愛知県豊橋市のドライバーの求人(正社員・契約社員・アルバイト)情報

愛知県豊橋市のドライバー専門の求人サイトならジョブコンプラスDへ!地域×ドライバー職種×給与など、こだわりからお仕事を自在に検索!キープボタンやWEB履歴書機能があるので応募もカンタン!

選択した条件:
豊橋市
絞り込み条件を変更する
追加・変更

都道府県を選択

東海
選択した条件: 条件をクリア
追加・変更
職種を選択

職種を選択

ドライバー
選択した条件: 条件をクリア
追加・変更
業種を選択

業種を選択

選択した条件: 条件をクリア
追加・変更
こだわりを選択

こだわりを選択

選択した条件: 条件をクリア
さらに詳しい条件で検索する
選択した条件: 豊橋市
2件中 1~2件表示
2件中 1~2件表示

豊橋市のお仕事探しQ&A

Q&A
  • Q1 愛知県豊橋市のドライバーで「寮あり」のお仕事は何件ありますか?
  • A1 愛知県豊橋市のドライバーでは 0件 掲載中です。

  • Q2 愛知県豊橋市のドライバーで「土日休み」のお仕事は何件ありますか?
  • A2 愛知県豊橋市のドライバーでは 1件 掲載中です。

  • Q3 愛知県豊橋市のドライバーのお仕事の雇用形態はどのようになっていますか?
  • A3 掲載中のお仕事の雇用形態は、正社員が2件 契約社員が0件 派遣社員が0件となっています。

豊橋市のお仕事探しQ&A

Q&A
  • Q1 愛知県豊橋市のドライバーで「寮あり」のお仕事は何件ありますか?
  • A1 愛知県豊橋市のドライバーでは 0件 掲載中です。

  • Q2 愛知県豊橋市のドライバーで「土日休み」のお仕事は何件ありますか?
  • A2 愛知県豊橋市のドライバーでは 1件 掲載中です。

  • Q3 愛知県豊橋市のドライバーのお仕事の雇用形態はどのようになっていますか?
  • A3 掲載中のお仕事の雇用形態は、正社員が2件 契約社員が0件 派遣社員が0件となっています。

トラックによる輸送品目ランキングをご紹介!愛知県編

愛知県では自動車が含まれる金属機械工業品の割合が高い

愛知県のトラックによる輸送貨物ランキング第1位は「化学工業品」で、全体のおよそ35%を占めています。化学工業品に含まれるものにはガソリンや重油といった燃料やそれらを使用した製品が含まれます。化学工業品には日常生活で必要なものが数多く含まれているので、愛知県だけでなく47都道府県のうち26の道府県で1位になっているのが特徴です。次いで第2位にランクインしたのは「金属機械工業品」で、全体のおよそ32%を占めています。金属機械工業品には、自動車やオートバイなどが含まれています。愛知県における主力産業の一つである自動車製造がランキングを押し上げているのは間違いないでしょう。
第3位は「軽工業品」で、全体のおよそ9%を占めています。軽工業品に含まれるのは、紙や糸製品が該当する「繊維製品」と缶詰や菓子といった「加工食品」の2つです。人間が生きていくために大切な要素である衣食住のうち、衣と食に関して重要な製品が含まれているためランキングも上位に入っているようです。第4位は「鉱産品」で、全体のおよそ8%を占めています。鉱産品には石炭や鉄鉱石といった鉱物や、セメントなどに使われる砂利や砕石、建築用に利用される石材などが含まれます。第5位は「雑工業品」で、全体のおよそ4%です。雑工業品には玩具や楽器などの娯楽に関係するものから、家具や木工製品などの日用雑貨まで幅広く含まれます。

