07月20日更新

求人件数 8193

東京都渋谷区のドライバー・運転手の求人・転職・募集情報

東京都渋谷区のドライバー専門の求人・転職サイトならジョブコンプラスDへ!地域&ドライバー職種&給与な ど、こだわりからお仕事を自在に検索!キープボタンやWEB履歴書機能があるので応募もカンタン!

選択した条件:
渋谷区
絞り込み条件を変更する
追加・変更

都道府県を選択

関東
選択した条件: 条件をクリア
追加・変更
職種を選択

職種を選択

ドライバー
選択した条件: 条件をクリア
追加・変更
業種を選択

業種を選択

選択した条件: 条件をクリア
追加・変更
こだわりを選択

こだわりを選択

選択した条件: 条件をクリア
さらに詳しい条件で検索する
選択した条件: 渋谷区
0件中 0件表示
条件に合うお仕事が見つかりません。
申し訳ありません。
検索条件を変更してみてください。
↓ご希望の検索条件に比較的近いお仕事を3件表示しています。

東京都の輸送品目ランキングTOP5!トラック運転手にはどんな仕事がある?

東京都のトラックドライバーはどんな品目を運ぶ?

■1位は全国でもトップの品目
輸送量ランキングで、1位になった東京都の品目は「軽工業品」でした。日本経済の中心として、さまざまな工業がさかんな東京ですが、中小企業の数は圧倒的であり、ランキングにも反映された形だといえます。繊維や電化製品、精密機械、食品などさまざまな業種を合わせて、1位になりました。ちなみに、輸送量は1672万416.569トンで全国1位、日本全国の10%近くを占める数字です。続いて、2位には「化学工業品」、3位には「金属機械工業品」と、工業品が続きました。

■農水産品の輸送もさかんな東京都
4位になったのは「農水産品」です。東京の産業といえば工場のイメージですが、人口が多い東京は農水産品の収穫量も決して少なくありません。特に、水産業は広範囲で行われており、都内の消費者をメインターゲットとしています。5位には再び工業品から「雑工業品」がランクインしました。東京都内をのぞけば、東京の主な輸送先は埼玉県、神奈川県といった近隣の都道府県が挙げられます。一方、大阪府や愛知県といった、中部地方以西の都市への輸送も積極的に行っています。トラックドライバーには中距離、長距離問わず、さまざまな需要があるでしょう。就職先として向いている地域だといえます。

多いのはどこ?東京都発のトラック輸送量ランキング

東京発のトラック運送量ランキング1位は?!

日本の首都東京都は人の数が多いことからトラックの運送量も膨大な量になっています。いったいどれくらいの量があるのかと気になる人も多いでしょう。そこで、東京都から日本全国に発送される荷物はどこの地域に送られることが多いのかランキングを紹介します。
国土交通省が3日間で調べたデータによると、第5位は千葉県着の3万4821トンです。第4位は山梨県着になります。輸送量は5位の千葉県とほぼ同程度の3万8531トンでした。第3位は神奈川県の5万1681トンです。第2位は埼玉県着の13万5941トンでした。3~5位の合計輸送量よりも1万908トンも多い輸送量になります。そして、第1位は東京都への輸送量42万4276トンです。第2位の埼玉県の3倍以上の輸送量になっています。東京発の輸送量最下位は沖縄県の21トンです。東京都発の輸送量5位まで紹介しました。全て東京都または東京都に隣接する県です。東京近郊をベッドタウンとしている県も多いことから、近県への輸送量が多くなります。ちなみに、東京都発の年間出荷量で一番多い品目は石灰石やセメントなどの鉱産品でした。その出荷量は173万6270トンで全国で第38位の出荷量になります。
渋谷区の工場のお仕事について

東京都渋谷区のドライバー専門の求人・転職サイトならジョブコンプラスDへ!地域&ドライバー職種&給与な ど、こだわりからお仕事を自在に検索!キープボタンやWEB履歴書機能があるので応募もカンタン!

渋谷区の工場のお役立ち情報

東京都の輸送品目ランキングTOP5!トラック運転手にはどんな仕事がある?

東京都のトラックドライバーはどんな品目を運ぶ?

■1位は全国でもトップの品目
輸送量ランキングで、1位になった東京都の品目は「軽工業品」でした。日本経済の中心として、さまざまな工業がさかんな東京ですが、中小企業の数は圧倒的であり、ランキングにも反映された形だといえます。繊維や電化製品、精密機械、食品などさまざまな業種を合わせて、1位になりました。ちなみに、輸送量は1672万416.569トンで全国1位、日本全国の10%近くを占める数字です。続いて、2位には「化学工業品」、3位には「金属機械工業品」と、工業品が続きました。

■農水産品の輸送もさかんな東京都
4位になったのは「農水産品」です。東京の産業といえば工場のイメージですが、人口が多い東京は農水産品の収穫量も決して少なくありません。特に、水産業は広範囲で行われており、都内の消費者をメインターゲットとしています。5位には再び工業品から「雑工業品」がランクインしました。東京都内をのぞけば、東京の主な輸送先は埼玉県、神奈川県といった近隣の都道府県が挙げられます。一方、大阪府や愛知県といった、中部地方以西の都市への輸送も積極的に行っています。トラックドライバーには中距離、長距離問わず、さまざまな需要があるでしょう。就職先として向いている地域だといえます。

多いのはどこ?東京都発のトラック輸送量ランキング

東京発のトラック運送量ランキング1位は?!

日本の首都東京都は人の数が多いことからトラックの運送量も膨大な量になっています。いったいどれくらいの量があるのかと気になる人も多いでしょう。そこで、東京都から日本全国に発送される荷物はどこの地域に送られることが多いのかランキングを紹介します。
国土交通省が3日間で調べたデータによると、第5位は千葉県着の3万4821トンです。第4位は山梨県着になります。輸送量は5位の千葉県とほぼ同程度の3万8531トンでした。第3位は神奈川県の5万1681トンです。第2位は埼玉県着の13万5941トンでした。3~5位の合計輸送量よりも1万908トンも多い輸送量になります。そして、第1位は東京都への輸送量42万4276トンです。第2位の埼玉県の3倍以上の輸送量になっています。東京発の輸送量最下位は沖縄県の21トンです。東京都発の輸送量5位まで紹介しました。全て東京都または東京都に隣接する県です。東京近郊をベッドタウンとしている県も多いことから、近県への輸送量が多くなります。ちなみに、東京都発の年間出荷量で一番多い品目は石灰石やセメントなどの鉱産品でした。その出荷量は173万6270トンで全国で第38位の出荷量になります。
渋谷区のメリット