福島県のドライバー・運転手求人(正社員・アルバイト)情報

福島県のドライバー専門の求人サイトならジョブコンプラスDへ!地域×ドライバー職種×給与など、こだわりからお仕事を自在に検索!キープボタンやWEB履歴書機能があるので応募もカンタン!

選択した条件:
福島県
絞り込み条件を変更する
追加・変更

都道府県を選択

北海道・東北
選択した条件: 条件をクリア
追加・変更
職種を選択

職種を選択

ドライバー
選択した条件: 条件をクリア
追加・変更
業種を選択

業種を選択

選択した条件: 条件をクリア
追加・変更
こだわりを選択

こだわりを選択

選択した条件: 条件をクリア
さらに詳しい条件で検索する
選択した条件: 福島県

福島県のお仕事探しQ&A

Q&A
  • Q1 福島県で「寮あり」のお仕事は何件ありますか?
  • A1 福島県では 1件 掲載中です。

  • Q2 福島県で「土日休み」のお仕事は何件ありますか?
  • A2 福島県では 0件 掲載中です。

  • Q3 福島県のお仕事の雇用形態はどのようになっていますか?
  • A3 掲載中のお仕事の雇用形態は、正社員が1件 契約社員が0件 派遣社員が0件となっています。

トラックドライバーの常識、福島県の輸送品目ランキング!

トラックで一番運ばれているのは何?福島県の輸送品目ランキング

2011年の震災以降、徐々に復興が進む福島県では、物流基盤の強化も着々と進んでいます。重要港湾とされる小名浜港や相馬港を拠点として、東西南北に走る高速道路が物流の要です。そんな福島県では、どんなものが運ばれているのでしょうか。福島県のトラック輸送品目ランキングをTOP1~5まで紹介します。1位は、「化学工業品」です。原料を化学反応によって加工して得られた物質のことを指します。石油から得られるガソリン・灯油・軽油などや、天然ガスなどの燃料系から、ガラス製品、コンクリート製品など多岐にわたります。
2位は、「鉱産品」です。石炭、鉄鉱石、原油、原塩など、主に鉱山で採掘されたものを指します。燃料の基になったり、工業用の原料になったりします。3位は、「軽工業品」です。紙、織物、製造食品、飲料、たばこなどが該当します。食品や飲料など、生活に密着したものが多い傾向です。4位は「金属機械工業品」です。建設用金属製品、自動車や電車の車両及び部品、コンピューター、プリンターなど、あらゆる金属製品を含みます。5位は「雑工業品」です。衣類、寝具、皮革製品、家具、文房具など、日用品に分類されるものが多く含まれています。いずれも、生活するうえでなくてはならないものばかりです。物流においてトラックドライバーの役割は非常に重要だといえます。あなたが運ぶものを待つ誰かのために、ハンドルを握ってみてはいかがでしょうか。

福島県発のトラック輸送量ランキングから見たドライバーの需要

福島県発のトラック輸送量ランキングから分析できるトラックドライバーの需要

福島県でトラックドライバーとして働く場合、どこに向けてどんな品物を運ぶのかを調査し分析することでドライバーの需要の傾向や持っていると有利な資格が分かります。
福島県からのトラック輸送量ランキングは1位が福島県で22万8560.2638トン、2位が宮城県で5万4198.0112トン、3位が茨城県で1万1037.9791トン、4位が埼玉県で1万0550.3284トン、5位が神奈川県で9137.531トンになっています。品目別では1位が化学工業品、2位が鉱産品、3位が軽工業品、4位が金属機械工業品、5位が雑工業品で、上位2品目の割合が他と比べて圧倒的に高いのが特徴です。また、化学工業品から金属機械工業品までは東北地方で2番目に輸送量が多く、雑工業品は東北地方で輸送量が最も多くなっています。
福島県発のトラック輸送は主として福島県と宮城県に行われています。なお、トップ5までの輸送量が全輸送量に占める割合は85%であるため、福島県のトラック輸送は大部分が県内か近県に行われていると分析可能です。
以上のことから、福島県でトラックドライバーとして働く場合、県内もしくは宮城県を始めとした近県までの輸送を行うドライバーの需要が多いと言えます。輸送を行うのは主として工業製品や鉱産品であることから大型免許やけん引免許、危険物取扱者資格を持っていると有利です。
福島県の工場のお仕事について

福島県のドライバー専門の求人サイトならジョブコンプラスDへ!地域×ドライバー職種×給与など、こだわりからお仕事を自在に検索!キープボタンやWEB履歴書機能があるので応募もカンタン!

福島県の工場のお役立ち情報

トラックドライバーの常識、福島県の輸送品目ランキング!

トラックで一番運ばれているのは何?福島県の輸送品目ランキング

2011年の震災以降、徐々に復興が進む福島県では、物流基盤の強化も着々と進んでいます。重要港湾とされる小名浜港や相馬港を拠点として、東西南北に走る高速道路が物流の要です。そんな福島県では、どんなものが運ばれているのでしょうか。福島県のトラック輸送品目ランキングをTOP1~5まで紹介します。1位は、「化学工業品」です。原料を化学反応によって加工して得られた物質のことを指します。石油から得られるガソリン・灯油・軽油などや、天然ガスなどの燃料系から、ガラス製品、コンクリート製品など多岐にわたります。
2位は、「鉱産品」です。石炭、鉄鉱石、原油、原塩など、主に鉱山で採掘されたものを指します。燃料の基になったり、工業用の原料になったりします。3位は、「軽工業品」です。紙、織物、製造食品、飲料、たばこなどが該当します。食品や飲料など、生活に密着したものが多い傾向です。4位は「金属機械工業品」です。建設用金属製品、自動車や電車の車両及び部品、コンピューター、プリンターなど、あらゆる金属製品を含みます。5位は「雑工業品」です。衣類、寝具、皮革製品、家具、文房具など、日用品に分類されるものが多く含まれています。いずれも、生活するうえでなくてはならないものばかりです。物流においてトラックドライバーの役割は非常に重要だといえます。あなたが運ぶものを待つ誰かのために、ハンドルを握ってみてはいかがでしょうか。

福島県発のトラック輸送量ランキングから見たドライバーの需要

福島県発のトラック輸送量ランキングから分析できるトラックドライバーの需要

福島県でトラックドライバーとして働く場合、どこに向けてどんな品物を運ぶのかを調査し分析することでドライバーの需要の傾向や持っていると有利な資格が分かります。
福島県からのトラック輸送量ランキングは1位が福島県で22万8560.2638トン、2位が宮城県で5万4198.0112トン、3位が茨城県で1万1037.9791トン、4位が埼玉県で1万0550.3284トン、5位が神奈川県で9137.531トンになっています。品目別では1位が化学工業品、2位が鉱産品、3位が軽工業品、4位が金属機械工業品、5位が雑工業品で、上位2品目の割合が他と比べて圧倒的に高いのが特徴です。また、化学工業品から金属機械工業品までは東北地方で2番目に輸送量が多く、雑工業品は東北地方で輸送量が最も多くなっています。
福島県発のトラック輸送は主として福島県と宮城県に行われています。なお、トップ5までの輸送量が全輸送量に占める割合は85%であるため、福島県のトラック輸送は大部分が県内か近県に行われていると分析可能です。
以上のことから、福島県でトラックドライバーとして働く場合、県内もしくは宮城県を始めとした近県までの輸送を行うドライバーの需要が多いと言えます。輸送を行うのは主として工業製品や鉱産品であることから大型免許やけん引免許、危険物取扱者資格を持っていると有利です。
福島県のメリット