07月22日更新

求人件数 8246

静岡県浜松市中区のドライバー・運転手の求人・転職・募集情報

静岡県浜松市中区のドライバー専門の求人・転職サイトならジョブコンプラスDへ!地域&ドライバー職種&給与な ど、こだわりからお仕事を自在に検索!キープボタンやWEB履歴書機能があるので応募もカンタン!

選択した条件:
浜松市中区
絞り込み条件を変更する
追加・変更

都道府県を選択

東海
選択した条件: 条件をクリア
追加・変更
職種を選択

職種を選択

ドライバー
選択した条件: 条件をクリア
追加・変更
業種を選択

業種を選択

選択した条件: 条件をクリア
追加・変更
こだわりを選択

こだわりを選択

選択した条件: 条件をクリア
さらに詳しい条件で検索する
選択した条件: 浜松市中区
8件中 1~8件表示
8件中 1~8件表示

浜松市中区のお仕事探しQ&A

Q&A
  • Q1 静岡県浜松市中区のドライバー・運転手で「寮あり」のお仕事は何件ありますか?
  • A1 静岡県浜松市中区のドライバー・運転手では 4件 掲載中です。

  • Q2 静岡県浜松市中区のドライバー・運転手で「土日休み」のお仕事は何件ありますか?
  • A2 静岡県浜松市中区のドライバー・運転手では 2件 掲載中です。

  • Q3 静岡県浜松市中区のドライバー・運転手のお仕事の雇用形態はどのようになっていますか?
  • A3 掲載中のお仕事の雇用形態は、正社員が8件 契約社員が0件 派遣社員が0件となっています。

浜松市中区のお仕事探しQ&A

Q&A
  • Q1 静岡県浜松市中区のドライバー・運転手で「寮あり」のお仕事は何件ありますか?
  • A1 静岡県浜松市中区のドライバー・運転手では 4件 掲載中です。

  • Q2 静岡県浜松市中区のドライバー・運転手で「土日休み」のお仕事は何件ありますか?
  • A2 静岡県浜松市中区のドライバー・運転手では 2件 掲載中です。

  • Q3 静岡県浜松市中区のドライバー・運転手のお仕事の雇用形態はどのようになっていますか?
  • A3 掲載中のお仕事の雇用形態は、正社員が8件 契約社員が0件 派遣社員が0件となっています。

静岡県のトラックによる輸送品目ランキング

第1位は製紙などの軽工業品

静岡県におけるトラックでの輸送品目ランキング第1位は「軽工業品」です。軽工業品には缶詰や冷凍食品といった加工食品や清涼飲料水、たばこなどの嗜好品が含まれます。日常生活になくてはならないものなので、輸送量も多いようです。また、紙やパルプといった製品も軽工業品に含まれています。静岡県富士市は全国でも屈指の製紙業が盛んな地域であり、このことも輸送量の多さに影響しているのでしょう。ランキング第2位は「化学工業品」です。化学工業品にはガソリンや重油といった燃料にかかわる製品が多く、他の都道府県では1位になっていることが多いのですが、静岡県では第2位となりました。それだけ軽工業品の輸送量の比率が高いといえるでしょう。
第3位に入ったのは「金属機械工業品」です。静岡県はホンダやスズキといった日本だけでなく世界的にも有名な企業のある場所です。金属機械工業品には自動車やオートバイといった製品が含まれているため、上位にランクインしているのではないでしょうか。第4位は「農水産品」です。静岡県はみかんや緑茶、温室メロンといった農産品やサクラエビやマグロなどの水産品が獲れることでも有名な地域です。輸送品目の上位にランクインしていることからも、静岡県における産業のなかで農業が比較的重要な地位を占めていることがわかります。
第5位に入ったのは「雑工業品」です。静岡県はプラモデルの生産量が日本でも屈指の地域です。また、ヤマハやカワイに代表されるように楽器の製作が盛んに行われている地域でもあるので、輸送量が多くなっているのでしょう。

静岡県発のトラック輸送量をランキング化!

