福井県のドライバー・運転手求人・転職・募集情報

福井県のドライバー・運転手求人・転職・募集情報

福井県のドライバー・運転手求人ならジョブコンプラスDへ!掲載中の対象条件のドライバー求人は、 0 件です。地域×ドライバー職種×給与など、こだわりからお仕事を自在に検索!キープボタンやWEB履歴書機能があるので応募もカンタン!

エリア
変更
職種
指定なし
変更
業種
指定なし
変更
給与
指定なし
変更
働く期間・時間
指定なし
変更
メリット
指定なし
変更
休日
指定なし
変更
雇用形態
指定なし 変更
こだわり
指定なし
変更
免許
指定なし
変更
運ぶもの
指定なし
変更
車両タイプ
指定なし
変更

06月17日更新 / 求人件数 17296

検索結果求人数 0件中(件表示)

条件に合うお仕事が見つかりません。

申し訳ありません。検索条件を変更してみてください。

福井県のお仕事探しQ&A

福井県のお仕事の平均時給はいくらですか?
ジョブコンプラスD掲載中求人の、福井県の平均時給は 1297 円です。
福井県で最も時給が高いお仕事はいくらですか?
ジョブコンプラスDに掲載中のお仕事で、福井県で最も時給は高いのは 0 円です。
福井県で「寮あり」のお仕事は何件ありますか?
福井県でジョブコンプラスD掲載中のお仕事は 13696件 です。
福井県で「土日休み」のお仕事は何件ありますか?
福井県でジョブコンプラスD掲載中のお仕事は 62件 です。
福井県のお仕事の雇用形態はどのようになっていますか?
ジョブコンプラスDに掲載中のお仕事の雇用形態は、正社員が3619件 契約社員が1763件 派遣社員が11735件となっています。

福井県のドライバーのお仕事について

福井県のドライバー・運転手求人ならジョブコンプラスDへ!掲載中の対象条件のドライバー求人は、 0 件です。地域×ドライバー職種×給与など、こだわりからお仕事を自在に検索!キープボタンやWEB履歴書機能があるので応募もカンタン!

福井県のトラック輸送品目ランキングを紹介

福井県の輸送品目ランキング

■ランキング第1位は「化学工業品」
化学工業品とは、主に軽油や灯油、潤滑油などの石油類、練炭や豆炭などの石炭製品を指します。そのほか、セメントやガラス類、化学肥料や染料なども、化学工業品に分類されます。福井県では特に、界面活性剤や合成洗剤、医薬品や硫酸などの生産が盛んです。化学工業品は、トラックで輸送する際は、事故が起こらないよう特に注意しなければなりません。
■第2位は「鉱産品」
鉱産品とは、砂鉄鉱、硫化鉄鉱などの鉄鉱石類、セメント用石灰石や鉄鋼用石灰石などです。
■第3位は「金属機械工業品」
鋼や鋼鉄などの鉄鋼類、電卓や変圧器などが、金属機械工業品にあたります。ほかにも、エレベーターや破砕機、農業用機械などの産業機械も、金属機械工業品の一種です。
■第4位は「軽工業品」
軽工業品とは清涼飲料やビールなどの飲料品類、食塩や化学調味料などの食料工業品類のことです。また、紙やパルプ、糸及び紡績半製品なども、軽工業品に分類されます。
■第5位は「雑工業品」
台所用品や家具などの家具装備品類、ヘアブラシやハンガーなどの日用品類など、生活用品の多くが雑工業品に分類されます。さらに皮革製品や医療用品、農林水産器具なども雑工業品として扱われます。

福井県発のトラック輸送量、ランキング発表!

福井県発のトラック輸送量ランキング、トップ5!

福井県は北陸地方にあり、北陸道や舞鶴若狭道が県内を横切っています。福井県発のトラック輸送量の都道府県別ランキングを、ここから紹介していきます。5位は関西地区の中心的存在である大阪府、4位は東海地方であり同じ中部地方としても分類される愛知県、3位は大阪府と同じ関西地区の兵庫県です。 福井県から大阪府には、北陸道から名神高速道路を通るルートや、舞鶴若狭道から京都縦貫自動車道を通るルートなどがあります。大阪府は産業面でも関西地区で大きな役割を果たしている地域であり、輸送の需要も多くあります。4位の愛知県への輸送の場合、北陸道から名神高速道路がよく利用されるルートです。北陸地方から東海地方への流通は、福井県から愛知県へのルートが最も輸送量が多くなっています。兵庫県には、舞鶴若狭道を使用するルートが多く使われています。兵庫県南部は阪神工業地帯の一角として産業を支えており、輸送の需要も多い地域です。
続いて、2位には滋賀県が入り、1位には地元である福井県が入っています。福井県南部と隣接する滋賀県には、北陸道を利用することで便利に往来ができます。また、滋賀県南部への輸送には米原から名神高速道路を利用することで、それほど時間をかけることなく輸送することが可能です。福井県が1位になったのは、敦賀市や福井市など県内主要都市間の輸送など、県内の流通が産業を支えていることがうかがえる結果でしょう。

PAGE TOP