岐阜県大垣市のドライバーの求人(正社員・契約社員・アルバイト)情報

岐阜県大垣市のドライバー専門の求人サイトならジョブコンプラスDへ!地域×ドライバー職種×給与など、こだわりからお仕事を自在に検索!キープボタンやWEB履歴書機能があるので応募もカンタン!

選択した条件:
大垣市
絞り込み条件を変更する
追加・変更

都道府県を選択

東海
選択した条件: 条件をクリア
追加・変更
職種を選択

職種を選択

ドライバー
選択した条件: 条件をクリア
追加・変更
業種を選択

業種を選択

選択した条件: 条件をクリア
追加・変更
こだわりを選択

こだわりを選択

選択した条件: 条件をクリア
さらに詳しい条件で検索する
選択した条件: 大垣市
5件中 1~5件表示
5件中 1~5件表示

大垣市のお仕事探しQ&A

Q&A
  • Q1 岐阜県大垣市のドライバーのお仕事の平均時給はいくらですか?
  • A1 ジョブコンプラスD掲載中求人の、岐阜県大垣市のドライバーの平均時給は 1000 円です。

  • Q2 岐阜県大垣市のドライバーで最も時給が高いお仕事はいくらですか?
  • A2 掲載中のお仕事で、岐阜県大垣市のドライバーで最も時給は高いのは 1000 円です。

  • Q3 岐阜県大垣市のドライバーで「寮あり」のお仕事は何件ありますか?
  • A3 岐阜県大垣市のドライバーでは 1件 掲載中です。

  • Q4 岐阜県大垣市のドライバーで「土日休み」のお仕事は何件ありますか?
  • A4 岐阜県大垣市のドライバーでは 0件 掲載中です。

  • Q5 岐阜県大垣市のドライバーのお仕事の雇用形態はどのようになっていますか?
  • A5 掲載中のお仕事の雇用形態は、正社員が4件 契約社員が0件 派遣社員が0件となっています。

大垣市のお仕事探しQ&A

Q&A
  • Q1 岐阜県大垣市のドライバーのお仕事の平均時給はいくらですか?
  • A1 ジョブコンプラスD掲載中求人の、岐阜県大垣市のドライバーの平均時給は 1000 円です。

  • Q2 岐阜県大垣市のドライバーで最も時給が高いお仕事はいくらですか?
  • A2 掲載中のお仕事で、岐阜県大垣市のドライバーで最も時給は高いのは 1000 円です。

  • Q3 岐阜県大垣市のドライバーで「寮あり」のお仕事は何件ありますか?
  • A3 岐阜県大垣市のドライバーでは 1件 掲載中です。

  • Q4 岐阜県大垣市のドライバーで「土日休み」のお仕事は何件ありますか?
  • A4 岐阜県大垣市のドライバーでは 0件 掲載中です。

  • Q5 岐阜県大垣市のドライバーのお仕事の雇用形態はどのようになっていますか?
  • A5 掲載中のお仕事の雇用形態は、正社員が4件 契約社員が0件 派遣社員が0件となっています。

岐阜県ではどんなものを運ぶの?トラックの輸送品目ランキング

岐阜県でトラックに乗るなら知っておこう!輸送品目ランキングTOP5

■第1位鉱産品
鉱産品とは石炭や鉱石といった鉱業に関する生産物です。岐阜県では質のいい石灰石がたくさんとれるため、関連企業も多く建ち並んでいます。その輸送量は年間で約1557万トンにもなり、これは全国的に見てもランキング上位の数字です。
■第2位化学工業品
化学工業品には、石油・石炭製品といった工場で作られるもののほか、陶磁器やレンガ、ガラスなども含まれます。おもな輸送品として、生産量の多い石灰石を使った工業品などがあげられるでしょう。また、県内の東濃地区は古くから陶磁器の名産地として知られています。そのため、トラックの配送とひと言でいっても、先進技術を結集した工業品から伝統産業まで、幅広い分野の産業に関わる可能性があります。輸送量は年間で約824万トンです。
■第3位金属機械工業品
岐阜県では製造業がさかんで、県民のおよそ4人に1人が製造業に携わっています。製造されているものは自動車部品、飛行機部品、工作機械など多岐にわたり、これらはすべて金属機械工業品です。また、全国1位のシェアを誇る包丁やハサミなどの刃物製品もここに含まれます。年間の輸送量は約342万5000トンです。
■第4位軽工業品
軽工業品とは紙や繊維、製造食品、飲料などです。年間の輸送量は約315万4000トンです。岐阜県には飛騨牛というブランド和牛が飼育されており、その関連商品に関わることがあるかもしれません。
■第5位排出物
ここには工業排出物などが含まれ、年間の輸送量は約150万トンです。

岐阜県から運ばれている地域は?トラック輸送量ランキング!

