宮城県のドライバー・運転手求人(正社員・アルバイト)情報

宮城県のドライバー専門の求人サイトならジョブコンプラスDへ!地域×ドライバー職種×給与など、こだわりからお仕事を自在に検索!キープボタンやWEB履歴書機能があるので応募もカンタン!

選択した条件:
宮城県
絞り込み条件を変更する
追加・変更

都道府県を選択

北海道・東北
選択した条件: 条件をクリア
追加・変更
職種を選択

職種を選択

ドライバー
選択した条件: 条件をクリア
追加・変更
業種を選択

業種を選択

選択した条件: 条件をクリア
追加・変更
こだわりを選択

こだわりを選択

選択した条件: 条件をクリア
さらに詳しい条件で検索する
選択した条件: 宮城県
0件中 0件表示
条件に合うお仕事が見つかりません。
申し訳ありません。
検索条件を変更してみてください。

運んでいるものが知りたい!宮城県のトラック輸送品目ランキング

産業が盛んな宮城県!トラックによる輸送需要が高い

トラックドライバーに興味があるものの、実際にどのようなものを運ぶのか気になっている人も少なくありません。何を運んでいるのか知っておくことで、働き方をイメージしやすくなります。そこで今回は、宮城県のトラックが運んでいる品目のランキング上位をチェックしていきます。
■1位・化学工業品
宮城県は、仙台市や岩沼市などの沿岸部を中心に化学工場がたくさんあります。化学産業が盛んな地域だからこそ、安全かつ丁寧に製品を運んでくれる運送会社の需要が高いといえます。化学物質を取り扱う場合は、とくに運転技術が求められることを頭に入れておきましょう。
■2位・金属機械工業品
仙台市には工業団地が広がっていることもあり、金属機械工業品の輸送に関わる運送会社も豊富です。精密機器を運ぶことがメインとなるため、製品を安全に運ぶためにトラック内部も特別なつくりになっているケースが多いといえます。
■3位・鉱産品
宮城県には、生コン工場や石灰石の採石場がたくさんあります。そのため、工場や採石場に向けて決まったルートを走るトラックが多いのが特徴です。荷物を積んだり降ろしたりといった作業よりも、運転している時間が長くなる傾向にあります。
■4位・軽工業品
宮城県内で生産された軽工業品は、国内だけでなく海外に輸出されることもあります。出荷先に合わせてトラックで運ぶため、なかには長距離運転が求められる運送会社もあるでしょう。テナントに直接配送することもあるため、その場合は荷下ろしにかかる時間が多くなります。
■5位・農水産品
水産業や農業が盛んな宮城県ではありますが、他の品目に比べると少ない傾向にあります。果物や水産品は収穫時期が限られることもあり、季節によって忙しさにムラが生じることもあるでしょう。そのため、繁忙期以外は別の品目を運ぶ運送会社も少なくありません。

宮城県発トラックの輸送量ランキングTOP5

宮城県のトラックが主に荷物を運んでいる輸送先はどこ?

宮城県は4つの県と隣接している立地で、東北地方へのアクセスが良いのはもちろん、高速道路を利用すれば首都圏へのアクセスもスムーズです。交通アクセスの良い宮城県から出発するトラックのなかで、輸送量が多い輸送先ランキングTOP5の第5位は埼玉県です。宮城県から埼玉県へは3日間で約1万2759tの荷物を輸送しており、関東地方では一番多い輸送量となっています。第4位は奥羽山脈を隔てて隣接している山形県で、3日間の輸送量は1万3613tです。仙台市から山形市へは、高速道路を利用して移動時間は1時間程度となります。
第3位は3日間の輸送量が1万9599tの岩手県です。内陸部であれば東北自動車道を、沿岸部であれば三陸自動車道を利用して向かうことができます。仙台市から盛岡市までは東北自動車道を経由して約2時間強の距離です。第2位は福島県で3日間の輸送量は2万2723tとなっており、内陸部への移動は東北自動車道を、沿岸部への移動には常磐自動車道を利用します。東北自動車道を利用すると、仙台市から福島市までは約1時間で向かうことが可能です。第1位は宮城県で3日間の輸送量は23万9230tとなっています。宮城県発トラックの輸送量は、すべて合計すると3日間で37万741tなので、ほとんどの荷物は県内に輸送しているということがわかりました。
宮城県の工場のお仕事について

宮城県のドライバー専門の求人サイトならジョブコンプラスDへ!地域×ドライバー職種×給与など、こだわりからお仕事を自在に検索!キープボタンやWEB履歴書機能があるので応募もカンタン!

