鹿児島県の工場 求人(正社員・契約社員・派遣)仕事探し情報

鹿児島県の工場・製造業の求人のお仕事探しならジョブコンプラス!寮費無料・高収入・履歴書不要・電話面接OKなど豊富なこだわり条件からあなたの条件にあった求人がすぐ見つかる!キープボタンやWEB履歴書機能があるので応募もカンタン!

選択した条件:
鹿児島県
絞り込み条件を変更する
追加・変更
鹿児島県内でさらにエリアを選ぶ 全てチェック



都道府県を選択

北海道・東北
関東
北陸・甲信越
東海
関西
中国・四国
九州・沖縄
選択した条件: 条件をクリア
追加・変更
職種を選択

職種を選択

工場・製造業
ドライバー
警備
選択した条件: 条件をクリア
追加・変更
業種を選択

業種を選択

選択した条件: 条件をクリア
追加・変更
こだわりを選択

こだわりを選択

選択した条件: 条件をクリア
さらに詳しい条件で検索する
選択した条件: 鹿児島県
10件中 1~10件表示
10件中 1~10件表示

鹿児島県のお仕事探しQ&A

Q&A
  • Q1 鹿児島県で「寮費無料」のお仕事は何件ありますか?
  • A1 鹿児島県では 6件 掲載中です。

  • Q2 鹿児島県で「日勤土日休み」のお仕事は何件ありますか?
  • A2 鹿児島県では 0件 掲載中です。

  • Q3 鹿児島県のお仕事の雇用形態はどのようになっていますか?
  • A3 掲載中のお仕事の雇用形態は、正社員が0件 契約社員が5件 派遣社員が5件となっています。

鹿児島県のお仕事探しQ&A

Q&A
  • Q1 鹿児島県で「寮費無料」のお仕事は何件ありますか?
  • A1 鹿児島県では 6件 掲載中です。

  • Q2 鹿児島県で「日勤土日休み」のお仕事は何件ありますか?
  • A2 鹿児島県では 0件 掲載中です。

  • Q3 鹿児島県のお仕事の雇用形態はどのようになっていますか?
  • A3 掲載中のお仕事の雇用形態は、正社員が0件 契約社員が5件 派遣社員が5件となっています。

鹿児島県のお仕事探し人気ランキング

人気職種ランキング

鹿児島県は九州にある自然豊かで観光地としても人気のエリアです。緑豊かで多くの観光客が訪れる屋久島があることでも知られています。奄美料理や薩摩料理などのおいしいグルメやおみやげにぴったりの黒糖焼酎も人気です。サツマイモやサヤインゲンなどの野菜の生産や出荷が盛んで農業を営む人も多く見られます。健康維持に欠かせない医療施設や子どもの教育に必要な学校施設も充実しているのが特徴です。温帯と亜熱帯の気候で夏は真夏日になることが多く見られます。

鹿児島県で人気の職種は1位が「組立・組付け」となっています。2位は「検査」、3位は「機械OP・重機OP」で、いずれも工場に関わるお仕事がランクインしているのが特徴です。鹿児島県のブルーワーカーの需要が高い理由としては、車の部品や携帯電話のパーツを製造する工場や食品工場が多いことが挙げられます。組立・組付けはラインで流れてくる製品を組立てていくお仕事です。2位の検査では、組立・組付けが終わった製品に不具合がないかどうかを確かめていきます。機械や重機のオペレーター業務は、機械の操作を担当するお仕事で勤務先によって操作の難しさは異なるため、事前に確認しておくことが大切です。ブルーワーカーに対する求人が多いため、作業内容を比較しながら自分に合ったお仕事を探すことができます。

人気エリアランキング

鹿児島県で最も求人が多い町は鹿児島市です。このエリアは14世紀ごろに島津氏が進出し、室町時代から江戸時代にかけて島津氏の下発展してきました。現在も鹿児島県の県庁所在地が置かれ、県人口の約3割を抱える大きな街です。市内には桜島や西郷隆盛の銅像、異人館といった観光スポットが多く、天文館という大きな繁華街もあって商業が盛んです。特に北東部の「上町」と呼ばれる地区は500年以上続く歴史がある商業エリアで、商業施設や商店街が多くあります。加えて、製造業の中小企業を市がバックアップする施策を行っており、工場の求人も多数あります。具体的には自動車の組み立てや電子機器のオペレーター、あるいは医療品の取り扱いといった仕事です。寮費や水道光熱費無料の会社もあり、採用が決まればすぐにでも働けるでしょう。続いて求人が多いのは北部の内陸エリア、鹿児島県の町村で最大の人口を誇る薩摩郡さつま町です。周囲を山々に囲まれたさつま町は自然が豊かで、農業と林業が盛んです。それだけではなく、電子部品の製造メーカーの本社やセラミックメーカーの工場が置かれています。自動車部品の検査や仕分け、運搬などの求人があり、未経験でも応募を受け付けています。

