広島県のドライバー・運転手求人(正社員・アルバイト)情報

広島県のドライバー専門の求人サイトならジョブコンプラスDへ!地域×ドライバー職種×給与など、こだわりからお仕事を自在に検索!キープボタンやWEB履歴書機能があるので応募もカンタン!

選択した条件:
広島県
絞り込み条件を変更する
追加・変更

都道府県を選択

中国・四国
選択した条件: 条件をクリア
追加・変更
職種を選択

職種を選択

ドライバー
選択した条件: 条件をクリア
追加・変更
業種を選択

業種を選択

選択した条件: 条件をクリア
追加・変更
こだわりを選択

こだわりを選択

選択した条件: 条件をクリア
さらに詳しい条件で検索する
選択した条件: 広島県

広島県のお仕事探しQ&A

Q&A
  • Q1 広島県で「寮あり」のお仕事は何件ありますか?
  • A1 広島県では 0件 掲載中です。

  • Q2 広島県で「土日休み」のお仕事は何件ありますか?
  • A2 広島県では 1件 掲載中です。

  • Q3 広島県のお仕事の雇用形態はどのようになっていますか?
  • A3 掲載中のお仕事の雇用形態は、正社員が1件 契約社員が0件 派遣社員が0件となっています。

広島県のトラック輸送品目ランキングトップ5

広島県のトラック輸送品目ランキングトップ5の解説

広島県からトラックで輸送する品目ランキングのトップ5について解説します。国土交通省の調べによると、ランキングの1位は金属機械工業品で年間出荷量は1130万7103トンです。2位が化学工業品で736万9432トン、3位が鉱産品で456万3798トン、4位が軽工業品で350万9693トン、5位が林産品で100万2517トンです。
広島から輸送する品目は、圧倒的に金属機械工業品が多い傾向があります。これは広島に自動車メーカーマツダの本社があるためです。マツダでは本社の敷地内に工場があり車両の組み立てを行っていることから自動車関連の品目が多くなっているためです。具体的には自動車部品、自動車用機関(ガソリン機関、ディーゼル機関、電動機、部品)などが主な品目分類になります。2位の化学工業品の中には、セメント、ガラス製品、陶磁器や化学薬品などが含まれます。3位の鉱産品の主な品目は石炭、金属鉱、石材などです。4位の軽工業品の中には紙、パルプ、食品、飲料などが入ります。5位の林産品の主な品目は原木、製材、樹脂類などになります。
広島からの主な輸送先ですが、自動車関連部品メーカーの多い広島県(1位)、岡山県(2位)などの近隣に加え、同じく自動車関連の部品メーカーが集結する愛知県が3位にランクインしています。

広島県から出発するトラックの輸送量ランキング

中国地方または九州地方への輸送量が多い

広島県から出発しているトラックの輸送量ランキングで第1位の目的地は広島県です。トラックは船舶や航空機といった他の輸送手段と比べると、小回りが利きます。そのため、近距離での輸送手段にも最適です。やはり他の都道府県に到着するトラックよりも同じ都道府県を目的地とするトラックの数が多い結果になっているといえます。広島県から出発するトラックの目的地として第2位となっているのは岡山県です。岡山県は広島県に隣接する県のなかでは最も人口が多い地域であり、広島県に近い倉敷市にある水島エリアは重工業が盛んな地域として有名です。そのため、多くのトラックが行き来してさまざまな製品の輸送を行っています。
第3位にランクインしたのは、上位5位までのなかで最も遠い距離になる愛知県です。広島県と愛知県の間にある共通点は、いずれもマツダやトヨタといった世界的に有名な自動車メーカーの本社があることです。実際に広島県内の品目別輸送量データでは自動車製品を含む金属機械工業品が第1位となっています。また、愛知県内の金属機械工業品は化学工業品に次いで第2位ですが、全国でも屈指の輸送量を誇っています。つまり、広島県と愛知県の間で自動車製造に関する部品などの輸送が盛んに行われているのでしょう。
広島県から出発しているトラックの目的地の第4位になったのは、広島県に隣接する山口県です。広島から山口までは山陽自動車道が開通しており、交通の便が良いという利点があります。また、第5位にランクインした福岡は九州地方最大の人口を誇る県です。広島からは山陽自動車道を走れば関門海峡を経由して高速道路を下りずにアクセスできるので、トラックでの輸送が盛んなようです。
広島県の工場のお仕事について