宮城県の工場のお役立ち情報

運んでいるものが知りたい!宮城県のトラック輸送品目ランキング

産業が盛んな宮城県!トラックによる輸送需要が高い

トラックドライバーに興味があるものの、実際にどのようなものを運ぶのか気になっている人も少なくありません。何を運んでいるのか知っておくことで、働き方をイメージしやすくなります。そこで今回は、宮城県のトラックが運んでいる品目のランキング上位をチェックしていきます。
■1位・化学工業品
宮城県は、仙台市や岩沼市などの沿岸部を中心に化学工場がたくさんあります。化学産業が盛んな地域だからこそ、安全かつ丁寧に製品を運んでくれる運送会社の需要が高いといえます。化学物質を取り扱う場合は、とくに運転技術が求められることを頭に入れておきましょう。
■2位・金属機械工業品
仙台市には工業団地が広がっていることもあり、金属機械工業品の輸送に関わる運送会社も豊富です。精密機器を運ぶことがメインとなるため、製品を安全に運ぶためにトラック内部も特別なつくりになっているケースが多いといえます。
■3位・鉱産品
宮城県には、生コン工場や石灰石の採石場がたくさんあります。そのため、工場や採石場に向けて決まったルートを走るトラックが多いのが特徴です。荷物を積んだり降ろしたりといった作業よりも、運転している時間が長くなる傾向にあります。
■4位・軽工業品
宮城県内で生産された軽工業品は、国内だけでなく海外に輸出されることもあります。出荷先に合わせてトラックで運ぶため、なかには長距離運転が求められる運送会社もあるでしょう。テナントに直接配送することもあるため、その場合は荷下ろしにかかる時間が多くなります。
■5位・農水産品
水産業や農業が盛んな宮城県ではありますが、他の品目に比べると少ない傾向にあります。果物や水産品は収穫時期が限られることもあり、季節によって忙しさにムラが生じることもあるでしょう。そのため、繁忙期以外は別の品目を運ぶ運送会社も少なくありません。

宮城県発トラックの輸送量ランキングTOP5

宮城県のトラックが主に荷物を運んでいる輸送先はどこ?

宮城県は4つの県と隣接している立地で、東北地方へのアクセスが良いのはもちろん、高速道路を利用すれば首都圏へのアクセスもスムーズです。交通アクセスの良い宮城県から出発するトラックのなかで、輸送量が多い輸送先ランキングTOP5の第5位は埼玉県です。宮城県から埼玉県へは3日間で約1万2759tの荷物を輸送しており、関東地方では一番多い輸送量となっています。第4位は奥羽山脈を隔てて隣接している山形県で、3日間の輸送量は1万3613tです。仙台市から山形市へは、高速道路を利用して移動時間は1時間程度となります。
第3位は3日間の輸送量が1万9599tの岩手県です。内陸部であれば東北自動車道を、沿岸部であれば三陸自動車道を利用して向かうことができます。仙台市から盛岡市までは東北自動車道を経由して約2時間強の距離です。第2位は福島県で3日間の輸送量は2万2723tとなっており、内陸部への移動は東北自動車道を、沿岸部への移動には常磐自動車道を利用します。東北自動車道を利用すると、仙台市から福島市までは約1時間で向かうことが可能です。第1位は宮城県で3日間の輸送量は23万9230tとなっています。宮城県発トラックの輸送量は、すべて合計すると3日間で37万741tなので、ほとんどの荷物は県内に輸送しているということがわかりました。
宮城県のメリット