愛知県岡崎市のドライバーの求人(正社員・契約社員・アルバイト)情報

愛知県岡崎市のドライバー専門の求人サイトならジョブコンプラスDへ!地域×ドライバー職種×給与など、こだわりからお仕事を自在に検索!キープボタンやWEB履歴書機能があるので応募もカンタン!

選択した条件:
岡崎市
絞り込み条件を変更する
追加・変更

都道府県を選択

東海
選択した条件: 条件をクリア
追加・変更
職種を選択

職種を選択

ドライバー
選択した条件: 条件をクリア
追加・変更
業種を選択

業種を選択

選択した条件: 条件をクリア
追加・変更
こだわりを選択

こだわりを選択

選択した条件: 条件をクリア
さらに詳しい条件で検索する
選択した条件: 岡崎市
5件中 1~5件表示
5件中 1~5件表示

岡崎市のお仕事探しQ&A

Q&A
  • Q1 愛知県岡崎市のドライバーのお仕事の平均時給はいくらですか?
  • A1 ジョブコンプラスD掲載中求人の、愛知県岡崎市のドライバーの平均時給は 1250 円です。

  • Q2 愛知県岡崎市のドライバーで最も時給が高いお仕事はいくらですか?
  • A2 掲載中のお仕事で、愛知県岡崎市のドライバーで最も時給は高いのは 1250 円です。

  • Q3 愛知県岡崎市のドライバーで「寮あり」のお仕事は何件ありますか?
  • A3 愛知県岡崎市のドライバーでは 1件 掲載中です。

  • Q4 愛知県岡崎市のドライバーで「土日休み」のお仕事は何件ありますか?
  • A4 愛知県岡崎市のドライバーでは 2件 掲載中です。

  • Q5 愛知県岡崎市のドライバーのお仕事の雇用形態はどのようになっていますか?
  • A5 掲載中のお仕事の雇用形態は、正社員が3件 契約社員が0件 派遣社員が0件となっています。

トラックによる輸送品目ランキングをご紹介!愛知県編

愛知県では自動車が含まれる金属機械工業品の割合が高い

愛知県のトラックによる輸送貨物ランキング第1位は「化学工業品」で、全体のおよそ35%を占めています。化学工業品に含まれるものにはガソリンや重油といった燃料やそれらを使用した製品が含まれます。化学工業品には日常生活で必要なものが数多く含まれているので、愛知県だけでなく47都道府県のうち26の道府県で1位になっているのが特徴です。次いで第2位にランクインしたのは「金属機械工業品」で、全体のおよそ32%を占めています。金属機械工業品には、自動車やオートバイなどが含まれています。愛知県における主力産業の一つである自動車製造がランキングを押し上げているのは間違いないでしょう。
第3位は「軽工業品」で、全体のおよそ9%を占めています。軽工業品に含まれるのは、紙や糸製品が該当する「繊維製品」と缶詰や菓子といった「加工食品」の2つです。人間が生きていくために大切な要素である衣食住のうち、衣と食に関して重要な製品が含まれているためランキングも上位に入っているようです。第4位は「鉱産品」で、全体のおよそ8%を占めています。鉱産品には石炭や鉄鉱石といった鉱物や、セメントなどに使われる砂利や砕石、建築用に利用される石材などが含まれます。第5位は「雑工業品」で、全体のおよそ4%です。雑工業品には玩具や楽器などの娯楽に関係するものから、家具や木工製品などの日用雑貨まで幅広く含まれます。

