タクシー運転手に必要な資格・普通自動車二種免許について

タクシー運転手に必要な資格・普通自動車二種免許について

  • 投稿日:2020/01/27
  • 更新日:2020/01/03

目次

    街中でよく見かけるタクシーですが、タクシー運転手は希望すれば誰でも無条件になれるわけではありません。自動車を運転するためには普通自動車一種免許が必要です。タクシーも自動車ですので一種免許があれば運転手になれると思いがちですが、タクシー運転手になるためには普通自動車二種免許が必要となります。
      
    ここでは普通自動車二種免許について紹介していきます。
      

    普通自動車二種免許の概要と受験資格

    普通自動車一種免許は自家用車などを運転するのに必要な免許です。
      
    これに対し普通自動車二種免許はタクシーなど、職業として乗客を車に乗せて運び金銭を受け取る場合に必要な免許となります。
      
    一種免許に車両の大きさなどによって中型や大型免許があるように、二種免許にも中型や大型があります。
      
    タクシーは普通自動車ですので、普通自動車二種免許が必要です。
      
    バスは中型や大型自動車となりますので、バスの運転手になるには中型自動車二種免許や大型自動車二種免許が必要となります。
      
      
    普通自動車二種免許の受験資格は、まず満21歳以上であることです。
      
    したがって高校卒業と同時にタクシー運転手になることはできません。
      
    次に、一種免許を取得してから3年以上が経過していることが条件です。
      
    違反などで免許の停止などがあった場合は、その停止されていた期間は除いた3年となります。
      
    また、一種免許が視力両目0.7以上片目0.3以上に対して、二種免許の視力は両目0.8以上片目0.5以上と厳しくなっており、さらには立体感を測る視力検査もおこなわれます。
      
    関連記事:「普通自動車第二種とは」
      

    法人タクシーと個人タクシーって必要な資格は違うの?

    タクシーには法人タクシーと個人タクシーがあります。
      
    法人タクシーとは簡単にいうとタクシー会社に雇われたタクシー運転手です。
      
    対して個人タクシーは自らが所有しているタクシーで個人営業をします。
      
    法人タクシーも個人タクシーも取得する資格は同じです。
      
    どちらも普通自動車二種免許を取得し、東京や神奈川など一部の地域では地理試験の合格が必要となります。
      
      
    しかし、個人タクシーとして運転手になるには、例えば35歳未満の場合は二種免許を取得し、同じ法人で10年以上のタクシー運転手の経験と10年間の無事故無違反が条件となります。
      
    それ以外の年齢でもこれと似た条件です。
      
    運転を専門とした職業10年以上の経験などが必要となります。
      
    個人タクシーの開業には運転手としての豊富な経験と、運転能力などが必要となるのです。
      
    関連記事:「法人タクシーと個人タクシーの違いにはどんなものがあるの?」
      

    普通自動車二種免許の試験内容ってどんな感じ?

    普通自動車二種免許の試験は大きく学科試験と技能試験、講習の3つに分けられます。
      
    学科試験はマークシート式で、文章問題90問とイラスト問題5問の計95問の試験です。
      
    文章問題が1問1点、イラスト問題が1問2点の合計100点満点の試験となっており、90点以上で合格です。
      
    技能試験は指定の自動車教習所内での試験と路上試験があり、両方に合格する必要があります。
      
    教習所内の試験では主にV字型の鋭角コースの旋回や方向転換、縦列駐車などがおこなわれます。
      
    V字型の鋭角コースでは車両感覚が重要で、タイヤの位置をしっかりと把握していることが大切です。
      
    切り返しの際にタイヤを縁石にぶつけたり乗り上げたりしてはいけません。
      
      
    路上試験ではお客を乗せているタクシー運転手を想定しての試験です。
      
    例えば、決められたコースの中で試験官が突然「あそこに見えるバス停で車を停めてください」などと指示します。
      
    ちなみにこの場合はバス停から10m以上手前か先に停めるのが正解です。
      
    なぜなら営業運行中のバス停から半径10m以内は駐停車禁止だからです。
      
    最後に講習ですが、これは学科試験と技能試験に合格したあと受けます。
      
    内容は応急救護処置講習と旅客者講習となっています。
      

    普通自動車二種免許の難易度は?合格率はどのくらい?

    普通自動車二種免許は普通自動車一種免許のワンランク上の資格となりますので、その試験も一種免許より難易度が上がります。
      
    学科試験の合格ラインは一種免許も二種免許も90点以上ですが、問題内容のランクが上がり難しくなるのです。
      
    実技試験は一種に比べて問題数や難易度が格段に上がります。
      
    合格率は学科試験の場合はポイントを押さえて学んでいれば、ほとんどの人が合格します。
      
    しかし、実技試験となると難易度が急に上がり、合格率は10%から20%です。
      
    ましてや1発合格に限ると合格率は10%以下となり、多くの人が苦戦しています。
      

    普通自動車二種免許を取得してタクシー運転手になろう!

    普通自動車二種免許を取得するのは、一種免許に比べると難易度が上がり合格率も低くなります。
      
    しかし、二種免許を取得しタクシー運転手になると、人の命を預かることになりますので難易度が高いのも納得ですね。
      
    また、お客さんが自分の運転するタクシーに乗ってリラックスし、喜ぶ声を聞いたときはタクシー運転手としてやりがいを感じます。
      
    二種免許を取得して、タクシーの運転手を目指してみてはいかがでしょうか。
      

      
    ▼他の記事をチェックしたい方はこちら!
      
    関連記事:「転職活動で失敗しないためには!タクシードライバーの転職で大切なこと」
      
    関連記事:「タクシードライバーの仕事内容や年収は?タクシーの運転手について気になることを総まとめ!」
      
    関連記事:「大手4社をピックアップ!タクシードライバーの給与や待遇は?」
      
      
    ▼お仕事を探したい方はこちら!
      
    タクシードライバーの求人をチェック

    合わせて読みたい関連記事

    「職種・免許ガイド」カテゴリの人気記事ランキング

    ドライバーマガジンカテゴリ

    ジョブコンプラスDで求人検索!

    運営者

    ドライバーマガジン編集部
    ドライバーマガジンは、トラック、タクシー、バスなどドライバーのお仕事に携わる方向けの情報メディアです。 ドライバーの職種の違いや免許の取得方法、職種別の年収情報など、お仕事を始めるために必要な情報から、タクシードライバーとして稼ぐコツなど、ドライバーのお仕事をしたいと思ったあなたが必要としている情報を届けます!是非ご覧ください!

    ジョブコンプラスD

    ドライバー・運転手のお仕事いっぱい!

    • 正社員
    • 未経験
      OK
    • 高収入

    ジョブコンプラスD

    まずは会員登録!

    • 最新のお仕事情報をメールでお届け!
    • 入力なしでカンタンに応募ができる!
    • 履歴書作成ができる!証明写真も簡単!

    会員登録(無料)

    じょぶコン吉

    キャンペーン

    ジョブコンプラス専門サイト

    PAGE TOP