鹿児島県のお仕事探し人気ランキング

人気職種ランキング

鹿児島県は九州にある自然豊かで観光地としても人気のエリアです。緑豊かで多くの観光客が訪れる屋久島があることでも知られています。奄美料理や薩摩料理などのおいしいグルメやおみやげにぴったりの黒糖焼酎も人気です。サツマイモやサヤインゲンなどの野菜の生産や出荷が盛んで農業を営む人も多く見られます。健康維持に欠かせない医療施設や子どもの教育に必要な学校施設も充実しているのが特徴です。温帯と亜熱帯の気候で夏は真夏日になることが多く見られます。

鹿児島県で人気の職種は1位が「組立・組付け」となっています。2位は「検査」、3位は「機械OP・重機OP」で、いずれも工場に関わるお仕事がランクインしているのが特徴です。鹿児島県のブルーワーカーの需要が高い理由としては、車の部品や携帯電話のパーツを製造する工場や食品工場が多いことが挙げられます。組立・組付けはラインで流れてくる製品を組立てていくお仕事です。2位の検査では、組立・組付けが終わった製品に不具合がないかどうかを確かめていきます。機械や重機のオペレーター業務は、機械の操作を担当するお仕事で勤務先によって操作の難しさは異なるため、事前に確認しておくことが大切です。ブルーワーカーに対する求人が多いため、作業内容を比較しながら自分に合ったお仕事を探すことができます。

人気エリアランキング

鹿児島県で最も求人が多い町は鹿児島市です。このエリアは14世紀ごろに島津氏が進出し、室町時代から江戸時代にかけて島津氏の下発展してきました。現在も鹿児島県の県庁所在地が置かれ、県人口の約3割を抱える大きな街です。市内には桜島や西郷隆盛の銅像、異人館といった観光スポットが多く、天文館という大きな繁華街もあって商業が盛んです。特に北東部の「上町」と呼ばれる地区は500年以上続く歴史がある商業エリアで、商業施設や商店街が多くあります。加えて、製造業の中小企業を市がバックアップする施策を行っており、工場の求人も多数あります。具体的には自動車の組み立てや電子機器のオペレーター、あるいは医療品の取り扱いといった仕事です。寮費や水道光熱費無料の会社もあり、採用が決まればすぐにでも働けるでしょう。続いて求人が多いのは北部の内陸エリア、鹿児島県の町村で最大の人口を誇る薩摩郡さつま町です。周囲を山々に囲まれたさつま町は自然が豊かで、農業と林業が盛んです。それだけではなく、電子部品の製造メーカーの本社やセラミックメーカーの工場が置かれています。自動車部品の検査や仕分け、運搬などの求人があり、未経験でも応募を受け付けています。

鹿児島県は、九州南部に位置し、離島が点在しています。ご当地グルメには、温たまらん丼があります。観光スポットには、城山、仙巌園(磯庭園)、マンゴーの森・パッションフルーツの森、桜島が人気です。
県内には、多数の酒造工場が所在し、特に焼酎の醸造が非常に盛んです。その歴史は、非常に古く、400年以上昔から醸造が行われていと推測されています。大口市に位置し、鎌倉時代に建立されたと推測されている郡山八幡神社より発見された木札に、「1559年、社殿の普請にあたった宮大工が座主が一度も焼酎を呑ませてくれなかった」という不満が記されていたことに起因しています。また、1600年代後半、中南米原産のサツマイモが鹿児島へと伝来しており、火山灰に覆われた特殊な農地形態と温暖な気候環境がサツマイモの育成環境に好ましかったことから、サツマイモの栽培、芋焼酎の醸造が県内各地で行われるようになり、現在も定着しています。
一方、全国的に有名な銘酒の一つとなっている奄美の黒糖焼酎は、琉球王朝時代に飲用されていた蒸留酒に端を発しています。歴史上の具体的な記述は、1850年代に薩摩藩士によって記された南糖雑話で初めて登場しており、黒糖焼酎の原形とおぼしきサトウキビの絞り汁を用いた留汁焼酎について記されています。江戸、明治時代の奄美島では、焼酎や味噌、醤油を自家作りする習慣がありましたが、販売は行われていませんでした。しかし、終戦後、アメリカ政府の統治下にあった折、流通が制限される中で黒糖を有効に活用する手段として黒糖焼酎の醸造と販売が急速に進められました。日本への復帰時、米麹を使用した黒糖焼酎の醸造が認可され、その醸造技術は成長と発展を経て、継承され続けています。鹿児島県は、焼酎王国として名を馳せており、蔵元だけでなく、焼酎の加工工場、サツマイモの生産業者も多数活躍しています。

鹿児島の工場求人は、寮付きのお仕事が魅力的!

