愛知県刈谷市のドライバーの求人(正社員・契約社員・アルバイト)情報

愛知県刈谷市のドライバー専門の求人サイトならジョブコンプラスDへ!地域×ドライバー職種×給与など、こだわりからお仕事を自在に検索!キープボタンやWEB履歴書機能があるので応募もカンタン!

選択した条件:
刈谷市
絞り込み条件を変更する
追加・変更

都道府県を選択

東海
選択した条件: 条件をクリア
追加・変更
職種を選択

職種を選択

ドライバー
選択した条件: 条件をクリア
追加・変更
業種を選択

業種を選択

選択した条件: 条件をクリア
追加・変更
こだわりを選択

こだわりを選択

選択した条件: 条件をクリア
さらに詳しい条件で検索する
選択した条件: 刈谷市
0件中 0件表示
条件に合うお仕事が見つかりません。
申し訳ありません。
検索条件を変更してみてください。
↓ご希望の検索条件に比較的近いお仕事を3件表示しています。

トラックによる輸送品目ランキングをご紹介!愛知県編

愛知県では自動車が含まれる金属機械工業品の割合が高い

愛知県のトラックによる輸送貨物ランキング第1位は「化学工業品」で、全体のおよそ35%を占めています。化学工業品に含まれるものにはガソリンや重油といった燃料やそれらを使用した製品が含まれます。化学工業品には日常生活で必要なものが数多く含まれているので、愛知県だけでなく47都道府県のうち26の道府県で1位になっているのが特徴です。次いで第2位にランクインしたのは「金属機械工業品」で、全体のおよそ32%を占めています。金属機械工業品には、自動車やオートバイなどが含まれています。愛知県における主力産業の一つである自動車製造がランキングを押し上げているのは間違いないでしょう。
第3位は「軽工業品」で、全体のおよそ9%を占めています。軽工業品に含まれるのは、紙や糸製品が該当する「繊維製品」と缶詰や菓子といった「加工食品」の2つです。人間が生きていくために大切な要素である衣食住のうち、衣と食に関して重要な製品が含まれているためランキングも上位に入っているようです。第4位は「鉱産品」で、全体のおよそ8%を占めています。鉱産品には石炭や鉄鉱石といった鉱物や、セメントなどに使われる砂利や砕石、建築用に利用される石材などが含まれます。第5位は「雑工業品」で、全体のおよそ4%です。雑工業品には玩具や楽器などの娯楽に関係するものから、家具や木工製品などの日用雑貨まで幅広く含まれます。

愛知県発の荷物はどこへ運ばれる?トラックの輸送量ランキング

愛知県発!トラック輸送量のランキングTOP5

■第1位愛知県
愛知県発のトラックがもっとも多く荷物を運んでいるのは、同じ愛知県内です。その量は1日あたり約40万トンと10トントラック4万台分にものぼり、輸送量全体の約66%という高い割合を占めています。県内には東名、新東名、名神をはじめ高速道路網が整っており、国道や幹線道路も多く、運転時間はおおむね2時間以内におさまるのではないでしょうか。自動車製造など工業がさかんな地域ですので、化学工業品や金属機械工業品の運搬が多いのも特徴です。
■第2位岐阜県
岐阜県は南北に長い県のため、場所によって運送にかかる時間が大きく違ってきます。県北部へ行く際に利用できる高速道路は、縦断して走っている東海北陸自動車道です。運送量は平均して1日あたり4万1500トンほどです。
■第3位三重県
愛知県発のトラックの輸送量ランキングは3位までが東海三県で、このことから近隣都市への配送が多いといえるのではないでしょうか。三重県への輸送量は1日平均で約2万3000トンほどです。愛知県から三重県へは、高速道路は東名阪自動車道、一般道は国道1号と23号が利用しやすくなっています。いずれも交通量の多い、日本の動脈ともいえる道路です。
■第4位静岡県
愛知県と静岡県は、東名高速道路と新東名高速道路という2本の高速道路でつながっています。2012年に新東名が部分的に開通したことで利便性がアップしました。輸送量は1日平均で約2万2700トンほどです。
■第5位奈良県
愛知県から奈良県へ行くのはいくつかのルートがありますが、多くの場合は通行料金がかからない名阪国道を利用することになるでしょう。輸送量は1日平均で約2万2600トンほどです。
愛知県刈谷市には1880年代の後半に開通した東海道本線の苅谷駅設置と共に豊富な地下水を利用した酒造業が進出し、同じく良質な粘土を産出したことから窯業、瓦工場が操業を始めました。
その後酒造業、窯業の街として知られる様になりました。1910年代中頃三河鉄道が完成し初めて世界的に有名な我が国を代表する自動車メーカーの前身である某自動織機会社が愛知県刈谷市に進出して来ました。当時の某自動織機会社の主力製品は産業用の繊維資材や自動車用の繊維部材が中心であり、初めて自動車用のシートを某自動車メーカーに納入しました。その後某自動織機会社の自動車部が独立することになります。この時期から従業員確保のため、多くの求人広告が出るようになりました。また、某自動織機会社は自動車の部品関係を製造しており、カーエアコン用のコンプレッサーに於いては世界でも有数のマーケットシェアを持つようになっています。その後関連会社が次々に進出し、大変多くの求人件数になり、多くの雇用を生むことになって世界的に大躍進を遂げました。合わせて工場の製造部門の独自のコスト低減方法、品質向上法を確立し、内外の企業のお手本となりました。また、経済界からの要請により、その手法を事務職に応用する為にコスト低減方法を展開しています。これが事務職、営業職にその手法が取り入れられ、今では我が国の基幹産業のバックボーンの一つになり、これらの業種と技術系の職種募集の両方が多く見られるのが特徴です。
刈谷市の工場のお仕事について

愛知県刈谷市のドライバー専門の求人サイトならジョブコンプラスDへ!地域×ドライバー職種×給与など、こだわりからお仕事を自在に検索!キープボタンやWEB履歴書機能があるので応募もカンタン!

