメールでお届け!
  • 入力なしでカンタンに応募ができる!
  • 履歴書作成ができる!証明写真も簡単!

会員登録(無料)

LINEアカウントお仕事さがし!!

制作スタッフのリアルな日常も同時配信中!推しメンを見つけて楽しもう!

LINE公式アカウント

求職お役立ちコンテンツ

ジョブコンプラスがお届けする完全求人ガイド ドライバーマガジン

ドライバーのお仕事をしたいと思ったあなたが必要としている情報を、ドライバーマガジンがもれなく届けます!

詳しくはこちら

ジョブコンプラス専門サイト

じょぶコン吉

PAGE TOP