日勤のみの警備の求人(正社員・契約社員・アルバイト)情報

日勤のみの警備の求人サイトならジョブコンプラスSへ!東京オリンピックに向けて需要高まる警備員のお仕事!寮完備などの好条件求人に就くチャンス!ジョブコンプラスSならカンタン操作であなたの条件にあった求人がすぐ見つかる!

選択した条件:
日勤のみ
絞り込み条件を変更する
追加・変更

都道府県を選択

北海道・東北
関東
北陸・甲信越
東海
関西
中国・四国
九州・沖縄
選択した条件: 条件をクリア
追加・変更
職種を選択

職種を選択

警備
選択した条件: 条件をクリア
追加・変更
業種を選択

業種を選択

選択した条件: 条件をクリア
追加・変更
こだわりを選択

こだわりを選択

選択した条件: 条件をクリア
さらに詳しい条件で検索する
選択した条件: 日勤のみ
42件中 1~40件表示
42件中 1~40件表示 

日勤のみのお仕事探しQ&A

Q&A
  • Q1 日勤のみの警備のお仕事の平均時給はいくらですか?
  • A1 ジョブコンプラスS掲載中求人の、日勤のみの警備の平均時給は 1025 円です。

  • Q2 日勤のみの警備で最も時給が高いお仕事はいくらですか?
  • A2 掲載中のお仕事で、日勤のみの警備で最も時給は高いのは 1050 円です。

  • Q3 日勤のみの警備で「寮あり」のお仕事は何件ありますか?
  • A3 日勤のみの警備では 36件 掲載中です。

  • Q4 日勤のみの警備で「土日休み」のお仕事は何件ありますか?
  • A4 日勤のみの警備では 9件 掲載中です。

  • Q5 日勤のみの警備のお仕事の雇用形態はどのようになっていますか?
  • A5 掲載中のお仕事の雇用形態は、正社員が12件 契約社員が14件 派遣社員が0件となっています。

日勤のみのお仕事探しQ&A

Q&A
  • Q1 日勤のみの警備のお仕事の平均時給はいくらですか?
  • A1 ジョブコンプラスS掲載中求人の、日勤のみの警備の平均時給は 1025 円です。

  • Q2 日勤のみの警備で最も時給が高いお仕事はいくらですか?
  • A2 掲載中のお仕事で、日勤のみの警備で最も時給は高いのは 1050 円です。

  • Q3 日勤のみの警備で「寮あり」のお仕事は何件ありますか?
  • A3 日勤のみの警備では 36件 掲載中です。

  • Q4 日勤のみの警備で「土日休み」のお仕事は何件ありますか?
  • A4 日勤のみの警備では 9件 掲載中です。

  • Q5 日勤のみの警備のお仕事の雇用形態はどのようになっていますか?
  • A5 掲載中のお仕事の雇用形態は、正社員が12件 契約社員が14件 派遣社員が0件となっています。

日勤のみでもOK?警備員の求人募集を探してみよう!

昼間に働く「日勤」に徹するメリットとは?

警備の仕事は、勤務する現場や内容によって日勤と夜勤に分かれます。日勤は基本的に朝から昼間に勤務して夕方には勤務を終える形態です。一方、夜勤は夕方もしくは夜になってから深夜・早朝に及びます。そして夜勤の場合は手当がつくため、日勤よりも短時間で収入を得ることができるのです。
そのように考えると夜勤の方がメリットはあるように思えますが、日勤にも十分なメリットがあります。それは昼に働き、夜は休むという健康的な生活を維持できるという点です。近年は深夜帯に営業している店もあるとはいえ、その業種や数は限りがあります。日勤の仕事なら、勤務を終えた後に趣味や外食といった楽しみを満喫することも可能です。また、子育て中の人も日勤なら子どもとの生活リズムを合わせることもできます。自分の生活スタイルによって日勤のみの求人を探してみるのも良いでしょう。

日勤のみの場合、収入の相場はどれくらい?

正社員の警備員の場合、年収相場の全国平均は308万円前後といわれています。この金額は夜勤手当を含むさまざまな手当が支給されている場合もあるので、日勤のみの場合は変動があるかもしれません。また、地域によっても年収相場は変わってきます。
時給や日給の場合、たいていの求人募集で提示されているのは日勤の最低限の金額であることが多いです。だいたい「〇〇円~」といった表記がされており、詳細は面接時に質問してみると良いでしょう。
また、日勤のみの場合でも経験や資格の有無によって給料は変わってきます。夜勤がないから収入が少なくなると決めつけずに、手当がつく資格を積極的に取得するようにしましょう。そうすれば日勤のみでも収入を上げることは可能なのです。
日勤のみの警備のお仕事について

日勤のみの警備の求人サイトならジョブコンプラスSへ!東京オリンピックに向けて需要高まる警備員のお仕事!寮完備などの好条件求人に就くチャンス!ジョブコンプラスSならカンタン操作であなたの条件にあった求人がすぐ見つかる!

日勤のみの警備のお役立ち情報

日勤のみでもOK?警備員の求人募集を探してみよう!

昼間に働く「日勤」に徹するメリットとは?

警備の仕事は、勤務する現場や内容によって日勤と夜勤に分かれます。日勤は基本的に朝から昼間に勤務して夕方には勤務を終える形態です。一方、夜勤は夕方もしくは夜になってから深夜・早朝に及びます。そして夜勤の場合は手当がつくため、日勤よりも短時間で収入を得ることができるのです。
そのように考えると夜勤の方がメリットはあるように思えますが、日勤にも十分なメリットがあります。それは昼に働き、夜は休むという健康的な生活を維持できるという点です。近年は深夜帯に営業している店もあるとはいえ、その業種や数は限りがあります。日勤の仕事なら、勤務を終えた後に趣味や外食といった楽しみを満喫することも可能です。また、子育て中の人も日勤なら子どもとの生活リズムを合わせることもできます。自分の生活スタイルによって日勤のみの求人を探してみるのも良いでしょう。

日勤のみの場合、収入の相場はどれくらい?

正社員の警備員の場合、年収相場の全国平均は308万円前後といわれています。この金額は夜勤手当を含むさまざまな手当が支給されている場合もあるので、日勤のみの場合は変動があるかもしれません。また、地域によっても年収相場は変わってきます。
時給や日給の場合、たいていの求人募集で提示されているのは日勤の最低限の金額であることが多いです。だいたい「〇〇円~」といった表記がされており、詳細は面接時に質問してみると良いでしょう。
また、日勤のみの場合でも経験や資格の有無によって給料は変わってきます。夜勤がないから収入が少なくなると決めつけずに、手当がつく資格を積極的に取得するようにしましょう。そうすれば日勤のみでも収入を上げることは可能なのです。
日勤のみのメリット