トラックドライバーの将来性とは?今後、長く続けて安泰な仕事?

トラックドライバーの将来性とは?今後、長く続けて安泰な仕事?

  • 投稿日:2017/10/27
  • 更新日:2020/07/21

目次

    トラックドライバーはスケジュールに合わせて大型車で荷物を運ぶ、非常に責任重大な仕事です。そのぶん、やりがいを感じながら業務にあたれるでしょう。しかし、いかなる仕事でも就職前に気になるのは「将来性」です。
      
    トラックドライバーの場合、業界の見通しや健康面の問題などで「長く続けられる仕事かどうか」不安に思っている人もいるでしょう。
      
    ここでは、運送業界の将来性を考えながらトラックドライバーを長期的に勤めるコツをまとめました。
      

    トラックドライバーでキャリアアップは見込めるか

    トラックドライバーは「長く勤めていてもキャリアアップが見込めない」という先入観を持たれがちです。
      
    しかし、「長く勤めているだけでは収入が増えない」というのは他の業種にもあてはまることですし、とりたててトラックドライバーの将来性がない理由にはできないでしょう。
      
    むしろ、仕事探しをしている段階や、入社して間もない時期から将来に備え、有利な資格を取得しておくとキャリアアップへとつながります。
      

    たとえば、中型免許だけでなく大型免許も取得しておくと任せられる仕事の数は増えます。
      
    危険物取扱者資格も仕事の幅を増やすでしょう。
      
    ある程度のキャリアを重ねた後では、運行管理者資格を取得するのがおすすめです。
      
    なぜなら、やがて管理職に任命される可能性が高まる資格だからです。
      

    トラックドライバーは「過酷な仕事」なのか

    仕事探しをしている人がトラックドライバーへの志望を躊躇するのは、「過酷な仕事」というイメージがあるからではないでしょうか。
      
    確かに、トラックドライバーは納期通りに荷物を届けなければいけない仕事であり、深夜や早朝勤務も珍しくありません。
      
    ネットショッピングなどで「即日郵送」サービスなども増え、運送業にはさらなる効率化が求められています。
      

    しかし、トラックドライバーの優先事項は「安全運転」であり、そのために各社は睡眠時間の確保などを義務づけています。
      
    疲労困ぱいのドライバーが連勤にならないよう、シフトにも注意が払われています。
      
    ドライバーの残業が問題になった大きな事例もあり、今後、労働環境はますます改善していくでしょう。
      
    ドライバーの求人ならジョブコンプラスD

      

    テクノロジーとトラックドライバーの関係性

    人工知能などのテクノロジーが人間の仕事を奪うという言説が多くなり、トラックドライバーの将来性を危惧する声も聞かれます。
      
    自動運転機能が発達すれば、ドライバーを雇わなくても長時間の走行は可能になるのかもしれません。
      
    しかし、現実問題として自動運転機能が「渋滞」や「車線変更」などのハードルをクリアできるかは未知数です。
      
    また、万が一コンピュータにトラブルが起こったとき、大惨事につながる危険性も議論されています。
      
    まだまだ自動運転機能がトラックドライバーの現場を奪うには時間がかかるといえるでしょう。
      
    たとえ自動運転機能が本格的に導入されたとしても、すべてのトラックドライバーがすぐに雇用機会を失うわけではないのです。
      

    トラックドライバーで長く活躍するための心得

    何もしなくても安泰な仕事などなく、トラックドライバーも長期的に活躍したいなら日々の向上心が大切です。
      
    資格や新たな技術取得を目指すのもいいでしょう。
      
    また、ドライバーは一人きりで仕事をしている時間が多くなりがちですが、できるかぎり同僚とのコミュニケーションを大切にするのも上層部へのアピールとなります。
      
    強調性のある人間は管理職を探すにあたって大切な条件だからです。
      
    将来性のためには、体調管理も重要でしょう。
      
    腰痛などの症状を避けるため、走行中はクッションを敷いたり休憩中にストレッチをしたりするなどの工夫が求められます。
      
    そして、仕事探しをしている人は「独立開業」を目指して就職先を選ぶのもおすすめです。
      
    しばらくは運送ルートやマニュアル、人脈形成のための準備期間だと思って業務にあたりましょう。
      
    そして、開業資金がたまってから自分で事業主になると大きなキャリアアップになります。
      
    現状に甘んじることなく、未来の自分をイメージするとトラックドライバーとして成功できるでしょう。
      

    ▼他の記事をチェックしたい方はこちら!

    ドライバーに大切な健康管理!どのような心掛けが必要?

    ドライバーの仕事は腰痛になる?身体のケアと予防が重要

    重要視されるタクシードライバーの健康診断!その理由とは

    ▼お仕事を探したい方はこちら!

    ドライバーの求人を探す

    合わせて読みたい関連記事

    「仕事FAQ」カテゴリの人気記事ランキング

    ドライバーマガジンカテゴリ

    ジョブコンプラスDで求人検索!

    運営者

    ドライバーマガジン編集部
    ドライバーマガジンは、トラック、タクシー、バスなどドライバーのお仕事に携わる方向けの情報メディアです。 ドライバーの職種の違いや免許の取得方法、職種別の年収情報など、お仕事を始めるために必要な情報から、タクシードライバーとして稼ぐコツなど、ドライバーのお仕事をしたいと思ったあなたが必要としている情報を届けます!是非ご覧ください!

    ジョブコンプラスD

    ドライバー・運転手のお仕事いっぱい!

    • 正社員
    • 未経験
      OK
    • 高収入

    ジョブコンプラスD

    まずは会員登録!

    • 最新のお仕事情報をメールでお届け!
    • あなたを採用したい企業からスカウトが届く!
    • 履歴書作成ができる!証明写真も簡単!

    会員登録(無料)

    じょぶコン吉

    キャンペーン

    ジョブコンプラス専門サイト

    PAGE TOP