ジョブコンプラスお仕事ガイド 働くなら知りたい!工場のお仕事をご案内

警備基礎知識
警備業務の種類を知ろう

ビルや病院などの施設警備から、交通警備、ボディーガードなど多種類の業務を含んでいるのが警備業務です。日本の警備業界では、警備業法という法律に基づき、1号業務から4号業務までの分類・規定がなされています。分類ごとに仕事内容や業務形態が異なるため、事前に違いを把握し、自分の適性に合致した警備業務を選んでみましょう。

☆1号業務施設警備

警備会社や警備員が、依頼者の施設の危機管理をし、事故や事件を未然に防ぐための業務です。大きく分けて、常駐警備、巡回警備、機械警備という3種類が存在します。
  
常駐警備とはビルやショッピングセンター、工場、娯楽施設などに警備員が常駐し、来訪者の対応、車や人の出入管理などを行うものです。巡回警備は常駐しないものの、自動車や徒歩で定期的に施設内、敷地内の安全確認を実施します。いずれにおいても、トラブル防止や緊急時の関係機関への通報が特に重要な業務です。また機械警備では、警備員の代わりに防犯カメラや赤外線センサーなどのセキュリティー機器を設置し、24時間体制で施設状況を監視し、トラブルの際は基地局から警備員が駆けつけます。

☆2号業務雑踏警備

イベントや工事現場など、不特定多数の人々や自動車が1カ所に集中する場所に警備員を配置し、交通誘導により事故防止に努める業務です。警笛や発声、旗などを用いることが多く、大きく分けて歩行者警備、車両警備という2種類があります。
  
歩行者警備では通行人の流れを適切に作り、車両警備では片側交互通行や車線変更、出入口の誘導などが中心的な業務です。いずれの場合でも、事故や負傷者が出た場合は迅速に対応し、関係機関と連携しながら二次災害の防止措置も実施します。大勢の人間が集まる場所は予期せぬトラブルが生じる可能性があるため、誘導内容を周囲の人々に正確に伝えることや、万一の場合の臨機応変な対応が求められる業務といえます。

☆3号業務輸送警備

現金や美術品、貴金属、危険物質などを輸送運搬する際に、盗難や事故を防ぐため警戒にあたる業務です。大きく分けると、対象物の出入り時にのみ警備にあたる場合と、運搬中も同行し警備にあたる場合の2種類があります。
  
運搬中に同行する場合は輸送ルート選択がポイントであり、メインルートにおいて天候や道路工事などの障害が生じた場合に、予備ルートへ変更する機転が大切です。車両は依頼者または警備会社が準備したものを用い、警備員は同乗する場合と並走する場合があります。また対象物が小型であれば、警備員自身が身につけて輸送することもあるため、リスク察知や即座の対応など、鋭い状況判断能力と瞬発力が活躍する業務です。

☆4号業務身辺警備

いわゆるボディーガードで、個人の身体や生命に関わる外的なリスクを取り除くための警備業務です。
  
対象者の所在地や移動経路において警護を行いますが、自動車や飛行機、ホテルの室内など常に対象者の直近にいる場合と、滞在先の建物の出入口や周辺部、利用者が乗車する自動車に後続する自動車など、対象者から距離をとった場所で警備する場合との2種類があります。対象者に危害を加えうる人物や団体の把握、滞在先の社会情勢、不審人物の発見など、多岐に渡る情報を頭に入れ、対象者に想定されるリスクを常に先読みする能力が重要です。
  
このように、警備業務と一口に言っても様々な業務内容があり、求められるスキルや対応が少しずつ異なります。自身の特性を踏まえた上で、不特定多数の人間を相手にするのか、個人を対象にするのか、物品を警備するのかなど、適した警備業務を選択することで、より質の高い警備を提供することができるでしょう。
  
身の回りにいる警備員を観察し、どのような対応を行っているかを把握することで、一層業務のイメージができるかもしれません。





求職に役立つ情報をLINEでGET!

友だち追加

会員登録

ジョブコンプラス会員なら情報が常時6000件以上!"待っている"だけで希望の求人情報が届きます!

会員限定メール配信中だコン♪「新着のお仕事」や「オススメのお仕事」をメールでゲット!

今すぐ登録する(無料)

オリジナル適性診断