神奈川県のドライバー・運転手求人(正社員・アルバイト)情報

神奈川県のドライバー専門の求人サイトならジョブコンプラスDへ!地域×ドライバー職種×給与など、こだわりからお仕事を自在に検索!キープボタンやWEB履歴書機能があるので応募もカンタン!

選択した条件:
神奈川県
絞り込み条件を変更する
追加・変更

都道府県を選択

関東
選択した条件: 条件をクリア
追加・変更
職種を選択

職種を選択

ドライバー
選択した条件: 条件をクリア
追加・変更
業種を選択

業種を選択

選択した条件: 条件をクリア
追加・変更
こだわりを選択

こだわりを選択

選択した条件: 条件をクリア
さらに詳しい条件で検索する
選択した条件: 神奈川県
12件中 1~12件表示
12件中 1~12件表示

神奈川県のお仕事探しQ&A

Q&A
  • Q1 神奈川県で「寮あり」のお仕事は何件ありますか?
  • A1 神奈川県では 7件 掲載中です。

  • Q2 神奈川県で「土日休み」のお仕事は何件ありますか?
  • A2 神奈川県では 3件 掲載中です。

  • Q3 神奈川県のお仕事の雇用形態はどのようになっていますか?
  • A3 掲載中のお仕事の雇用形態は、正社員が11件 契約社員が0件 派遣社員が0件となっています。

神奈川県のお仕事探しQ&A

Q&A
  • Q1 神奈川県で「寮あり」のお仕事は何件ありますか?
  • A1 神奈川県では 7件 掲載中です。

  • Q2 神奈川県で「土日休み」のお仕事は何件ありますか?
  • A2 神奈川県では 3件 掲載中です。

  • Q3 神奈川県のお仕事の雇用形態はどのようになっていますか?
  • A3 掲載中のお仕事の雇用形態は、正社員が11件 契約社員が0件 派遣社員が0件となっています。

トラックドライバーなら知っておこう!神奈川県の輸送品目ランキングTOP5

TOP5中4品が工業品!輸送先になっている都道府県は?

■工業品を中心とした産業で有名な神奈川県
神奈川県からの輸送品目を調べてみたところ、上位5品のうち、4品が工業品になるという結果でした。京浜工業地帯に位置する神奈川県は、川崎市や横浜市を中心として工場が立ち並んでいます。こうした地域性を反映したランキングになったといえるでしょう。1位は「化学工業品」で、輸送量は3089万4233.444トンです。これは、愛知県、千葉県に次ぐ全国3位の数字でした。そして、2位「金属機械工業品」、3位「軽工業品」と工業品が続きます。

■工業品以外に輸送が盛んな品目は
4位になって「農水産品」が登場します。東京湾、相模湾に面し、県内に25もの漁港を持つ神奈川県は漁業も盛んであり、地域経済を支えているのです。5位には再び工業品から「雑工業品」がランクインしました。ちなみに、神奈川県からの輸送先として、もっとも多かったのは同じ「神奈川県内」でした。そして、2位が「東京都」、3位が「埼玉県」です。神奈川県は、首都近郊の工業において重要な役割を担っている地域だと証明可能なデータです。そして、神奈川県内で働く輸送トラックのドライバーは、近隣都道府県への往復が多くなる傾向があるでしょう。一方、北陸や関西への輸送も決して少なくはなく、長距離ドライバーの需要も高い都道府県だといえます。

神奈川県発のトラック輸送量、その都道府県別ランキングは?

神奈川県発のトラック輸送量を、ランキング形式で確認

神奈川県は、横浜市や川崎市など、関東地方においても主要な都市のある地域です。複数の自動車専用道路が通る交通の要所でもあり、その神奈川県を発するトラックの輸送量ランキングは気になるところです。ここから、都道府県別にトップ5を確認します。
5位は千葉県です。ともに京浜工業地帯の一部であり、自動車専用道路によって都心を抜ければ所要時間もそれほどかからず、便利に輸送することができます。4位には、静岡県が入りました。都心と逆に西に隣接した静岡県ですが、東名高速道路を利用すれば輸送には便利な地域です。また、隣県であるため、国道1号などの一般道を経由しての輸送も可能な地域でもあります。3位にランクインしたのは、埼玉県です。同じ関東地方である埼玉県への輸送は、圏央道を利用するルートや、東名高速道路を利用して都心を通過するルートなどがあります。
2位には東京都がランクインです。首都である東京都と神奈川県は隣接しており、東名高速道路だけでなく、第三京浜道路や首都高速道路などを用いての輸送が可能です。ただ、東京都とは隣接しているといっても、交通量の多さを考えると、限られた地域間以外は自動車専用道路を利用するのが一般的でしょう。1位は神奈川県です。全国的に都道府県内輸送量が1位という結果が出ていますが、横浜市や川崎市を中心に産業の発達している神奈川県でも、やはり同様の結果が出ています。神奈川県の場合は交通網も発達しているため、自動車専用道路や主要国道で便利に輸送できる地域が多いでしょう。

神奈川県で募集されているドライバーの求人を探そう

交通状況はどう?神奈川県は運転がしやすい!

