九州・沖縄の塗装の求人(正社員・契約社員・派遣)仕事探し情報

ボタン1発で簡単検索!九州・沖縄で塗装の工場・製造業の求人のお仕事探しならジョブコンプラス!寮完備・高収入・未経験・前払いなど条件豊富な求人からお仕事を探しましょう!
自動車や建築機械などの塗装を行う工場では、塗装作業とその補助作業の2種類の求人があります。役割を分担したチームで作業を行う工場も多く、作業は専ら立ち仕事なので体力に自信があるのが望ましいです。なお、一連の作業は熟練した技術を持った経験者が優遇されますが、補助業務は未経験者でも採用している工場は多いです。工場での作業で腕を磨き、職人を目指す方もいることでしょう。また、補助業務でも高額な報酬を期待できますが、塗装業務だと技術手当てがつくところもあるので半年に500万円稼ぐことができる工場もあります。なお、工場勤務は繁忙期にもよりますが工場が稼働しない土日祝を休めることが多く、残業をすることも滅多にありません。

選択した条件:
塗装
絞り込み条件を変更する
追加・変更

都道府県を選択

九州・沖縄
選択した条件: 条件をクリア
追加・変更

職種を選択

工場・製造業
ドライバー
警備
選択した条件: 条件をクリア
追加・変更
業種を選択

業種を選択

選択した条件: 条件をクリア
追加・変更
こだわりを選択

こだわりを選択

選択した条件: 条件をクリア
さらに詳しい条件で検索する
選択した条件: 塗装
4件中 1~4件表示
4件中 1~4件表示

塗装のお仕事探しQ&A

Q&A
  • Q1 九州・沖縄の塗装で「寮費無料」のお仕事は何件ありますか?
  • A1 九州・沖縄の塗装では 1件 掲載中です。

  • Q2 九州・沖縄の塗装で「日勤土日休み」のお仕事は何件ありますか?
  • A2 九州・沖縄の塗装では 0件 掲載中です。

  • Q3 九州・沖縄の塗装のお仕事の雇用形態はどのようになっていますか?
  • A3 掲載中のお仕事の雇用形態は、正社員が2件 契約社員が2件 派遣社員が0件となっています。

寮完備の工場塗装求人で自分を磨き、市場価値を高める

塗装の仕事は奥が深い

塗装の仕事と聞くと色のついたペンキなどをハケで塗るだけの簡単なイメージがあるかもしれませんが、実際はそんなに簡単で単純な作業ではありません。建築物や商品にペンキや仕上げ材を塗る作業、その作業は奥が深いのです。建築物や商品に塗る作業と言っても、塗装をする対象物の材質や特徴は様々です。その材質や特徴に合わせて塗料や塗り方を変える必要があるため、塗料や材質に対する知識をしっかりと身に着ける必要があります。そのため、しっかりと勉強をして経験を積むことで自分自身の技術を高め、活躍の場を広げていくことのできる職種なのです。見習いの間は雑用をハードにこなす時期もありますが、そういった環境に身を置くことで自分自身を鍛えることができ、その経験は将来の糧になります。

コツコツと積み重ねた先に年収がアップするやりがい

塗装の求人には寮が完備されているものが多くあります。手に職をつける職種のため、初めの見習い期間は年収が200万円から250万円ぐらいからスタートすることが多いようです。寮住まいをしながら自分の腕をしっかりと磨いていくことで徐々に活躍の場が増え、必要とされる存在になると年収もそれに伴って上がっていきます。その他にも、資格を取得することで年収を上げることができます。塗装技能士などの資格を取得すれば、別途資格手当が支給されることもあるため勉強も欠かさず行うことが重要です。コツコツと勉強や経験を積み重ねることで自分自身の技術や市場価値を高め、それが年収アップにもつながるため非常にやりがいのあるお仕事です。
塗装の工場のお仕事について

ボタン1発で簡単検索!九州・沖縄で塗装の工場・製造業の求人のお仕事探しならジョブコンプラス!寮完備・高収入・未経験・前払いなど条件豊富な求人からお仕事を探しましょう!
自動車や建築機械などの塗装を行う工場では、塗装作業とその補助作業の2種類の求人があります。役割を分担したチームで作業を行う工場も多く、作業は専ら立ち仕事なので体力に自信があるのが望ましいです。なお、一連の作業は熟練した技術を持った経験者が優遇されますが、補助業務は未経験者でも採用している工場は多いです。工場での作業で腕を磨き、職人を目指す方もいることでしょう。また、補助業務でも高額な報酬を期待できますが、塗装業務だと技術手当てがつくところもあるので半年に500万円稼ぐことができる工場もあります。なお、工場勤務は繁忙期にもよりますが工場が稼働しない土日祝を休めることが多く、残業をすることも滅多にありません。

塗装の工場のお役立ち情報

寮完備の工場塗装求人で自分を磨き、市場価値を高める

塗装の仕事は奥が深い

塗装の仕事と聞くと色のついたペンキなどをハケで塗るだけの簡単なイメージがあるかもしれませんが、実際はそんなに簡単で単純な作業ではありません。建築物や商品にペンキや仕上げ材を塗る作業、その作業は奥が深いのです。建築物や商品に塗る作業と言っても、塗装をする対象物の材質や特徴は様々です。その材質や特徴に合わせて塗料や塗り方を変える必要があるため、塗料や材質に対する知識をしっかりと身に着ける必要があります。そのため、しっかりと勉強をして経験を積むことで自分自身の技術を高め、活躍の場を広げていくことのできる職種なのです。見習いの間は雑用をハードにこなす時期もありますが、そういった環境に身を置くことで自分自身を鍛えることができ、その経験は将来の糧になります。

コツコツと積み重ねた先に年収がアップするやりがい

塗装の求人には寮が完備されているものが多くあります。手に職をつける職種のため、初めの見習い期間は年収が200万円から250万円ぐらいからスタートすることが多いようです。寮住まいをしながら自分の腕をしっかりと磨いていくことで徐々に活躍の場が増え、必要とされる存在になると年収もそれに伴って上がっていきます。その他にも、資格を取得することで年収を上げることができます。塗装技能士などの資格を取得すれば、別途資格手当が支給されることもあるため勉強も欠かさず行うことが重要です。コツコツと勉強や経験を積み重ねることで自分自身の技術や市場価値を高め、それが年収アップにもつながるため非常にやりがいのあるお仕事です。