刈谷市の工場のお役立ち情報

トラックによる輸送品目ランキングをご紹介!愛知県編

愛知県では自動車が含まれる金属機械工業品の割合が高い

愛知県のトラックによる輸送貨物ランキング第1位は「化学工業品」で、全体のおよそ35%を占めています。化学工業品に含まれるものにはガソリンや重油といった燃料やそれらを使用した製品が含まれます。化学工業品には日常生活で必要なものが数多く含まれているので、愛知県だけでなく47都道府県のうち26の道府県で1位になっているのが特徴です。次いで第2位にランクインしたのは「金属機械工業品」で、全体のおよそ32%を占めています。金属機械工業品には、自動車やオートバイなどが含まれています。愛知県における主力産業の一つである自動車製造がランキングを押し上げているのは間違いないでしょう。
第3位は「軽工業品」で、全体のおよそ9%を占めています。軽工業品に含まれるのは、紙や糸製品が該当する「繊維製品」と缶詰や菓子といった「加工食品」の2つです。人間が生きていくために大切な要素である衣食住のうち、衣と食に関して重要な製品が含まれているためランキングも上位に入っているようです。第4位は「鉱産品」で、全体のおよそ8%を占めています。鉱産品には石炭や鉄鉱石といった鉱物や、セメントなどに使われる砂利や砕石、建築用に利用される石材などが含まれます。第5位は「雑工業品」で、全体のおよそ4%です。雑工業品には玩具や楽器などの娯楽に関係するものから、家具や木工製品などの日用雑貨まで幅広く含まれます。

愛知県発の荷物はどこへ運ばれる?トラックの輸送量ランキング

愛知県発!トラック輸送量のランキングTOP5

■第1位愛知県
愛知県発のトラックがもっとも多く荷物を運んでいるのは、同じ愛知県内です。その量は1日あたり約40万トンと10トントラック4万台分にものぼり、輸送量全体の約66%という高い割合を占めています。県内には東名、新東名、名神をはじめ高速道路網が整っており、国道や幹線道路も多く、運転時間はおおむね2時間以内におさまるのではないでしょうか。自動車製造など工業がさかんな地域ですので、化学工業品や金属機械工業品の運搬が多いのも特徴です。
■第2位岐阜県
岐阜県は南北に長い県のため、場所によって運送にかかる時間が大きく違ってきます。県北部へ行く際に利用できる高速道路は、縦断して走っている東海北陸自動車道です。運送量は平均して1日あたり4万1500トンほどです。
■第3位三重県
愛知県発のトラックの輸送量ランキングは3位までが東海三県で、このことから近隣都市への配送が多いといえるのではないでしょうか。三重県への輸送量は1日平均で約2万3000トンほどです。愛知県から三重県へは、高速道路は東名阪自動車道、一般道は国道1号と23号が利用しやすくなっています。いずれも交通量の多い、日本の動脈ともいえる道路です。
■第4位静岡県
愛知県と静岡県は、東名高速道路と新東名高速道路という2本の高速道路でつながっています。2012年に新東名が部分的に開通したことで利便性がアップしました。輸送量は1日平均で約2万2700トンほどです。
■第5位奈良県
愛知県から奈良県へ行くのはいくつかのルートがありますが、多くの場合は通行料金がかからない名阪国道を利用することになるでしょう。輸送量は1日平均で約2万2600トンほどです。
愛知県刈谷市には1880年代の後半に開通した東海道本線の苅谷駅設置と共に豊富な地下水を利用した酒造業が進出し、同じく良質な粘土を産出したことから窯業、瓦工場が操業を始めました。
その後酒造業、窯業の街として知られる様になりました。1910年代中頃三河鉄道が完成し初めて世界的に有名な我が国を代表する自動車メーカーの前身である某自動織機会社が愛知県刈谷市に進出して来ました。当時の某自動織機会社の主力製品は産業用の繊維資材や自動車用の繊維部材が中心であり、初めて自動車用のシートを某自動車メーカーに納入しました。その後某自動織機会社の自動車部が独立することになります。この時期から従業員確保のため、多くの求人広告が出るようになりました。また、某自動織機会社は自動車の部品関係を製造しており、カーエアコン用のコンプレッサーに於いては世界でも有数のマーケットシェアを持つようになっています。その後関連会社が次々に進出し、大変多くの求人件数になり、多くの雇用を生むことになって世界的に大躍進を遂げました。合わせて工場の製造部門の独自のコスト低減方法、品質向上法を確立し、内外の企業のお手本となりました。また、経済界からの要請により、その手法を事務職に応用する為にコスト低減方法を展開しています。これが事務職、営業職にその手法が取り入れられ、今では我が国の基幹産業のバックボーンの一つになり、これらの業種と技術系の職種募集の両方が多く見られるのが特徴です。
刈谷市のメリット