京都府のドライバー・運転手求人(正社員・アルバイト)情報

京都府のドライバー専門の求人サイトならジョブコンプラスDへ!地域×ドライバー職種×給与など、こだわりからお仕事を自在に検索!キープボタンやWEB履歴書機能があるので応募もカンタン!

選択した条件:
京都府
絞り込み条件を変更する
追加・変更

都道府県を選択

関西
選択した条件: 条件をクリア
追加・変更
職種を選択

職種を選択

ドライバー
選択した条件: 条件をクリア
追加・変更
業種を選択

業種を選択

選択した条件: 条件をクリア
追加・変更
こだわりを選択

こだわりを選択

選択した条件: 条件をクリア
さらに詳しい条件で検索する
選択した条件: 京都府
0件中 0件表示
条件に合うお仕事が見つかりません。
申し訳ありません。
検索条件を変更してみてください。

京都府のトラックドライバーは何を運ぶ?輸送品目ランキングTOP5

鉱産品から農水産品まで!京都はさまざまな産業がさかんな土地

■1位は鉱産品!京都は鉱山が広がっている
京都府には丹波地方や美山町などに鉱山地帯があり、マンガンなどを採掘しています。そのため、鉱産品を取り扱っている工場も多く、京都府の経済を支える品目として代表的です。ちなみに、輸送量は377万1219.33トンと、三重県、兵庫県に次いで近畿地方3位でした。輸送量2位になったのは「軽工業品」です。ここには食品工業のほか、伝統工芸品も含まれており、深い歴史を持つ京都の地域性が浮き彫りになっています。

■農水産品も京都を支える品目
輸送量3位は「金属機械工業品」、4位は「化学工業品」と、それぞれ工業品がランクインしました。京都は地方部に小規模ながらも工業地帯が分散しており、ランキングにも反映された形です。そして、5位は「農水産品」でした。京野菜はブランドとして全国から愛されていますが、そのほかにも気候に恵まれた京都は米づくりも盛んです。また、北部は漁港としても栄えています。京都の輸送先としては大阪、兵庫などの近隣地域にまじって、東京や神奈川などの首都圏も挙げられます。京都の工業品や農産物は全国から需要があり、工場のトラックドライバーには幅広い地域への往復が求められるでしょう。

京都府発のトラックはどこへ向かう?輸送量ランキングを徹底調査

京都府発のトラックは関西圏を中心に全国へ

■第1位京都府
京都府を発つトラックがもっとも多くの荷物を運んでいるのは、同じ京都府内です。府内では一日平均で約4万1000トンの荷物が動いています。京都府内には舞鶴港という商業的に重要な港があり、そこに出入りして輸入品や輸出品を運ぶトラックも多いのでしょう。舞鶴港で取り扱う輸入品の90%以上が鉱産品、輸出品は約40%が金属機械工業品です。府内を走る高速道路には、舞鶴若狭自動車道、京都縦貫自動車道などがあります。
■第2位大阪府
次いで輸送量が多いのは隣の大阪府でした。一日平均で約7800トンの荷物が運ばれています。京都府と大阪府を結んでいるのは、名神高速道路、新名神高速道路、国道1号のバイパス道路である第二京阪道路などです。いずれも、非常に通行量の多い阪神の主要道路です。
■第3位兵庫県
兵庫県への輸送量は、一日あたり平均で約5900トンです。ここまでの3府県はいずれも関西圏で、京都・大阪・兵庫への輸送量は全体の約77%を占めています。京都府は日本海に面し、兵庫県は太平洋に面していますが、片道およそ2時間から2時間半ほどで行き来することが可能です。
■第4位愛知県
このランキングで関西以外から唯一ランクインしたのは、愛知県でした。輸送量は一日平均で約2860トンです。京都府と愛知県を結んでいるのは名神高速道路や新名神高速道路です。
■第5位滋賀県
京都府と滋賀県は隣接しているばかりでなく県庁所在地同士も近く、古くから文化的にも経済的にも密接な関係があります。輸送量は一日あたり平均で約1800トンです。
京都府の工場のお仕事について

京都府のドライバー専門の求人サイトならジョブコンプラスDへ!地域×ドライバー職種×給与など、こだわりからお仕事を自在に検索!キープボタンやWEB履歴書機能があるので応募もカンタン!

京都府の工場のお役立ち情報

京都府のトラックドライバーは何を運ぶ?輸送品目ランキングTOP5

鉱産品から農水産品まで!京都はさまざまな産業がさかんな土地

■1位は鉱産品!京都は鉱山が広がっている
京都府には丹波地方や美山町などに鉱山地帯があり、マンガンなどを採掘しています。そのため、鉱産品を取り扱っている工場も多く、京都府の経済を支える品目として代表的です。ちなみに、輸送量は377万1219.33トンと、三重県、兵庫県に次いで近畿地方3位でした。輸送量2位になったのは「軽工業品」です。ここには食品工業のほか、伝統工芸品も含まれており、深い歴史を持つ京都の地域性が浮き彫りになっています。

■農水産品も京都を支える品目
輸送量3位は「金属機械工業品」、4位は「化学工業品」と、それぞれ工業品がランクインしました。京都は地方部に小規模ながらも工業地帯が分散しており、ランキングにも反映された形です。そして、5位は「農水産品」でした。京野菜はブランドとして全国から愛されていますが、そのほかにも気候に恵まれた京都は米づくりも盛んです。また、北部は漁港としても栄えています。京都の輸送先としては大阪、兵庫などの近隣地域にまじって、東京や神奈川などの首都圏も挙げられます。京都の工業品や農産物は全国から需要があり、工場のトラックドライバーには幅広い地域への往復が求められるでしょう。

京都府発のトラックはどこへ向かう?輸送量ランキングを徹底調査

京都府発のトラックは関西圏を中心に全国へ

■第1位京都府
京都府を発つトラックがもっとも多くの荷物を運んでいるのは、同じ京都府内です。府内では一日平均で約4万1000トンの荷物が動いています。京都府内には舞鶴港という商業的に重要な港があり、そこに出入りして輸入品や輸出品を運ぶトラックも多いのでしょう。舞鶴港で取り扱う輸入品の90%以上が鉱産品、輸出品は約40%が金属機械工業品です。府内を走る高速道路には、舞鶴若狭自動車道、京都縦貫自動車道などがあります。
■第2位大阪府
次いで輸送量が多いのは隣の大阪府でした。一日平均で約7800トンの荷物が運ばれています。京都府と大阪府を結んでいるのは、名神高速道路、新名神高速道路、国道1号のバイパス道路である第二京阪道路などです。いずれも、非常に通行量の多い阪神の主要道路です。
■第3位兵庫県
兵庫県への輸送量は、一日あたり平均で約5900トンです。ここまでの3府県はいずれも関西圏で、京都・大阪・兵庫への輸送量は全体の約77%を占めています。京都府は日本海に面し、兵庫県は太平洋に面していますが、片道およそ2時間から2時間半ほどで行き来することが可能です。
■第4位愛知県
このランキングで関西以外から唯一ランクインしたのは、愛知県でした。輸送量は一日平均で約2860トンです。京都府と愛知県を結んでいるのは名神高速道路や新名神高速道路です。
■第5位滋賀県
京都府と滋賀県は隣接しているばかりでなく県庁所在地同士も近く、古くから文化的にも経済的にも密接な関係があります。輸送量は一日あたり平均で約1800トンです。
京都府のメリット