10月15日更新

求人件数 11229

交通費支給のドライバー・運転手求人・転職・募集情報

交通費支給のドライバー専門の求人・転職サイトならジョブコンプラスDへ!地域&ドライバー職種&給与など、こだわりからお仕事を自在に検索!キープボタンやWEB履歴書機能があるので応募もカンタン!

選択した条件:
エリア:指定なし
仕事内容:指定なし
給与:指定なし
その他:交通費支給
絞り込み条件を変更する
追加・変更

都道府県を選択

北海道・東北
関東
北陸・甲信越
東海
関西
中国・四国
九州・沖縄
選択した条件: 条件をクリア
追加・変更
職種を選択

職種を選択

ドライバー
選択した条件: 条件をクリア
追加・変更
業種を選択

業種を選択

選択した条件: 条件をクリア
追加・変更

こだわりを選択

選択した条件: 条件をクリア
さらに詳しい条件で検索する
207件中 1~40件表示
207件中 1~40件表示 
1 ...

交通費支給のドライバーお仕事探しQ&A

Q&A
  • Q1 交通費支給のお仕事の平均時給はいくらですか?
  • A1 ジョブコンプラスD掲載中求人の、交通費支給の平均時給は 1209 円です。

  • Q2 交通費支給で最も時給が高いお仕事はいくらですか?
  • A2 掲載中のお仕事で、交通費支給で最も時給は高いのは 1500 円です。

  • Q3 交通費支給で「寮あり」のお仕事は何件ありますか?
  • A3 交通費支給では 61件 掲載中です。

  • Q4 交通費支給で「土日休み」のお仕事は何件ありますか?
  • A4 交通費支給では 55件 掲載中です。

  • Q5 交通費支給のお仕事の雇用形態はどのようになっていますか?
  • A5 掲載中のお仕事の雇用形態は、正社員が179件 契約社員が18件 派遣社員が0件となっています。

交通費支給のお仕事探しQ&A

Q&A
  • Q1 交通費支給のお仕事の平均時給はいくらですか?
  • A1 ジョブコンプラスD掲載中求人の、交通費支給の平均時給は 1209 円です。

  • Q2 交通費支給で最も時給が高いお仕事はいくらですか?
  • A2 掲載中のお仕事で、交通費支給で最も時給は高いのは 1500 円です。

  • Q3 交通費支給で「寮あり」のお仕事は何件ありますか?
  • A3 交通費支給では 61件 掲載中です。

  • Q4 交通費支給で「土日休み」のお仕事は何件ありますか?
  • A4 交通費支給では 55件 掲載中です。

  • Q5 交通費支給のお仕事の雇用形態はどのようになっていますか?
  • A5 掲載中のお仕事の雇用形態は、正社員が179件 契約社員が18件 派遣社員が0件となっています。

交通費支給のドライバー求人募集を探してみよう

交通費支給のメリット


交通費支給のドライバーとして働くメリットは3つあります。1つ目は、自宅から勤務地まで徒歩圏でない場合、給料が目減りせずに済む点です。交通費支給でない場合は、勤務地まで出向く交通費が自己負担になるため、給料が目減りしてしまいます。特に短時間しか勤務しない場合は、時給換算をすると大きく目減りする可能性もあるでしょう。一方、交通費支給のドライバーであれば、もらった給料は全額自分のものになるため、年月が積み重なれば両者の金額差は大きくなります。
2つ目は、支払う税金の金額を減らせるため、税金対策になる点です。交通費込みで時給が決められている方が、一見すると時給が高く得をしているように見えますが、交通費込みの金額が税金の対象となります。しかし、交通費が別途支給になっていれば、月10万円以内なら非課税になるため、支払う税金は少なくなるのです。

3つ目は、交通費として定期券が支給される場合に限りますが、自宅と勤務地の間で途中下車が可能になる点が挙げられます。仕事帰りに途中下車をして買い物をしたり、休日に出かけたりするときに、定期券があれば交通費を節約することが可能です。定期券の支給をしてもらえる場合は、生活の利便性も高められます。
交通費支給のドライバーのお仕事について

交通費支給のドライバー専門の求人・転職サイトならジョブコンプラスDへ!地域&ドライバー職種&給与など、こだわりからお仕事を自在に検索!キープボタンやWEB履歴書機能があるので応募もカンタン!

交通費支給のドライバーのお役立ち情報

交通費支給のドライバー求人募集を探してみよう

交通費支給のメリット


交通費支給のドライバーとして働くメリットは3つあります。1つ目は、自宅から勤務地まで徒歩圏でない場合、給料が目減りせずに済む点です。交通費支給でない場合は、勤務地まで出向く交通費が自己負担になるため、給料が目減りしてしまいます。特に短時間しか勤務しない場合は、時給換算をすると大きく目減りする可能性もあるでしょう。一方、交通費支給のドライバーであれば、もらった給料は全額自分のものになるため、年月が積み重なれば両者の金額差は大きくなります。
2つ目は、支払う税金の金額を減らせるため、税金対策になる点です。交通費込みで時給が決められている方が、一見すると時給が高く得をしているように見えますが、交通費込みの金額が税金の対象となります。しかし、交通費が別途支給になっていれば、月10万円以内なら非課税になるため、支払う税金は少なくなるのです。

3つ目は、交通費として定期券が支給される場合に限りますが、自宅と勤務地の間で途中下車が可能になる点が挙げられます。仕事帰りに途中下車をして買い物をしたり、休日に出かけたりするときに、定期券があれば交通費を節約することが可能です。定期券の支給をしてもらえる場合は、生活の利便性も高められます。
交通費支給のメリット