神奈川県は、ドライバーにとって運転がしやすい地域だといわれています。それは、ある運転に関する調査で、神奈川県が「安全運転ランキング」の2位にランクインしていることからもうかがえます。神奈川県は傾斜やカーブのある道が多いため、それぞれの運転者が注意を払いやすい状況が整っています。また、人や交通量が多いことから、県民の安全に対する意識が強いです。そういった点から考えると、神奈川県では安全にドライバーの仕事ができます。場合によっては県外に出ることもありますが、拠点となる地域が運転しやすいというのは大きなメリットです。

神奈川県のドライバーの時給は?相場や年収の例

神奈川県のドライバー全般の時給は、1123円となっています。神奈川県で募集されている求人の中には、企業の専属ドライバーで時給が1400円をこえるものもあります。また、トラックドライバーの平均年収は、432万3000円です。配送ドライバーでは、日給1万5000円という求人もあります。なお、軽貨物ドライバーなら、普通免許で応募できる場合もあるので気軽にチャレンジすることができます。ドライバーの仕事は、働き方によっては、相場以上の収入を得ることも可能です。神奈川県のドライバーの求人に応募してみませんか。
神奈川県の工場のお仕事について

神奈川県のドライバー専門の求人サイトならジョブコンプラスDへ!地域×ドライバー職種×給与など、こだわりからお仕事を自在に検索!キープボタンやWEB履歴書機能があるので応募もカンタン!

神奈川県の工場のお役立ち情報

神奈川県で募集されているドライバーの求人を探そう

交通状況はどう?神奈川県は運転がしやすい!

神奈川県は、ドライバーにとって運転がしやすい地域だといわれています。それは、ある運転に関する調査で、神奈川県が「安全運転ランキング」の2位にランクインしていることからもうかがえます。神奈川県は傾斜やカーブのある道が多いため、それぞれの運転者が注意を払いやすい状況が整っています。また、人や交通量が多いことから、県民の安全に対する意識が強いです。そういった点から考えると、神奈川県では安全にドライバーの仕事ができます。場合によっては県外に出ることもありますが、拠点となる地域が運転しやすいというのは大きなメリットです。

神奈川県のドライバーの時給は?相場や年収の例

神奈川県のドライバー全般の時給は、1123円となっています。神奈川県で募集されている求人の中には、企業の専属ドライバーで時給が1400円をこえるものもあります。また、トラックドライバーの平均年収は、432万3000円です。配送ドライバーでは、日給1万5000円という求人もあります。なお、軽貨物ドライバーなら、普通免許で応募できる場合もあるので気軽にチャレンジすることができます。ドライバーの仕事は、働き方によっては、相場以上の収入を得ることも可能です。神奈川県のドライバーの求人に応募してみませんか。

トラックドライバーなら知っておこう!神奈川県の輸送品目ランキングTOP5

TOP5中4品が工業品!輸送先になっている都道府県は?

■工業品を中心とした産業で有名な神奈川県
神奈川県からの輸送品目を調べてみたところ、上位5品のうち、4品が工業品になるという結果でした。京浜工業地帯に位置する神奈川県は、川崎市や横浜市を中心として工場が立ち並んでいます。こうした地域性を反映したランキングになったといえるでしょう。1位は「化学工業品」で、輸送量は3089万4233.444トンです。これは、愛知県、千葉県に次ぐ全国3位の数字でした。そして、2位「金属機械工業品」、3位「軽工業品」と工業品が続きます。

■工業品以外に輸送が盛んな品目は
4位になって「農水産品」が登場します。東京湾、相模湾に面し、県内に25もの漁港を持つ神奈川県は漁業も盛んであり、地域経済を支えているのです。5位には再び工業品から「雑工業品」がランクインしました。ちなみに、神奈川県からの輸送先として、もっとも多かったのは同じ「神奈川県内」でした。そして、2位が「東京都」、3位が「埼玉県」です。神奈川県は、首都近郊の工業において重要な役割を担っている地域だと証明可能なデータです。そして、神奈川県内で働く輸送トラックのドライバーは、近隣都道府県への往復が多くなる傾向があるでしょう。一方、北陸や関西への輸送も決して少なくはなく、長距離ドライバーの需要も高い都道府県だといえます。

神奈川県発のトラック輸送量、その都道府県別ランキングは?

神奈川県発のトラック輸送量を、ランキング形式で確認

神奈川県は、横浜市や川崎市など、関東地方においても主要な都市のある地域です。複数の自動車専用道路が通る交通の要所でもあり、その神奈川県を発するトラックの輸送量ランキングは気になるところです。ここから、都道府県別にトップ5を確認します。
5位は千葉県です。ともに京浜工業地帯の一部であり、自動車専用道路によって都心を抜ければ所要時間もそれほどかからず、便利に輸送することができます。4位には、静岡県が入りました。都心と逆に西に隣接した静岡県ですが、東名高速道路を利用すれば輸送には便利な地域です。また、隣県であるため、国道1号などの一般道を経由しての輸送も可能な地域でもあります。3位にランクインしたのは、埼玉県です。同じ関東地方である埼玉県への輸送は、圏央道を利用するルートや、東名高速道路を利用して都心を通過するルートなどがあります。
2位には東京都がランクインです。首都である東京都と神奈川県は隣接しており、東名高速道路だけでなく、第三京浜道路や首都高速道路などを用いての輸送が可能です。ただ、東京都とは隣接しているといっても、交通量の多さを考えると、限られた地域間以外は自動車専用道路を利用するのが一般的でしょう。1位は神奈川県です。全国的に都道府県内輸送量が1位という結果が出ていますが、横浜市や川崎市を中心に産業の発達している神奈川県でも、やはり同様の結果が出ています。神奈川県の場合は交通網も発達しているため、自動車専用道路や主要国道で便利に輸送できる地域が多いでしょう。
神奈川県のメリット