駐車監視員になりたい!気になる年収や必要な資格・試験の難易度について

警備資格ガイド

駐車監視員になりたい!気になる年収や必要な資格・試験の難易度について

  • 投稿日:2020/02/14
  • 更新日:2021/11/03

目次

    こんにちは。警備員求人サイト「ジョブコンプラスS」の編集部です。

    「駐車監視員」という名前を聞いたことのある人は多いかもしれませんが、具体的にどのような人たちのことか知っているでしょうか。

    違反駐車を取り締まる駐車監視員はみなし公務員とされており、業務中は公務員としての扱いを受けます。

    また、駐車監視員は誰でもなれるわけではなく、業務をするにあたっては資格の取得が必要です。

    ここでは、知っているようで知らない駐車監視員について紹介します。
      
      

    駐車監視員って何?違法駐車を取り締まる公共性の高い仕事

    駐車監視員とは、車や自転車の駐車・駐輪が禁止されている場所で違法な駐車がないかをチェックする人たちのことです。
      
    緑色の制服を着て、黄色のベストを付けた人を見たことのある人も多いのではないでしょうか。
      
    この駐車監視員は、みなし公務員という位置付けになります。
      
    2006年に道路交通法が改正されたことにより登場しました。
      
    あくまで「みなし」なので正式な公務員ではありませんが、駐車監視員の仕事をしているあいだは公務員と同等とみなされます。
      
    駐車監視員は、警察から業務を委託された民間企業に所属し、業務を行うのです。
      
      
    駐車監視員として仕事をしていると、時には違反者に怒りをぶつけられる可能性もあります。
      
    しかし、業務中は公務員として仕事をするので、もし反抗行為があった場合でも保護される権利があるのが特徴です。
      
    たとえば、暴言や暴行を受けた場合、公務執行妨害が成立して相手は逮捕されることになります。
      
    それから、みなし公務員である駐車監視員は守秘義務も負うことになるので、業務中に得た個人情報を言いふらすような行為は禁止です。
      

    駐車監視員の業務は警察から委託されている

    駐車監視員のメインとなる業務は、違反車両の取り締まりです。
      
    2人以上でペアを組み、警察から公表されているガイドラインをベースに業務を遂行します。
      
    駐車違反の車や自転車を見つけた場合、その時点で違反と見なすことができ「確認標章」と呼ばれるステッカーを取り付けます。
      
    駐車違反の車両を発見した場合、様子をうかがう必要はなく、すぐに取り締まりを行えるのが駐車監視員なのです。
      
    もちろん、違反車両のナンバープレートを控えたり写真撮影を行ったり、きちんとした手順を踏んだうえで取り締まりを行います。
      
      
    駐車違反の取り締まりというと、警察が行うイメージのある人も多いかもしれません。
      
    たしかに、以前は警察官の仕事でしたが、2006年の道路交通法改正以降、警察から委託された企業が駐車監視員を派遣するのが主流となっています。
      
    ただ、場所によってはこれまでと同様に警察官が駐車違反の取り締まりを行っているところもあります。
      
    とはいえ、駐車監視員は警察にとってありがたい、なくてはならない存在だと言えるでしょう。
      
      
    駐車監視員の仕事には、曜日はあまり関係ありません。
      
    そのため、土日や祝日にも仕事をする可能性が高いでしょう。
      
    シフト制を導入しているところが多く、どのような勤務体制になるかは勤務先によっても違います。
      
    勤務はだいたい朝の8時くらいからスタートし、夜の9時くらいまでの場合が多いでしょう。
      
    通勤や通学の時間帯は、駐車監視員としての仕事が忙しくなります。
      
    ただし、場所によっては深夜に仕事をする場合もあるので、勤務先を選ぶときには注意しましょう。
      

    駐車監視員の年収はどのくらい?同じ仕事でも勤務先によってバラバラ

    「みなし公務員」とはいっても、駐車監視員がみんな同じような給与を支給されるわけではありません。
      
    駐車監視員が所属するのは、民間の警備会社などです。
      
    そのため、年収は勤務先によってさまざまだと言えるでしょう。
      
    同じエリアで駐車監視員の仕事をしていたとしても、勤務する企業によって異なります。
      
    一般的には、月給15万円~22万円ほどのところが多いようです。
      
    また、駐車監視員は契約社員やアルバイトがほとんどで、正社員としての採用はとても少なくなっています。
      
    これは、警察から企業が業務委託を受けるとき、契約年数が1年などの年単位であるケースが多いことが理由です。
      
    契約が更新されないと駐車監視員の仕事は必要なくなるため、必然的に正社員の募集がされにくいのが実情となります。
      

    駐車監視員になるには資格が必要!取得方法を確認しておこう

    駐車監視員という仕事に興味が出てきた人もいるかもしれませんが、実はこの仕事をするためには資格が必要です。
      
    資格を取得する方法は2種類あり、ほとんどの人は「駐車監視員資格者講習コース」を受講することになるでしょう。
      
    受講料は1万9000円となっています。
      
    もう1つは「認定考査コース」というものがありますが、こちらは主に警察関係者が受講するコースです。
      
