長野県のドライバー・運転手求人(正社員・アルバイト)情報

長野県のドライバー専門の求人サイトならジョブコンプラスDへ!地域×ドライバー職種×給与など、こだわりからお仕事を自在に検索!キープボタンやWEB履歴書機能があるので応募もカンタン!

選択した条件:
長野県
絞り込み条件を変更する
追加・変更
長野県内でさらにエリアを選ぶ 全てチェック

都道府県を選択

北陸・甲信越
選択した条件: 条件をクリア
追加・変更
職種を選択

職種を選択

ドライバー
選択した条件: 条件をクリア
追加・変更
業種を選択

業種を選択

選択した条件: 条件をクリア
追加・変更
こだわりを選択

こだわりを選択

選択した条件: 条件をクリア
さらに詳しい条件で検索する
選択した条件: 長野県

長野県のお仕事探しQ&A

Q&A
  • Q1 長野県で「寮あり」のお仕事は何件ありますか?
  • A1 長野県では 0件 掲載中です。

  • Q2 長野県で「土日休み」のお仕事は何件ありますか?
  • A2 長野県では 0件 掲載中です。

  • Q3 長野県のお仕事の雇用形態はどのようになっていますか?
  • A3 掲載中のお仕事の雇用形態は、正社員が1件 契約社員が0件 派遣社員が0件となっています。

長野県のお仕事探しQ&A

Q&A
  • Q1 長野県で「寮あり」のお仕事は何件ありますか?
  • A1 長野県では 0件 掲載中です。

  • Q2 長野県で「土日休み」のお仕事は何件ありますか?
  • A2 長野県では 0件 掲載中です。

  • Q3 長野県のお仕事の雇用形態はどのようになっていますか?
  • A3 掲載中のお仕事の雇用形態は、正社員が1件 契約社員が0件 派遣社員が0件となっています。

長野県のトラック輸送品目をランキング形式で見てみよう!

長野県の輸送品目ランキング、トップ5!

長野県で、トラックで輸送されている品目のうち、何が一番多いのでしょうか。ランキング形式で見ていきます。5位には、農水産品が入りました。山に囲まれて清流も多く、その自然を生かした米や野菜・果樹・畜産物などが多く輸送されています。また、きのこ類の出荷が多いのも特徴的です。長野県農政部「平成30年度長野県農業の概要」によると、2016年の統計で、農業産出額の構成比がきのこ類は16.9%となっています。4位は軽工業品です。蚕糸業が盛んであった長野県は、その影響で古くから繊維業が盛んで、ワイシャツの生産量は全国でも上位を占めています。3位には、金属機械工業品がランクインしました。2017年の「工業統計調査」によると、長野県は通信機器・映像機器・パソコンなどの情報通信機械の出荷額が全国でもトップで、長野県を支える産業の1つとなっています。
2位にランクインしたのは、化学工業品です。関東圏や中京圏の工業地帯を中心に、プラスチック加工品やゴムといった物資が多く輸送されており、産業面で重要な役割を担っています。1位には、鉱産品が入りました。長野県は山が多く、天然資源に恵まれた地域であり、鉱石や砂利・砂をはじめとして、石材なども多く産出されています。

長野県発のトラック輸送量都道府県別ランキング!

長野県発のトラック輸送量を、ランキング形式で確認!

長野県から出たトラックが向かう先はどこが多いのか、都道府県別の輸送量をランキング化してみましょう。5位には、千葉県が入っています。長野県からやや離れた地域ではありますが、中央道や上信越道・関越道などで関東圏に出たあとは自動車専用道路の選択肢も多く、輸送には便利な地域の1つです。4位は神奈川県です。中央自動車道で山梨県を抜けて圏央道を通るルートなどが利用されます。3位には埼玉県がランクインしています。発着の地域によって、中央道や上信越道・関越道など、自動車専用道路の選択肢もあり、輸送には便利な地域です。
2位にランクインしたのは、愛知県です。長野県中部・南部地域であれば中央自動車道一本で愛知県内まで行くことができるほか、北部地域であっても長野道などを通じて中央自動車道へと出ることができます。また、南部地域であれば、国道153号で豊田市方面に向かうルートも選択可能です。1位には、長野県が入りました。輸送量ランキングを見ると、全国的に自治体内での輸送量が1位になっています。愛知県や関東地方への流通が多い長野県でも、やはり県内での輸送が一番多い結果です。北部と南部では、同じ県内でも距離は長いので、一般道よりも自動車専用道路を利用するケースが多いでしょう。

長野県のドライバー募集!道路事情や求人の給与は?

街道や峠道が多い長野県の道路事情

長野県には高速道路や国道のほか、古くから存在する街道が多く走っています。峠道や車が1台しか通れないような道も多く、基本的に地元の人が通る道なので職業ドライバーが利用するケースは少ないでしょう。運送や物流の大型トラックは、国道を走るのが基本です。普通自動車免許を持っていればOKの宅配ドライバーやタクシードライバーなら市街地エリアを走ることもあります。長野県内の市街地は範囲が狭く、大きい道路1本のみで平行して走る道がないケースが多いので、早朝や夕方など交通量が増える時間帯は渋滞に巻き込まれやすくなります。

長野県のドライバーはどのくらいの給与なの?