静岡県発のトラック輸送量は?都道府県別ランキング!

静岡県には東名高速道路・第二東名高速道路が走り、太平洋側地区の交通の要所となっている地域です。静岡県から発したトラックはどちらに向かうものが多いのかを、輸送量からみた都道府県別ランキングによって確認をしていきます。
まず5位には、大阪府がランクインしています。高速道路を利用して、関西の主要都市である大阪への輸送量が多いという結果です。第二東名高速道路や第二名神高速道路の開通により、さらに輸送は便利になっています。4位は、神奈川県です。東の隣県である神奈川県にも、東名高速道路によって便利に輸送することが可能でしょう。また、近距離の場合を中心に、国道1号などの一般道を利用するケースもあります。3位に入ったのは、埼玉県です。東名高速道路から圏央道を通るルートなど、その選択肢は多岐にわたっており、輸送にも便利な地域の1つです。
2位には、西の隣県である愛知県が入りました。東西に長いために、地域によっては隣県でもやや距離のある静岡県ですが、自治体同士のつながりも強いことから、同一地方同士の流通は重要だといえます。静岡県内から愛知県内には、東名高速道路や第二東名高速道路を利用することで一本で行くことのできる地域が多いほか、浜松市から東三河地方であれば国道1号を使うルートも使用されます。1位は、静岡県です。この結果は、県内の輸送が産業を支えている証拠といえるでしょう。
静岡県浜松市中区は、戦国時代から浜松城を中心に栄え、東海道沿いの宿場町は東海地方の商業の中心部として発展していた地域です。江戸時代になると綿織物が生み出され、浴衣などの生産が始まりました。つくられた浴衣や織物は、街道の商店などで売買されるようになり、明治時代には静岡県浜松市中区の主要産業へと成長しています。
1887年になり、日本ではじめてのオルガンが発明されると急速に関連事業が発達し、オルガンやピアノを製造する工場が増加していました。部品を製造する小規模な工場も区内に多数つくられ、1960年代の高度経済成長期なると、電子ピアノやエレキギターなど近代的な楽器もつくられるようになりました。全国でつかわれる楽器はほとんど浜松で製造されるため、静岡県浜松市中区の楽器産業は不動の地位をゆるぎないものにしました。現在では毎年2兆円を超える楽器製品が出荷されています。ピアニカやハーモニカなど教育につかわれる楽器も多く、大きな需要があります。
静岡県浜松市中区の工業地帯では、楽器関連の企業が年間を通して求人を募集しています。楽器の部品を製造する工場や楽器の組み立てまでおこなう工場などさまざまな職種の求人があります。ギターケースなど備品などをつくる企業もありますが、手作業でおこなう職人を一から育てている工房も多くあり、後継者不足など課題も残されています。また、職人の求人は募集されていることが少なく、自分から工房に問い合わせて就職するケースも多いです。
浜松市中区の工場のお仕事について

静岡県浜松市中区のドライバー専門の求人・転職サイトならジョブコンプラスDへ!地域&ドライバー職種&給与な ど、こだわりからお仕事を自在に検索!キープボタンやWEB履歴書機能があるので応募もカンタン!

