07月24日更新

求人件数 8338

大分県中津市のドライバー・運転手の求人・転職・募集情報

大分県中津市のドライバー専門の求人・転職サイトならジョブコンプラスDへ!地域&ドライバー職種&給与な ど、こだわりからお仕事を自在に検索!キープボタンやWEB履歴書機能があるので応募もカンタン!

選択した条件:
中津市
絞り込み条件を変更する
追加・変更
大分県内でさらにエリアを選ぶ 全てチェック

都道府県を選択

九州・沖縄
選択した条件: 条件をクリア
追加・変更
職種を選択

職種を選択

ドライバー
選択した条件: 条件をクリア
追加・変更
業種を選択

業種を選択

選択した条件: 条件をクリア
追加・変更
こだわりを選択

こだわりを選択

選択した条件: 条件をクリア
さらに詳しい条件で検索する
選択した条件: 中津市

大分県のトラック輸送量!品目別ランキング

大分県の輸送品目ランキング

大分県の工業の中心は、大規模な石油化学コンビナートと製鉄所を有する「大分臨海工業地帯」です。大分臨海工業地帯は日本の工業地帯を結ぶ「太平洋ベルト」の南端で、日本国内有数の重工業の拠点としても知られています。大分県からトラック輸送される品目の1位も化学工業品となっており、こうした背景を裏付ける結果となっています。輸送量は513万7117トンです。ランキングの2位は鉱産品で、454万4019トンです。大分県は石灰石の生産量が多く、国内生産の19%を占めています。これらは製鉄副原料、土木、建築材料として運搬されています。
3位は林産品で、129万8693トンです。大分県は豊かな自然に恵まれており、内部の日田市などを中心に古くから林業が盛んなことで知られています。4位の軽工業品は128万7008トンです。平成26年の調査によると、大分県の製造業産業中分類別ランキングでは食料品事業所数が最も多く、加工食品の製造にも多くの人が携わっています。5位の金属機械工業品は120万2687トンです。大分臨海工業において元々盛んだった製鉄業に加え、近年、半導体や電子部品メーカーが進出しており、金属機械工業品の輸送量を押し上げる一因となっています。
大分県中津市は農村地域工場促進法を導入する事で製造業に関わる工場の誘致に努めて来ました。その昔は農業、水産業が主な産業でした。しかし、人口の減少にともない、市は新たな産業の育成に目を向け始めました。その最たる産業が自動車を中心とした製造業です。自動車は2万から3万個の部品から成り立ちます。それらは一つの工場で作られる訳ではありません。
幾つもの関連企業がパーツを作り、組み立て工場に納めるのです。
大分県中津市はそれらの企業の誘致に成功した市なのです。
人口減少にともない、税収不足に直面していましたが、産業誘致を行った事により、求人が増え始めます。人口増加と世帯数の増加により、市の税収は増え始めました。また、自動車交通網の発達により、人と物の移動が活発になり、九州自動車道や九州横断自動車道などが完成し、中津市から九州地域にその動きが拡大しています。
中津市は完成車両の生産と同時に、中津港の発展にも取り組みました。その結果、多目的国際ターミナルができ、取扱量が大幅に増加しました。
自動車もそこから輸出されています。また、中津市は最先端技術の設備と国内外の技術指導、人材育成などに取り組み、それにより求人も更に増えています。誘致企業のみならず地元企業の製品供給も増え、現地調達率向上も期待され、我が国の自動車産業の拠点としてますます重要な地位を確立しています。自動車産業と半導体産業の融合という新しい分野にもさらなる期待が高まっています。
中津市の工場のお仕事について

大分県中津市のドライバー専門の求人・転職サイトならジョブコンプラスDへ!地域&ドライバー職種&給与な ど、こだわりからお仕事を自在に検索!キープボタンやWEB履歴書機能があるので応募もカンタン!

中津市の工場のお役立ち情報

大分県のトラック輸送量!品目別ランキング

大分県の輸送品目ランキング

大分県の工業の中心は、大規模な石油化学コンビナートと製鉄所を有する「大分臨海工業地帯」です。大分臨海工業地帯は日本の工業地帯を結ぶ「太平洋ベルト」の南端で、日本国内有数の重工業の拠点としても知られています。大分県からトラック輸送される品目の1位も化学工業品となっており、こうした背景を裏付ける結果となっています。輸送量は513万7117トンです。ランキングの2位は鉱産品で、454万4019トンです。大分県は石灰石の生産量が多く、国内生産の19%を占めています。これらは製鉄副原料、土木、建築材料として運搬されています。
3位は林産品で、129万8693トンです。大分県は豊かな自然に恵まれており、内部の日田市などを中心に古くから林業が盛んなことで知られています。4位の軽工業品は128万7008トンです。平成26年の調査によると、大分県の製造業産業中分類別ランキングでは食料品事業所数が最も多く、加工食品の製造にも多くの人が携わっています。5位の金属機械工業品は120万2687トンです。大分臨海工業において元々盛んだった製鉄業に加え、近年、半導体や電子部品メーカーが進出しており、金属機械工業品の輸送量を押し上げる一因となっています。
大分県中津市は農村地域工場促進法を導入する事で製造業に関わる工場の誘致に努めて来ました。その昔は農業、水産業が主な産業でした。しかし、人口の減少にともない、市は新たな産業の育成に目を向け始めました。その最たる産業が自動車を中心とした製造業です。自動車は2万から3万個の部品から成り立ちます。それらは一つの工場で作られる訳ではありません。
幾つもの関連企業がパーツを作り、組み立て工場に納めるのです。
大分県中津市はそれらの企業の誘致に成功した市なのです。
人口減少にともない、税収不足に直面していましたが、産業誘致を行った事により、求人が増え始めます。人口増加と世帯数の増加により、市の税収は増え始めました。また、自動車交通網の発達により、人と物の移動が活発になり、九州自動車道や九州横断自動車道などが完成し、中津市から九州地域にその動きが拡大しています。
中津市は完成車両の生産と同時に、中津港の発展にも取り組みました。その結果、多目的国際ターミナルができ、取扱量が大幅に増加しました。
自動車もそこから輸出されています。また、中津市は最先端技術の設備と国内外の技術指導、人材育成などに取り組み、それにより求人も更に増えています。誘致企業のみならず地元企業の製品供給も増え、現地調達率向上も期待され、我が国の自動車産業の拠点としてますます重要な地位を確立しています。自動車産業と半導体産業の融合という新しい分野にもさらなる期待が高まっています。
中津市のメリット