長野県のドライバーの給与は、業種や乗車する車の種類によって異なります。トラック運転手の平均年収は393万円で、全国平均とほぼ同じです。ただ、大型トラックが走りにくい長野では、乗用車や軽トラックくらいの車を運転する求人募集が多いです。宅配ドライバーの給与は、アルバイトで850~950円、正社員なら月給19万~25万円のケースが多く、派遣社員なら日給が1万3000円前後と高額になります。従業員を駅から職場まで送り届けるマイクロバス運転手の日給は7000円程度ですが、勤務時間が朝と夕方で合計5時間程度なので、割の良い仕事といえるでしょう。
長野県の工場のお仕事について

長野県のドライバー専門の求人サイトならジョブコンプラスDへ!地域×ドライバー職種×給与など、こだわりからお仕事を自在に検索!キープボタンやWEB履歴書機能があるので応募もカンタン!

長野県の工場のお役立ち情報

長野県のドライバー募集!道路事情や求人の給与は?

街道や峠道が多い長野県の道路事情

長野県には高速道路や国道のほか、古くから存在する街道が多く走っています。峠道や車が1台しか通れないような道も多く、基本的に地元の人が通る道なので職業ドライバーが利用するケースは少ないでしょう。運送や物流の大型トラックは、国道を走るのが基本です。普通自動車免許を持っていればOKの宅配ドライバーやタクシードライバーなら市街地エリアを走ることもあります。長野県内の市街地は範囲が狭く、大きい道路1本のみで平行して走る道がないケースが多いので、早朝や夕方など交通量が増える時間帯は渋滞に巻き込まれやすくなります。

長野県のドライバーはどのくらいの給与なの?

長野県のドライバーの給与は、業種や乗車する車の種類によって異なります。トラック運転手の平均年収は393万円で、全国平均とほぼ同じです。ただ、大型トラックが走りにくい長野では、乗用車や軽トラックくらいの車を運転する求人募集が多いです。宅配ドライバーの給与は、アルバイトで850~950円、正社員なら月給19万~25万円のケースが多く、派遣社員なら日給が1万3000円前後と高額になります。従業員を駅から職場まで送り届けるマイクロバス運転手の日給は7000円程度ですが、勤務時間が朝と夕方で合計5時間程度なので、割の良い仕事といえるでしょう。

長野県のトラック輸送品目をランキング形式で見てみよう!

長野県の輸送品目ランキング、トップ5!

長野県で、トラックで輸送されている品目のうち、何が一番多いのでしょうか。ランキング形式で見ていきます。5位には、農水産品が入りました。山に囲まれて清流も多く、その自然を生かした米や野菜・果樹・畜産物などが多く輸送されています。また、きのこ類の出荷が多いのも特徴的です。長野県農政部「平成30年度長野県農業の概要」によると、2016年の統計で、農業産出額の構成比がきのこ類は16.9%となっています。4位は軽工業品です。蚕糸業が盛んであった長野県は、その影響で古くから繊維業が盛んで、ワイシャツの生産量は全国でも上位を占めています。3位には、金属機械工業品がランクインしました。2017年の「工業統計調査」によると、長野県は通信機器・映像機器・パソコンなどの情報通信機械の出荷額が全国でもトップで、長野県を支える産業の1つとなっています。
2位にランクインしたのは、化学工業品です。関東圏や中京圏の工業地帯を中心に、プラスチック加工品やゴムといった物資が多く輸送されており、産業面で重要な役割を担っています。1位には、鉱産品が入りました。長野県は山が多く、天然資源に恵まれた地域であり、鉱石や砂利・砂をはじめとして、石材なども多く産出されています。

長野県発のトラック輸送量都道府県別ランキング!

長野県発のトラック輸送量を、ランキング形式で確認!

長野県から出たトラックが向かう先はどこが多いのか、都道府県別の輸送量をランキング化してみましょう。5位には、千葉県が入っています。長野県からやや離れた地域ではありますが、中央道や上信越道・関越道などで関東圏に出たあとは自動車専用道路の選択肢も多く、輸送には便利な地域の1つです。4位は神奈川県です。中央自動車道で山梨県を抜けて圏央道を通るルートなどが利用されます。3位には埼玉県がランクインしています。発着の地域によって、中央道や上信越道・関越道など、自動車専用道路の選択肢もあり、輸送には便利な地域です。
2位にランクインしたのは、愛知県です。長野県中部・南部地域であれば中央自動車道一本で愛知県内まで行くことができるほか、北部地域であっても長野道などを通じて中央自動車道へと出ることができます。また、南部地域であれば、国道153号で豊田市方面に向かうルートも選択可能です。1位には、長野県が入りました。輸送量ランキングを見ると、全国的に自治体内での輸送量が1位になっています。愛知県や関東地方への流通が多い長野県でも、やはり県内での輸送が一番多い結果です。北部と南部では、同じ県内でも距離は長いので、一般道よりも自動車専用道路を利用するケースが多いでしょう。
長野県のメリット