    認定考査コース受講には、道路交通関係法令規程違反の取り締まり事務経験が3年以上必要など、一般の人には該当しづらい条件が設けられています。
      
      
    ただ、多くの人が受講することになる駐車監視員資格者講習コースでも、年齢が18歳未満の人やアルコール・覚せい剤などの中毒者は受講できません。
      
    また「暴力や犯罪に該当する行為をする可能性がある」と判断された場合にも受講は不可なので注意が必要です。
      
    とはいえ、健全な18歳以上の人であればまず受講資格はあると考えていいでしょう。
      
    駐車監視員になるためには、そのほかの学歴や実務経験などは問われないので、比較的なりやすい仕事だと言えます。
      
    ただし、資格を取ったからといって駐車監視員として働けるとは限らないので注意が必要です。
      
    警察から業務を委託されている企業に雇われることで、はじめて駐車監視員の仕事ができるようになります。
      

    駐車監視員の試験はマークシート形式

    駐車監視員になるために「駐車監視員資格者講習コース」を受講する場合、まず各都道府県で行われている駐車監視員資格者講習に参加します。
      
    日程は都道府県によって異なるので、最寄りの会場をチェックしてみましょう。
      
    講習の日数は2日間14時間なので、予定さえあえば仕事をしながらでも受講は十分に可能です。
      
    講習では、車両や道路についての基本的な知識から、実際に起きている違反駐車の問題、警察が行っている対策や取り組みなどについて学びます。
      
    講習中、試験に出るようなところはしっかりと教えてくれるので、聞き逃さないようにしましょう。
      
      
    講習を受けたら、いよいよ修了考査を受験します。
      
    試験の形式はマークシートで、50問のうち45問以上正答できれば合格です。
      
    マークシートなので、学んだことをすべて正しく覚える必要はありません。
      
    ただし、自分が苦手だと感じている項目については重点的に復習を行うようにして、少しでもミスのないようにして試験に臨みましょう。
      
    試験は引っかけ問題なども出題されるため、気を抜くのは禁物です。
      
    試験は明確に「9割以上が合格」とされているので、1点でも足りないと不合格になってしまいます。
      
    試験はこの学科試験のみで、実務試験などはありません。
      

    ポイントを押さえてきちんと勉強すれば試験の難易度は高くない

    駐車監視員になるための試験の合格率は、70%以上といわれています。
      
    「自動車運転免許の学科試験と同じようなもの」ともいわれ、それほど難易度の高い試験ではありません。
      
    試験では9割以上を得点しないといけないのでハードルが高く感じるかもしれませんが、しっかりと対策をすれば心配はいらないでしょう。
      
    ただし、この合格率はあくまで全体の平均値です。
      
    試験会場によっては5割を切ることもあるので、決して甘く考えず、テキストをしっかり読み込むことが大切だと言えます。
      
    難易度は高くありませんが、かといって気を抜かないようにきちんと勉強することが試験に合格するためのポイントです。
      

    学歴や実務経験は不要!資格をとってやりがいのある駐車監視員になろう

    駐車監視員としての仕事は公共性が高く、違反車両を取り締まるという業務はとてもやりがいのある仕事だと言えるでしょう。
      
    時には対応に難しい場面に出くわすこともあるかもしれませんが、仕事中は2人以上1組で行動するので安心です。
      
    また、駐車監視員になるためには資格試験を受ける必要がありますが、それほど難易度が高いものではありません。
      
    気になっている人は、ぜひ資格取得にチャレンジしてみましょう。
      

      
    ▼他の記事をチェックしたい方はこちら!
      
    関連記事:「東京都内で施設警備員として働くなら合格しておきたい!自衛消防技術試験とは?」
      
    関連記事:「施設警備員の防災センター要員講習とは?内容やメリットのまとめ」
      
    関連記事:「防犯設備士の資格を取得しよう!試験の難易度と合格率は?」
      
      
    ▼お仕事を探したい方はこちら!
      
    資格・免許取得支援ありの警備員求人をチェック
      
    資格が活かせるの警備員求人をチェック

    合わせて読みたい関連記事

    「警備資格ガイド」カテゴリの人気記事ランキング

    警備マガジンカテゴリ

    ジョブコンプラスSで求人検索!

    運営者

    警備マガジン編集部
    警備マガジンは、交通誘導警備や施設警備、イベント警備など警備員のお仕事に携わる方向けの情報メディアです。 各警備検定の試験情報、警備員の収入など、お仕事を始めるために必要な情報から、1号から4号などの警備業務の細かな違いや必要なスキルなどの情報も発信しています。是非ご覧ください!

    ジョブコンプラスS

    警備のお仕事いっぱい!

    • 50代60代
      活躍中
    • 未経験
      OK
    • 日払い
      OK

    ジョブコンプラスS

    まずは会員登録!

    • 最新のお仕事情報をメールでお届け!
    • あなたを採用したい企業からスカウトが届く!
    • 履歴書作成ができる!証明写真も簡単!

    会員登録(無料)

    じょぶコン吉

    キャンペーン

    ジョブコンプラス専門サイト

    PAGE TOP