愛知県発の荷物はどこへ運ばれる?トラックの輸送量ランキング

愛知県発!トラック輸送量のランキングTOP5

■第1位愛知県
愛知県発のトラックがもっとも多く荷物を運んでいるのは、同じ愛知県内です。その量は1日あたり約40万トンと10トントラック4万台分にものぼり、輸送量全体の約66%という高い割合を占めています。県内には東名、新東名、名神をはじめ高速道路網が整っており、国道や幹線道路も多く、運転時間はおおむね2時間以内におさまるのではないでしょうか。自動車製造など工業がさかんな地域ですので、化学工業品や金属機械工業品の運搬が多いのも特徴です。
■第2位岐阜県
岐阜県は南北に長い県のため、場所によって運送にかかる時間が大きく違ってきます。県北部へ行く際に利用できる高速道路は、縦断して走っている東海北陸自動車道です。運送量は平均して1日あたり4万1500トンほどです。
■第3位三重県
愛知県発のトラックの輸送量ランキングは3位までが東海三県で、このことから近隣都市への配送が多いといえるのではないでしょうか。三重県への輸送量は1日平均で約2万3000トンほどです。愛知県から三重県へは、高速道路は東名阪自動車道、一般道は国道1号と23号が利用しやすくなっています。いずれも交通量の多い、日本の動脈ともいえる道路です。
■第4位静岡県
愛知県と静岡県は、東名高速道路と新東名高速道路という2本の高速道路でつながっています。2012年に新東名が部分的に開通したことで利便性がアップしました。輸送量は1日平均で約2万2700トンほどです。
■第5位奈良県
愛知県から奈良県へ行くのはいくつかのルートがありますが、多くの場合は通行料金がかからない名阪国道を利用することになるでしょう。輸送量は1日平均で約2万2600トンほどです。
愛知県岡崎市は、昔も今も三河の中心的存在です。平安時代より大規模な荘園開発によって耕地面積が確保され、中世になってからの足利氏や在地領主たちの経済活動、そして江戸時代になってからの産業の発展や技術革新などによって岡崎は単なる地方都市というだけでなく、その地方を代表する存在に成りえたのです。
周知の通り、愛知県岡崎市は徳川家発祥の地であり、当然のように幕府からは経済的に優遇されていた土地柄でした。三河木綿や八丁味噌に代表されるように、三河特有の文化の発信地であったことも確かであると言えます。何より交通や流通の要衛であり、モノやヒトが集まりやすく、経済動向をいち早く察知できるような土地柄だったということもあります。
明治に入り鉄道が敷設され、道路が整備され、近代化の波が三河の地にも押し寄せると、影響は従来からの織物をはじめとした地場産業にも及びます。人の力から機械の力へ。織物工場が立ち並び、それに伴い求人も増え、人口も右肩上がりで伸びていきます。太平洋戦争末期の空襲により、市街地の大半は焼失しますが、しかしながらそこに培われた技術が絶えることはありませんでした。従来よりの地場産業のみならず、戦後のモータリゼーションの高まりによって自動車産業の工場や流通拠点が立ち並び、戦前にも増して岡崎市は発展していきました。また、産業の復興に伴って再びヒトも集まり、三河随一の大都市へと変貌を遂げたのです。
現在に至るまで三河の産業の中心地であるということは変わりなく、有効求人倍率も高めに推移しています。
岡崎市の工場のお仕事について

愛知県岡崎市のドライバー専門の求人サイトならジョブコンプラスDへ!地域×ドライバー職種×給与など、こだわりからお仕事を自在に検索!キープボタンやWEB履歴書機能があるので応募もカンタン!

岡崎市の工場のお役立ち情報

トラックによる輸送品目ランキングをご紹介!愛知県編

愛知県では自動車が含まれる金属機械工業品の割合が高い

愛知県のトラックによる輸送貨物ランキング第1位は「化学工業品」で、全体のおよそ35%を占めています。化学工業品に含まれるものにはガソリンや重油といった燃料やそれらを使用した製品が含まれます。化学工業品には日常生活で必要なものが数多く含まれているので、愛知県だけでなく47都道府県のうち26の道府県で1位になっているのが特徴です。次いで第2位にランクインしたのは「金属機械工業品」で、全体のおよそ32%を占めています。金属機械工業品には、自動車やオートバイなどが含まれています。愛知県における主力産業の一つである自動車製造がランキングを押し上げているのは間違いないでしょう。
第3位は「軽工業品」で、全体のおよそ9%を占めています。軽工業品に含まれるのは、紙や糸製品が該当する「繊維製品」と缶詰や菓子といった「加工食品」の2つです。人間が生きていくために大切な要素である衣食住のうち、衣と食に関して重要な製品が含まれているためランキングも上位に入っているようです。第4位は「鉱産品」で、全体のおよそ8%を占めています。鉱産品には石炭や鉄鉱石といった鉱物や、セメントなどに使われる砂利や砕石、建築用に利用される石材などが含まれます。第5位は「雑工業品」で、全体のおよそ4%です。雑工業品には玩具や楽器などの娯楽に関係するものから、家具や木工製品などの日用雑貨まで幅広く含まれます。