愛知県発の荷物はどこへ運ばれる?トラックの輸送量ランキング

愛知県発!トラック輸送量のランキングTOP5

■第1位愛知県
愛知県発のトラックがもっとも多く荷物を運んでいるのは、同じ愛知県内です。その量は1日あたり約40万トンと10トントラック4万台分にものぼり、輸送量全体の約66%という高い割合を占めています。県内には東名、新東名、名神をはじめ高速道路網が整っており、国道や幹線道路も多く、運転時間はおおむね2時間以内におさまるのではないでしょうか。自動車製造など工業がさかんな地域ですので、化学工業品や金属機械工業品の運搬が多いのも特徴です。
■第2位岐阜県
岐阜県は南北に長い県のため、場所によって運送にかかる時間が大きく違ってきます。県北部へ行く際に利用できる高速道路は、縦断して走っている東海北陸自動車道です。運送量は平均して1日あたり4万1500トンほどです。
■第3位三重県
愛知県発のトラックの輸送量ランキングは3位までが東海三県で、このことから近隣都市への配送が多いといえるのではないでしょうか。三重県への輸送量は1日平均で約2万3000トンほどです。愛知県から三重県へは、高速道路は東名阪自動車道、一般道は国道1号と23号が利用しやすくなっています。いずれも交通量の多い、日本の動脈ともいえる道路です。
■第4位静岡県
愛知県と静岡県は、東名高速道路と新東名高速道路という2本の高速道路でつながっています。2012年に新東名が部分的に開通したことで利便性がアップしました。輸送量は1日平均で約2万2700トンほどです。
■第5位奈良県
愛知県から奈良県へ行くのはいくつかのルートがありますが、多くの場合は通行料金がかからない名阪国道を利用することになるでしょう。輸送量は1日平均で約2万2600トンほどです。
愛知県豊橋市には、2つの工場団地群があります。
一つ目は渥美半島に沿う渥美湾での海の恵みを原料にして操業している食品企業です。愛知県豊橋市には、織田信長・秀吉・家康の戦国の世から遠浅の海岸という利点を活かして海藻や貝の採取や近海魚業が盛んに行われてきました。今でも養殖ノリの栽培が行われており、愛知県豊橋市の海岸地域にある工業団地には、全国的知名度のある海藻加工企業の本社と加工工場があります。また、水産加工の缶詰会社及び海産物加工会社の本社兼工場団地もあります。これらの企業で働く従業員の求人も随時行われており、安定的な職場とされています。
二つ目は、世界的ブランドを誇る自動車会社系列の部品工場群です。豊橋市に隣接する豊田市に本社を置く自動車会社への自動車部品を供給する為に、下請け企業が集結して工業団地を形作っているのです。自動車は一台当たり2万点もの部品で構成されています。タイヤメーカーやバネ及びネジを生産する下請け企業等が一か所にまとまっていることで、自動車組み立ての生産基地がある所に必要に応じて部品を一括納入できる利点があります。
このように自動車産業はすそ野が広い為に、工学系研究者や技能労働者を大勢雇用できる産業とされ、豊橋市では年間を通して大量人数の求人募集を行うことができています。そのお蔭で愛知県豊橋市は、市の財政が安定し住民の暮らしにゆとりが生まれ、さらには商業街も発展するようになりました。
豊橋市の工場のお仕事について

愛知県豊橋市のドライバー専門の求人サイトならジョブコンプラスDへ!地域×ドライバー職種×給与など、こだわりからお仕事を自在に検索!キープボタンやWEB履歴書機能があるので応募もカンタン!