岐阜県発のトラック輸送量をランキング!一番多い地域は?

岐阜県発のトラックで物資を多く運んでいる都道府県を、輸送量でランキング化してみました。どのような地域によく運ばれているのでしょうか。5位は大阪府です。岐阜県からは主に名神高速道路を利用することで、大阪府にも便利に通うことができます。4位には、静岡県がランクインです。同じ東海地方の静岡県には、東名高速道路や第二東名高速道路などを利用するケースが多いでしょう。3位は、滋賀県です。滋賀県は隣県で、名神高速道路だけでなく、国道21号や国道365号を利用しての輸送も考えられる地域です。
2位に入ったのは、愛知県です。隣県である上に、東海三県で経済や産業の中心的存在である愛知県には、多くの輸送量があります。東海北陸自動車道、名神高速道路、中央自動車道といった自動車専用道路だけでなく、輸送にはさまざまな交通網を利用することができます。そして、1位は岐阜県です。他都道府県への輸送よりも、県内への輸送量が一番多いという結果でした。岐阜県内も、岐阜市を中心とした地域、大垣市などの美濃西部、恵那市・中津川市などの美濃東部をはじめ、高山市を中心とした飛騨地方など、多くの流通が行われている結果でしょう。岐阜県からは、東海・近畿地区への輸送がランキング上位を占める結果となりました。これは、岐阜県の産業が東海・近畿地区の産業に貢献していることを表しています。
岐阜県大垣市は古来交通の要所であり、また、良質な地下水を豊富に湧出し、地形から得られる電力にも恵まれていました。木曽三川分流工事が行われた明治中期前後以降、その利便性により、主に繊維工業が盛んになると同時に、天然の石灰を活かした化学工業も発展していきました。しかし近年、社会構造や経済のグローバル化などの外的要因により、電子部品などの先端工業の発展に目覚ましいものが見られます。
繊維産業は、駅周辺で昔からの工場が多く見られますが、対外的な競争力の低下に伴い、求人が減少しているのが実情です。逆に、自動車産業との関連による先端工業は、主に幹線道路沿いに工場を建設し、多くの求人をもって急速に発展しつつあるところです。一時期は半導体において世界の最先端のシェアを誇っていましたが、アジア地域各社の台頭によって、後退を余儀なくされるに至りました。しかしながら、その技術開発力は決して衰えることなく、常に新たな道を模索しつつ、我が国のものづくり産業の担い手となっています。
更に、大垣市は印刷業でも注目すべきものが見られます。就業者数は繊維工業従業員数を上回り、化学工業や、石灰を中心とする土石工業と並んで、主要産業のひとつとなっています。
このように、電子部品をメインとする最先端工業、石灰による土石工業、化学工業、伝統産業である繊維工業、そして印刷工業が、現在の岐阜県大垣市の主要産業を担っていると言うことができるでしょう。
大垣市の工場のお仕事について

岐阜県大垣市のドライバー専門の求人サイトならジョブコンプラスDへ!地域×ドライバー職種×給与など、こだわりからお仕事を自在に検索!キープボタンやWEB履歴書機能があるので応募もカンタン!