愛知県発の荷物はどこへ運ばれる?トラックの輸送量ランキング

愛知県発!トラック輸送量のランキングTOP5

■第1位愛知県
愛知県発のトラックがもっとも多く荷物を運んでいるのは、同じ愛知県内です。その量は1日あたり約40万トンと10トントラック4万台分にものぼり、輸送量全体の約66%という高い割合を占めています。県内には東名、新東名、名神をはじめ高速道路網が整っており、国道や幹線道路も多く、運転時間はおおむね2時間以内におさまるのではないでしょうか。自動車製造など工業がさかんな地域ですので、化学工業品や金属機械工業品の運搬が多いのも特徴です。
■第2位岐阜県
岐阜県は南北に長い県のため、場所によって運送にかかる時間が大きく違ってきます。県北部へ行く際に利用できる高速道路は、縦断して走っている東海北陸自動車道です。運送量は平均して1日あたり4万1500トンほどです。
■第3位三重県
愛知県発のトラックの輸送量ランキングは3位までが東海三県で、このことから近隣都市への配送が多いといえるのではないでしょうか。三重県への輸送量は1日平均で約2万3000トンほどです。愛知県から三重県へは、高速道路は東名阪自動車道、一般道は国道1号と23号が利用しやすくなっています。いずれも交通量の多い、日本の動脈ともいえる道路です。
■第4位静岡県
愛知県と静岡県は、東名高速道路と新東名高速道路という2本の高速道路でつながっています。2012年に新東名が部分的に開通したことで利便性がアップしました。輸送量は1日平均で約2万2700トンほどです。
■第5位奈良県
愛知県から奈良県へ行くのはいくつかのルートがありますが、多くの場合は通行料金がかからない名阪国道を利用することになるでしょう。輸送量は1日平均で約2万2600トンほどです。
愛知県岡崎市は、昔も今も三河の中心的存在です。平安時代より大規模な荘園開発によって耕地面積が確保され、中世になってからの足利氏や在地領主たちの経済活動、そして江戸時代になってからの産業の発展や技術革新などによって岡崎は単なる地方都市というだけでなく、その地方を代表する存在に成りえたのです。
周知の通り、愛知県岡崎市は徳川家発祥の地であり、当然のように幕府からは経済的に優遇されていた土地柄でした。三河木綿や八丁味噌に代表されるように、三河特有の文化の発信地であったことも確かであると言えます。何より交通や流通の要衛であり、モノやヒトが集まりやすく、経済動向をいち早く察知できるような土地柄だったということもあります。
明治に入り鉄道が敷設され、道路が整備され、近代化の波が三河の地にも押し寄せると、影響は従来からの織物をはじめとした地場産業にも及びます。人の力から機械の力へ。織物工場が立ち並び、それに伴い求人も増え、人口も右肩上がりで伸びていきます。太平洋戦争末期の空襲により、市街地の大半は焼失しますが、しかしながらそこに培われた技術が絶えることはありませんでした。従来よりの地場産業のみならず、戦後のモータリゼーションの高まりによって自動車産業の工場や流通拠点が立ち並び、戦前にも増して岡崎市は発展していきました。また、産業の復興に伴って再びヒトも集まり、三河随一の大都市へと変貌を遂げたのです。
現在に至るまで三河の産業の中心地であるということは変わりなく、有効求人倍率も高めに推移しています。
岡崎市のメリット