深夜の警備の求人(正社員・契約社員・アルバイト)情報

深夜の警備の求人サイトならジョブコンプラスSへ!東京オリンピックに向けて需要高まる警備員のお仕事!寮完備などの好条件求人に就くチャンス!ジョブコンプラスSならカンタン操作であなたの条件にあった求人がすぐ見つかる!

選択した条件:
深夜
絞り込み条件を変更する
追加・変更

都道府県を選択

北海道・東北
関東
北陸・甲信越
東海
関西
中国・四国
九州・沖縄
選択した条件: 条件をクリア
追加・変更
職種を選択

職種を選択

警備
選択した条件: 条件をクリア
追加・変更
業種を選択

業種を選択

選択した条件: 条件をクリア
追加・変更
こだわりを選択

こだわりを選択

選択した条件: 条件をクリア
さらに詳しい条件で検索する
選択した条件: 深夜
8件中 1~8件表示
8件中 1~8件表示

深夜のお仕事探しQ&A

Q&A
  • Q1 深夜の警備で「寮あり」のお仕事は何件ありますか?
  • A1 深夜の警備では 8件 掲載中です。

  • Q2 深夜の警備で「土日休み」のお仕事は何件ありますか?
  • A2 深夜の警備では 1件 掲載中です。

  • Q3 深夜の警備のお仕事の雇用形態はどのようになっていますか?
  • A3 掲載中のお仕事の雇用形態は、正社員が7件 契約社員が0件 派遣社員が0件となっています。

深夜のお仕事探しQ&A

Q&A
  • Q1 深夜の警備で「寮あり」のお仕事は何件ありますか?
  • A1 深夜の警備では 8件 掲載中です。

  • Q2 深夜の警備で「土日休み」のお仕事は何件ありますか?
  • A2 深夜の警備では 1件 掲載中です。

  • Q3 深夜の警備のお仕事の雇用形態はどのようになっていますか?
  • A3 掲載中のお仕事の雇用形態は、正社員が7件 契約社員が0件 派遣社員が0件となっています。

夜勤はお得?警備員の求人募集は深夜帯の手当を要チェック!

夜勤手当もつく!短時間でガッツリ稼げる深夜の警備

警備員の仕事には日中の警備もあれば、世の中の人が寝静まった深夜から早朝にかけて勤務する夜勤もあります。夜勤の場合、法律で夜勤手当をつけるよう定められているので、日勤と比べて高い時給で勤務することができるのです。そのため、同じ時間数の勤務だとしても、日勤より収入が高くなる可能性があります。これこそ夜勤の最大のメリットといえるでしょう。
そして、建物の警備の場合、多くの人が出入りする日中と比べて、夜間は出入りがあまりないということも考えられます。不審者の侵入などを防ぐといった非常に責任の重い警備の仕事ですが、不特定多数の人と接する機会は意外にも少ないかもしれません。
また、深夜帯の仕事は人手不足となることもあり、よく求人募集がかけられていることもあります。空いた時間に効率的に稼ぎたい人で体力に自信のある人にはぴったりの仕事といえるでしょう。

警備員の年収相場、夜勤を詰めればもっと稼げる?

夜勤には手当がつくため、日勤よりも効率的に稼ぐことが可能です。警備員の年収相場の全国平均は約308万円とされていますが、積極的に夜勤を入れた場合は平均以上の収入を得ることも可能でしょう。夜勤以外にも警備に関する資格を得ていると、さらに収入を上げることもできます。
また、アルバイトなどの雇用形態で勤務する場合は時給や日給によって給与が決まります。この場合も求人広告には日勤と夜勤の時給や日給が掲載されていることがほとんどです。夜勤の場合、時給は基本時給の1.25倍にするよう法律で定められています。日勤の時給が1000円なら夜勤は1250円に設定されているはずです。これを目安に夜勤で手当てがきちんとついているかどうかをよく確認するようにしましょう。
収入を上げることのできる夜勤のメリットを生かして、警備員の経験を積んでみるのも良いかもしれません。
深夜の警備のお仕事について

深夜の警備の求人サイトならジョブコンプラスSへ!東京オリンピックに向けて需要高まる警備員のお仕事!寮完備などの好条件求人に就くチャンス!ジョブコンプラスSならカンタン操作であなたの条件にあった求人がすぐ見つかる!

深夜の警備のお役立ち情報

夜勤はお得?警備員の求人募集は深夜帯の手当を要チェック!

夜勤手当もつく!短時間でガッツリ稼げる深夜の警備

警備員の仕事には日中の警備もあれば、世の中の人が寝静まった深夜から早朝にかけて勤務する夜勤もあります。夜勤の場合、法律で夜勤手当をつけるよう定められているので、日勤と比べて高い時給で勤務することができるのです。そのため、同じ時間数の勤務だとしても、日勤より収入が高くなる可能性があります。これこそ夜勤の最大のメリットといえるでしょう。
そして、建物の警備の場合、多くの人が出入りする日中と比べて、夜間は出入りがあまりないということも考えられます。不審者の侵入などを防ぐといった非常に責任の重い警備の仕事ですが、不特定多数の人と接する機会は意外にも少ないかもしれません。
また、深夜帯の仕事は人手不足となることもあり、よく求人募集がかけられていることもあります。空いた時間に効率的に稼ぎたい人で体力に自信のある人にはぴったりの仕事といえるでしょう。

警備員の年収相場、夜勤を詰めればもっと稼げる?

夜勤には手当がつくため、日勤よりも効率的に稼ぐことが可能です。警備員の年収相場の全国平均は約308万円とされていますが、積極的に夜勤を入れた場合は平均以上の収入を得ることも可能でしょう。夜勤以外にも警備に関する資格を得ていると、さらに収入を上げることもできます。
また、アルバイトなどの雇用形態で勤務する場合は時給や日給によって給与が決まります。この場合も求人広告には日勤と夜勤の時給や日給が掲載されていることがほとんどです。夜勤の場合、時給は基本時給の1.25倍にするよう法律で定められています。日勤の時給が1000円なら夜勤は1250円に設定されているはずです。これを目安に夜勤で手当てがきちんとついているかどうかをよく確認するようにしましょう。
収入を上げることのできる夜勤のメリットを生かして、警備員の経験を積んでみるのも良いかもしれません。
深夜のメリット