タクシードライバー希望者注目!女性ドライバーのメリットとは?

タクシードライバー希望者注目!女性ドライバーのメリットとは?

  • 投稿日:2020/01/29
  • 更新日:2020/01/03

目次

    タクシードライバーといえば「男性」とのイメージがあります。また、タクシードライバーには「シニア世代」が多いかもしれません。そのようななか、女性タクシードライバーの存在が注目されるようになりました。
      
    この記事では、女性ドライバーを取り巻く背景や女性ならではの働き方などを含め、タクシードライバーに役立つ情報を紹介していきます。
      

    素朴な疑問!女性タクシードライバーは増えている?

    効率的な就職や転職活動のためには、その業界で働く年齢層や男女比率などを把握することが大切です。
      
    「賃金構造基本統計調査」(厚生労働省・国土交通省作成)によると、2014年現在、タクシードライバーで最も多い年齢層は60歳以上になっています。
      
    また「女性タクシー運転者数の推移」(全国ハイヤー・タクシー連合会調べ)では、2015年の女性タクシードライバーは2.5%(6,878人)いることがわかりました。
      
    こちらは、2013年の2.3%(6,699人)から、わずかながらも増えています。
      
      
    「女性ドライバー応援企業」認定制度の創設も注目しましょう。
      
    こちらの企業に認定されるには、雇用目標・労働環境・情報提供の3点を満たすことが条件です。
      
    それに関して、女性の就労促進などを定めた「自動車運送事業等の人材確保・育成対策」や、女性ドライバー数を約6.700人(2013年度)から約14,000人(2020年度)にすることを目指す「交通政策基本計画」などにも注目です。
      

    女性タクシードライバーに注目!その理由とは?

    ドライバーの仕事には、長距離トラックや宅配便などがあります。
      
    また、タクシードライバーのように、お客様と接する仕事から選んでもよいでしょう。
      
    人付き合いが好きな人にとって、それらの仕事は天職かもしれません。
      
    タクシードライバーはお客様個々と接する機会が多くなります。
      
    お客様にとっても、タクシーを使用することが多い人の場合はドライバーとの出会いも多くなります。
      
      
    タクシーという密室のなかで、同じ時間と空間を共有するためには、リラックスできる雰囲気が望まれます。
      
    利用時間や利用目的によっては、女性ドライバーのタクシーに安心感を抱く人もいるでしょう。
      
    実際、運転が丁寧、細かい気配りがうれしいなど、タクシー利用者側のメリットにも注目されます。
      
    また、子どもの学習塾への送迎や、産婦人科受診のときなど、女性ドライバーにお願いしたい人も少なくありません。
      
    このようなニーズの増加は、女性ドライバーにとっても大きな励みになります。
      

    タクシードライバーの働き方!女性ならではのおすすめの方法とは?

    タクシードライバーは、お客様に合わせたサービスを提供する仕事です。
      
    勤務時間はタクシー会社によって異なりますが、自分の希望に合わせて働くことができます。
      
    ちなみに、タクシードライバーの勤務体系には「昼日勤」「夜日勤」「隔勤」(隔日勤務)の3種類があります。
      
    それらのなかから、自分のライフスタイルに合わせながら、無理のない働き方を選ぶとよいでしょう。
      
      
    「昼日勤」は一般的な企業の勤務時間と同じです。
      
    そのため、小さい子どもがいる女性は、保育所を利用すると働きやすくなるでしょう。
      
    一方、「夜日勤」は夕方からの勤務になるため、家庭を持つ女性には働きにくいかもしれません。
      
    その反面、深夜に利用客がいると料金割増というメリットもあります。
      
    タクシードライバーの主流「隔勤」を選んでもよいでしょう。
      
    こちらの働き方では1日の勤務時間は長くなります。
      
    しかし、翌日が休みになるため、家族と過ごす時間を充実させることもできます。
      
    関連記事:「隔日勤務と夜勤専門はどう違う?タクシードライバーが高収入を目指すためには」
      

    希望者必見!女性タクシードライバーのための各社の取り組み

    タクシードライバーとして働くためには「二種免許」の取得が欠かせません。
      
    そのため、二の足を踏む人もいるのではないでしょうか。
      
    しかし、入社後に取得できる会社や、取得費用の補助を受けられる会社もあります。
      
    さらに、入社後の研修が充実しているため、これまでタクシードライバー未経験の人も安心です。
      
    女性のための取り組みを行っているタクシー会社には次のようなところがあります。
      
      
    ■日本交通株式会社
      
    全車に防犯カメラを設置、社内に女性専用スペースを用意することで、女性が安心して快適に働けるように工夫しています。
      
    また、女性ドライバー専用車を用意する点、育休や産休からの復帰がしやすい点などにも注目です。
      
      
    ■国際自動車株式会社(kmタクシー)
      
    2020年、1,000人の女性社員の活躍(そのうち女性タクシードライバー:680人)を目指す会社です。
      
    防犯面の強化はもちろん、制度改革、女性専用休憩室などの設置も行っています。
      
    また、入社前には女性スタッフに話を聞いたり、1対1で相談したりすることもできます。
      
      
    ■日の丸交通株式会社
      
    家庭と両立するためには、週休2日、昼勤務のみを選ぶ方法があります。
      
    こちらの会社ではヤクルト保育園との提携もあり、子育て中の女性も安心です。
      
    配属後1年間月給23万円保障、防犯対策や女性用更衣室の準備、女性教官在籍なども見逃せません。
      

    女性タクシードライバーには需要やメリットが多い!自分に合ったタクシー会社で働こう!

    タクシー利用客のなかには、女性ドライバーを希望する人が少なくありません。
      
    また、女性ドライバーの雇用に力を入れるタクシー会社も多く、これまで経験がない人も安心して働けます。
      
    ライフスタイルに合わせて勤務できることもメリットの一つです。
      
    タクシードライバーの仕事に興味のある人は、自分に合ったタクシー会社を探して、新たな人生をスタートしてはいかがでしょうか。
      

      
    ▼他の記事をチェックしたい方はこちら!
      
    関連記事:「タクシードライバーの平均収入と取り分はどれくらいあるのか」
      
    関連記事:「タクシードライバーの仕事内容や年収は?タクシーの運転手について気になることを総まとめ!」
      
    関連記事:「大手4社をピックアップ!タクシードライバーの給与や待遇は?」
      
      
    ▼お仕事を探したい方はこちら!
      
    タクシードライバーの求人をチェック

    合わせて読みたい関連記事

    「職種・免許ガイド」カテゴリの人気記事ランキング

    ドライバーマガジンカテゴリ

    ジョブコンプラスDで求人検索!

    運営者

    ドライバーマガジン編集部
    ドライバーマガジンは、トラック、タクシー、バスなどドライバーのお仕事に携わる方向けの情報メディアです。 ドライバーの職種の違いや免許の取得方法、職種別の年収情報など、お仕事を始めるために必要な情報から、タクシードライバーとして稼ぐコツなど、ドライバーのお仕事をしたいと思ったあなたが必要としている情報を届けます!是非ご覧ください!

    ジョブコンプラスD

    ドライバー・運転手のお仕事いっぱい!

    • 正社員
    • 未経験
      OK
    • 高収入

    ジョブコンプラスD

    まずは会員登録!

    • 最新のお仕事情報をメールでお届け!
    • 入力なしでカンタンに応募ができる!
    • 履歴書作成ができる!証明写真も簡単!

    会員登録(無料)

    じょぶコン吉

    キャンペーン

    ジョブコンプラス専門サイト

    PAGE TOP