豊橋市の工場のお役立ち情報

トラックによる輸送品目ランキングをご紹介!愛知県編

愛知県では自動車が含まれる金属機械工業品の割合が高い

愛知県のトラックによる輸送貨物ランキング第1位は「化学工業品」で、全体のおよそ35%を占めています。化学工業品に含まれるものにはガソリンや重油といった燃料やそれらを使用した製品が含まれます。化学工業品には日常生活で必要なものが数多く含まれているので、愛知県だけでなく47都道府県のうち26の道府県で1位になっているのが特徴です。次いで第2位にランクインしたのは「金属機械工業品」で、全体のおよそ32%を占めています。金属機械工業品には、自動車やオートバイなどが含まれています。愛知県における主力産業の一つである自動車製造がランキングを押し上げているのは間違いないでしょう。
第3位は「軽工業品」で、全体のおよそ9%を占めています。軽工業品に含まれるのは、紙や糸製品が該当する「繊維製品」と缶詰や菓子といった「加工食品」の2つです。人間が生きていくために大切な要素である衣食住のうち、衣と食に関して重要な製品が含まれているためランキングも上位に入っているようです。第4位は「鉱産品」で、全体のおよそ8%を占めています。鉱産品には石炭や鉄鉱石といった鉱物や、セメントなどに使われる砂利や砕石、建築用に利用される石材などが含まれます。第5位は「雑工業品」で、全体のおよそ4%です。雑工業品には玩具や楽器などの娯楽に関係するものから、家具や木工製品などの日用雑貨まで幅広く含まれます。

愛知県発の荷物はどこへ運ばれる?トラックの輸送量ランキング

愛知県発!トラック輸送量のランキングTOP5

■第1位愛知県
愛知県発のトラックがもっとも多く荷物を運んでいるのは、同じ愛知県内です。その量は1日あたり約40万トンと10トントラック4万台分にものぼり、輸送量全体の約66%という高い割合を占めています。県内には東名、新東名、名神をはじめ高速道路網が整っており、国道や幹線道路も多く、運転時間はおおむね2時間以内におさまるのではないでしょうか。自動車製造など工業がさかんな地域ですので、化学工業品や金属機械工業品の運搬が多いのも特徴です。
■第2位岐阜県
岐阜県は南北に長い県のため、場所によって運送にかかる時間が大きく違ってきます。県北部へ行く際に利用できる高速道路は、縦断して走っている東海北陸自動車道です。運送量は平均して1日あたり4万1500トンほどです。
■第3位三重県
愛知県発のトラックの輸送量ランキングは3位までが東海三県で、このことから近隣都市への配送が多いといえるのではないでしょうか。三重県への輸送量は1日平均で約2万3000トンほどです。愛知県から三重県へは、高速道路は東名阪自動車道、一般道は国道1号と23号が利用しやすくなっています。いずれも交通量の多い、日本の動脈ともいえる道路です。
■第4位静岡県
愛知県と静岡県は、東名高速道路と新東名高速道路という2本の高速道路でつながっています。2012年に新東名が部分的に開通したことで利便性がアップしました。輸送量は1日平均で約2万2700トンほどです。
■第5位奈良県
愛知県から奈良県へ行くのはいくつかのルートがありますが、多くの場合は通行料金がかからない名阪国道を利用することになるでしょう。輸送量は1日平均で約2万2600トンほどです。
愛知県豊橋市には、2つの工場団地群があります。
一つ目は渥美半島に沿う渥美湾での海の恵みを原料にして操業している食品企業です。愛知県豊橋市には、織田信長・秀吉・家康の戦国の世から遠浅の海岸という利点を活かして海藻や貝の採取や近海魚業が盛んに行われてきました。今でも養殖ノリの栽培が行われており、愛知県豊橋市の海岸地域にある工業団地には、全国的知名度のある海藻加工企業の本社と加工工場があります。また、水産加工の缶詰会社及び海産物加工会社の本社兼工場団地もあります。これらの企業で働く従業員の求人も随時行われており、安定的な職場とされています。
二つ目は、世界的ブランドを誇る自動車会社系列の部品工場群です。豊橋市に隣接する豊田市に本社を置く自動車会社への自動車部品を供給する為に、下請け企業が集結して工業団地を形作っているのです。自動車は一台当たり2万点もの部品で構成されています。タイヤメーカーやバネ及びネジを生産する下請け企業等が一か所にまとまっていることで、自動車組み立ての生産基地がある所に必要に応じて部品を一括納入できる利点があります。
このように自動車産業はすそ野が広い為に、工学系研究者や技能労働者を大勢雇用できる産業とされ、豊橋市では年間を通して大量人数の求人募集を行うことができています。そのお蔭で愛知県豊橋市は、市の財政が安定し住民の暮らしにゆとりが生まれ、さらには商業街も発展するようになりました。
豊橋市のメリット