大垣市の工場のお役立ち情報

岐阜県ではどんなものを運ぶの?トラックの輸送品目ランキング

岐阜県でトラックに乗るなら知っておこう!輸送品目ランキングTOP5

■第1位鉱産品
鉱産品とは石炭や鉱石といった鉱業に関する生産物です。岐阜県では質のいい石灰石がたくさんとれるため、関連企業も多く建ち並んでいます。その輸送量は年間で約1557万トンにもなり、これは全国的に見てもランキング上位の数字です。
■第2位化学工業品
化学工業品には、石油・石炭製品といった工場で作られるもののほか、陶磁器やレンガ、ガラスなども含まれます。おもな輸送品として、生産量の多い石灰石を使った工業品などがあげられるでしょう。また、県内の東濃地区は古くから陶磁器の名産地として知られています。そのため、トラックの配送とひと言でいっても、先進技術を結集した工業品から伝統産業まで、幅広い分野の産業に関わる可能性があります。輸送量は年間で約824万トンです。
■第3位金属機械工業品
岐阜県では製造業がさかんで、県民のおよそ4人に1人が製造業に携わっています。製造されているものは自動車部品、飛行機部品、工作機械など多岐にわたり、これらはすべて金属機械工業品です。また、全国1位のシェアを誇る包丁やハサミなどの刃物製品もここに含まれます。年間の輸送量は約342万5000トンです。
■第4位軽工業品
軽工業品とは紙や繊維、製造食品、飲料などです。年間の輸送量は約315万4000トンです。岐阜県には飛騨牛というブランド和牛が飼育されており、その関連商品に関わることがあるかもしれません。
■第5位排出物
ここには工業排出物などが含まれ、年間の輸送量は約150万トンです。

岐阜県から運ばれている地域は?トラック輸送量ランキング!

岐阜県発のトラック輸送量をランキング!一番多い地域は?

岐阜県発のトラックで物資を多く運んでいる都道府県を、輸送量でランキング化してみました。どのような地域によく運ばれているのでしょうか。5位は大阪府です。岐阜県からは主に名神高速道路を利用することで、大阪府にも便利に通うことができます。4位には、静岡県がランクインです。同じ東海地方の静岡県には、東名高速道路や第二東名高速道路などを利用するケースが多いでしょう。3位は、滋賀県です。滋賀県は隣県で、名神高速道路だけでなく、国道21号や国道365号を利用しての輸送も考えられる地域です。
2位に入ったのは、愛知県です。隣県である上に、東海三県で経済や産業の中心的存在である愛知県には、多くの輸送量があります。東海北陸自動車道、名神高速道路、中央自動車道といった自動車専用道路だけでなく、輸送にはさまざまな交通網を利用することができます。そして、1位は岐阜県です。他都道府県への輸送よりも、県内への輸送量が一番多いという結果でした。岐阜県内も、岐阜市を中心とした地域、大垣市などの美濃西部、恵那市・中津川市などの美濃東部をはじめ、高山市を中心とした飛騨地方など、多くの流通が行われている結果でしょう。岐阜県からは、東海・近畿地区への輸送がランキング上位を占める結果となりました。これは、岐阜県の産業が東海・近畿地区の産業に貢献していることを表しています。
岐阜県大垣市は古来交通の要所であり、また、良質な地下水を豊富に湧出し、地形から得られる電力にも恵まれていました。木曽三川分流工事が行われた明治中期前後以降、その利便性により、主に繊維工業が盛んになると同時に、天然の石灰を活かした化学工業も発展していきました。しかし近年、社会構造や経済のグローバル化などの外的要因により、電子部品などの先端工業の発展に目覚ましいものが見られます。
繊維産業は、駅周辺で昔からの工場が多く見られますが、対外的な競争力の低下に伴い、求人が減少しているのが実情です。逆に、自動車産業との関連による先端工業は、主に幹線道路沿いに工場を建設し、多くの求人をもって急速に発展しつつあるところです。一時期は半導体において世界の最先端のシェアを誇っていましたが、アジア地域各社の台頭によって、後退を余儀なくされるに至りました。しかしながら、その技術開発力は決して衰えることなく、常に新たな道を模索しつつ、我が国のものづくり産業の担い手となっています。
更に、大垣市は印刷業でも注目すべきものが見られます。就業者数は繊維工業従業員数を上回り、化学工業や、石灰を中心とする土石工業と並んで、主要産業のひとつとなっています。
このように、電子部品をメインとする最先端工業、石灰による土石工業、化学工業、伝統産業である繊維工業、そして印刷工業が、現在の岐阜県大垣市の主要産業を担っていると言うことができるでしょう。
大垣市のメリット