寮に入ることで、家賃が節約できるかも?

鹿児島のワンルームの家賃相場は、3万円~5万円くらいと、全国平均から見るとそれほど高くはなっていません。しかし、水道光熱費もあわせると、4万円~7万円くらいとなり、結構な負担となります。工場求人の中には、寮費・水道光熱費無料という非常に好条件のお仕事もありますので、そういったお仕事に応募して働くことで、単純に考えて毎月4万円~7万円程度を節約できると言えます。必ずしもすべての工場求人が寮費・水道光熱費無料という好条件がついているわけではありませんが、家賃の一部を会社が負担してくれたり、水道光熱費のうち水道料金だけは会社が負担してくれたりなど、多かれ少なかれ、節約はできることが多いです。健康で元気がある人なら採用される可能性が高いので、希望に合う求人が見つかったら積極的に応募してみましょう。

工場の求人は貯金がしやすい!

鹿児島の工場求人の時給相場は、1000円~1100円くらいとなっていますが、これはコンビニアルバイトなどと比べると高めです。さらに、工場の仕事は残業が多いことが特徴であり、残業や休日出勤をたっぷりすれば、通常の時給に25%以上の割増手当てが上乗せされるので、がっつり稼ぐことができます。深夜に働いても良いという人なら、夜勤の仕事も選択肢に入れてみましょう。夜勤の仕事も、25%~50%程度の深夜手当てがつくので、時給1000円~1100円の仕事が、時給1250円~1650円の高時給バイトに変わります。深夜手当てがつくのは夜10時~朝5時までの時間帯のみであり、それ以外の時間帯は通常の時給となります。このように、工場の仕事はがっつり稼ぐことができますが、その上寮費・水道光熱費無料、入社祝金といった特典などもついていれば、さらに貯金がしやすくなるでしょう。

鹿児島県の工場求人には正社員の募集も多い!

鹿児島県内外の工場勤務で正社員になるメリットを紹介!

鹿児島県は九州地方南部の中心で、農業や食産業が盛んなところです。県内には食品メーカーや自動車メーカー、携帯電話など電子製品の部品の工場もあり、それぞれが正社員の求人を行っています。また、福岡県や東海地方などにある工場を勤務地とする正社員の求人掲載も多いです。募集年齢は50代くらいまでとなっており、勤めていた会社の倒産などで転職の必要に迫られた人にとっても、要チェックの職種といえるでしょう。軽作業を行う人材も求められているため、体力のない女性でも活躍できます。

■正社員として就職するメリット1:雇い止めがない!
期間工・契約社員の雇用期間は3年が上限と法で定められていますが、正社員なら上限はないため、長期にわたって安定した収入源を確保することが可能です。また、月収に加えてボーナスや報奨金・慰労金などの各手当も出るため、期間工と比べて年収が多くなります。

■正社員として就職するメリット2:働きながらスキルアップできる!
正社員であれば生産・工程管理・品質管理など、単純作業よりもやりがいを感じられる仕事を担当することができます。さらに、資格や免許を取得するための費用を雇用主が支援してくれるため、専門的なスキルを身に付けることが可能です。このように工場勤務で正社員になるメリットは多数あるので、応募してみてはいかがでしょうか。

鹿児島県はこんなところ

・鹿児島県は九州本島の最南端で、自然環境が良好な地域で桜島がシンボルです。(40代/男性/会社員)
・霧島山(新燃岳)の噴火が著しく、火山灰の公害が問題になっている。(30代/男性/自由業・フリーランス)
・鹿児島県は、南端が与論島と、沖縄県に近い県です。全国的に有名な桜島があります。(30代/女性/パート・アルバイト)
・桜島の火山活動でよく灰がふるが、黒豚だったり白熊であったりと特産物が多い。(30代/女性/専業主婦・主夫)
・鹿児島県は、世界遺産に屋久島や霧島山などがあり、自然に恵まれた所です。(30代/男性/会社員)