浜松市中区の工場のお役立ち情報

静岡県のトラックによる輸送品目ランキング

第1位は製紙などの軽工業品

静岡県におけるトラックでの輸送品目ランキング第1位は「軽工業品」です。軽工業品には缶詰や冷凍食品といった加工食品や清涼飲料水、たばこなどの嗜好品が含まれます。日常生活になくてはならないものなので、輸送量も多いようです。また、紙やパルプといった製品も軽工業品に含まれています。静岡県富士市は全国でも屈指の製紙業が盛んな地域であり、このことも輸送量の多さに影響しているのでしょう。ランキング第2位は「化学工業品」です。化学工業品にはガソリンや重油といった燃料にかかわる製品が多く、他の都道府県では1位になっていることが多いのですが、静岡県では第2位となりました。それだけ軽工業品の輸送量の比率が高いといえるでしょう。
第3位に入ったのは「金属機械工業品」です。静岡県はホンダやスズキといった日本だけでなく世界的にも有名な企業のある場所です。金属機械工業品には自動車やオートバイといった製品が含まれているため、上位にランクインしているのではないでしょうか。第4位は「農水産品」です。静岡県はみかんや緑茶、温室メロンといった農産品やサクラエビやマグロなどの水産品が獲れることでも有名な地域です。輸送品目の上位にランクインしていることからも、静岡県における産業のなかで農業が比較的重要な地位を占めていることがわかります。
第5位に入ったのは「雑工業品」です。静岡県はプラモデルの生産量が日本でも屈指の地域です。また、ヤマハやカワイに代表されるように楽器の製作が盛んに行われている地域でもあるので、輸送量が多くなっているのでしょう。

静岡県発のトラック輸送量をランキング化!

静岡県発のトラック輸送量は?都道府県別ランキング!

静岡県には東名高速道路・第二東名高速道路が走り、太平洋側地区の交通の要所となっている地域です。静岡県から発したトラックはどちらに向かうものが多いのかを、輸送量からみた都道府県別ランキングによって確認をしていきます。
まず5位には、大阪府がランクインしています。高速道路を利用して、関西の主要都市である大阪への輸送量が多いという結果です。第二東名高速道路や第二名神高速道路の開通により、さらに輸送は便利になっています。4位は、神奈川県です。東の隣県である神奈川県にも、東名高速道路によって便利に輸送することが可能でしょう。また、近距離の場合を中心に、国道1号などの一般道を利用するケースもあります。3位に入ったのは、埼玉県です。東名高速道路から圏央道を通るルートなど、その選択肢は多岐にわたっており、輸送にも便利な地域の1つです。
2位には、西の隣県である愛知県が入りました。東西に長いために、地域によっては隣県でもやや距離のある静岡県ですが、自治体同士のつながりも強いことから、同一地方同士の流通は重要だといえます。静岡県内から愛知県内には、東名高速道路や第二東名高速道路を利用することで一本で行くことのできる地域が多いほか、浜松市から東三河地方であれば国道1号を使うルートも使用されます。1位は、静岡県です。この結果は、県内の輸送が産業を支えている証拠といえるでしょう。
静岡県浜松市中区は、戦国時代から浜松城を中心に栄え、東海道沿いの宿場町は東海地方の商業の中心部として発展していた地域です。江戸時代になると綿織物が生み出され、浴衣などの生産が始まりました。つくられた浴衣や織物は、街道の商店などで売買されるようになり、明治時代には静岡県浜松市中区の主要産業へと成長しています。
1887年になり、日本ではじめてのオルガンが発明されると急速に関連事業が発達し、オルガンやピアノを製造する工場が増加していました。部品を製造する小規模な工場も区内に多数つくられ、1960年代の高度経済成長期なると、電子ピアノやエレキギターなど近代的な楽器もつくられるようになりました。全国でつかわれる楽器はほとんど浜松で製造されるため、静岡県浜松市中区の楽器産業は不動の地位をゆるぎないものにしました。現在では毎年2兆円を超える楽器製品が出荷されています。ピアニカやハーモニカなど教育につかわれる楽器も多く、大きな需要があります。
静岡県浜松市中区の工業地帯では、楽器関連の企業が年間を通して求人を募集しています。楽器の部品を製造する工場や楽器の組み立てまでおこなう工場などさまざまな職種の求人があります。ギターケースなど備品などをつくる企業もありますが、手作業でおこなう職人を一から育てている工房も多くあり、後継者不足など課題も残されています。また、職人の求人は募集されていることが少なく、自分から工房に問い合わせて就職するケースも多いです。
浜松市中区のメリット