広島県のドライバー専門の求人サイトならジョブコンプラスDへ!地域×ドライバー職種×給与など、こだわりからお仕事を自在に検索!キープボタンやWEB履歴書機能があるので応募もカンタン!

広島県の工場のお役立ち情報

広島県のトラック輸送品目ランキングトップ5

広島県のトラック輸送品目ランキングトップ5の解説

広島県からトラックで輸送する品目ランキングのトップ5について解説します。国土交通省の調べによると、ランキングの1位は金属機械工業品で年間出荷量は1130万7103トンです。2位が化学工業品で736万9432トン、3位が鉱産品で456万3798トン、4位が軽工業品で350万9693トン、5位が林産品で100万2517トンです。
広島から輸送する品目は、圧倒的に金属機械工業品が多い傾向があります。これは広島に自動車メーカーマツダの本社があるためです。マツダでは本社の敷地内に工場があり車両の組み立てを行っていることから自動車関連の品目が多くなっているためです。具体的には自動車部品、自動車用機関(ガソリン機関、ディーゼル機関、電動機、部品)などが主な品目分類になります。2位の化学工業品の中には、セメント、ガラス製品、陶磁器や化学薬品などが含まれます。3位の鉱産品の主な品目は石炭、金属鉱、石材などです。4位の軽工業品の中には紙、パルプ、食品、飲料などが入ります。5位の林産品の主な品目は原木、製材、樹脂類などになります。
広島からの主な輸送先ですが、自動車関連部品メーカーの多い広島県(1位)、岡山県(2位)などの近隣に加え、同じく自動車関連の部品メーカーが集結する愛知県が3位にランクインしています。

広島県から出発するトラックの輸送量ランキング

中国地方または九州地方への輸送量が多い

広島県から出発しているトラックの輸送量ランキングで第1位の目的地は広島県です。トラックは船舶や航空機といった他の輸送手段と比べると、小回りが利きます。そのため、近距離での輸送手段にも最適です。やはり他の都道府県に到着するトラックよりも同じ都道府県を目的地とするトラックの数が多い結果になっているといえます。広島県から出発するトラックの目的地として第2位となっているのは岡山県です。岡山県は広島県に隣接する県のなかでは最も人口が多い地域であり、広島県に近い倉敷市にある水島エリアは重工業が盛んな地域として有名です。そのため、多くのトラックが行き来してさまざまな製品の輸送を行っています。
第3位にランクインしたのは、上位5位までのなかで最も遠い距離になる愛知県です。広島県と愛知県の間にある共通点は、いずれもマツダやトヨタといった世界的に有名な自動車メーカーの本社があることです。実際に広島県内の品目別輸送量データでは自動車製品を含む金属機械工業品が第1位となっています。また、愛知県内の金属機械工業品は化学工業品に次いで第2位ですが、全国でも屈指の輸送量を誇っています。つまり、広島県と愛知県の間で自動車製造に関する部品などの輸送が盛んに行われているのでしょう。
広島県から出発しているトラックの目的地の第4位になったのは、広島県に隣接する山口県です。広島から山口までは山陽自動車道が開通しており、交通の便が良いという利点があります。また、第5位にランクインした福岡は九州地方最大の人口を誇る県です。広島からは山陽自動車道を走れば関門海峡を経由して高速道路を下りずにアクセスできるので、トラックでの輸送が盛んなようです。
広島県のメリット