鹿児島県のグルメ情報

・黒豚おにぎり ・黒豚のとろける甘さに、醤油だれがベストマッチ ・わさびが絶妙な スパイス 、これまでの黒豚料理とは異なる新感覚、舌感 、ご当地グルメの予感あり 絶品です。(30代/男性/会社員)
・軽羹饅頭。甘さ控えめの餡子をヤマイモを含んだしっとりとした生地が包み、食感も香りも良く、濃い抹茶に合う味。(40代/男性/契約派遣社員)
・げたんは 下駄の歯に似ていることから名づけられた、黒砂糖を使った素朴な味わいの郷土菓子になります。げたんは は農作業中の合間のおやつやお茶請けとして、地元では古くから普段の生活に根付いているお菓子です。(40代/女性/会社役員)
・鹿児島県のご当地グルメと言えば、さつま揚げだと思う。自宅でも作りやすいし、豆腐などをいれるとヘルシーなのでお手軽に食べられる。(20代/女性/無職)
・知覧茶は飲んだことがありませんが、日本で一番初めに新茶が出て、香りが良いとの噂なので飲んでみたいです。黒豚は「うまかっちゃん」の黒豚とんこつ味などでも見ますので鹿児島のブランド豚です。鶏飯はさっぱりとお茶漬けといった感じなので風邪気味のときなど食欲がないときでもサラサラと食べられておすすめです。(30代/女性/専業主婦主夫)

鹿児島県の交通情報

・JR指宿枕崎線にて南北方向の移動ができます。自動車では指宿有料道路が利用できます。(40代/男性/会社員)
・陸路は鉄道や高速道路が、空路・航路共に発展しており、充実していると言える。(30代/男性/自由業・フリーランス)
・鹿児島県は島が多いので、空港が多いです。そして鉄道は、JR九州があり、九州新幹線の終着・始発駅である鹿児島中央駅があります。(30代/女性/パート・アルバイト)
・新幹線や飛行機、高速道路も通っておりアクセス抜群。車の交通量も多い。(30代/女性/専業主婦・主夫)
・JRや新幹線や空港があり、アクセスが良く隣県の人が行きやすい所です。(30代/男性/会社員)

鹿児島県の観光地

・鹿児島県の観光地といえば、やはり、代表する山である桜島です。(40代/男性/自営業(個人事業主))
・鹿児島県の観光地と言えば、桜島です。桜島は一周することができ溶岩を近くで見ることが出来ます。(30代/女性/専業主婦主夫)
・桜島は市内からフェリーで渡れ、指宿の砂蒸し風呂や知覧特攻平和祈念館が特におすすめです。(40代/男性/無職)
・鹿児島のシンボルは、桜島です。市内からフェリーで15分で着きます。近くは溶岩道路もあり、その雄大さに圧巻の一言です。(40代/男性/会社員)
・桜島を観光する際は『灰』が急に降ってくることがあるのでその事に注意すれば、きれいな自然を体験できます。フェリーに車を持ち込んでも行くことができます。(30代/女性/専業主婦主夫)
鹿児島県の工場のお仕事について

鹿児島県の工場・製造業の求人のお仕事探しならジョブコンプラス!寮費無料・高収入・履歴書不要・電話面接OKなど豊富なこだわり条件からあなたの条件にあった求人がすぐ見つかる!キープボタンやWEB履歴書機能があるので応募もカンタン!

鹿児島県の工場のお役立ち情報
鹿児島県は、九州南部に位置し、離島が点在しています。ご当地グルメには、温たまらん丼があります。観光スポットには、城山、仙巌園(磯庭園)、マンゴーの森・パッションフルーツの森、桜島が人気です。
県内には、多数の酒造工場が所在し、特に焼酎の醸造が非常に盛んです。その歴史は、非常に古く、400年以上昔から醸造が行われていと推測されています。大口市に位置し、鎌倉時代に建立されたと推測されている郡山八幡神社より発見された木札に、「1559年、社殿の普請にあたった宮大工が座主が一度も焼酎を呑ませてくれなかった」という不満が記されていたことに起因しています。また、1600年代後半、中南米原産のサツマイモが鹿児島へと伝来しており、火山灰に覆われた特殊な農地形態と温暖な気候環境がサツマイモの育成環境に好ましかったことから、サツマイモの栽培、芋焼酎の醸造が県内各地で行われるようになり、現在も定着しています。
一方、全国的に有名な銘酒の一つとなっている奄美の黒糖焼酎は、琉球王朝時代に飲用されていた蒸留酒に端を発しています。歴史上の具体的な記述は、1850年代に薩摩藩士によって記された南糖雑話で初めて登場しており、黒糖焼酎の原形とおぼしきサトウキビの絞り汁を用いた留汁焼酎について記されています。江戸、明治時代の奄美島では、焼酎や味噌、醤油を自家作りする習慣がありましたが、販売は行われていませんでした。しかし、終戦後、アメリカ政府の統治下にあった折、流通が制限される中で黒糖を有効に活用する手段として黒糖焼酎の醸造と販売が急速に進められました。日本への復帰時、米麹を使用した黒糖焼酎の醸造が認可され、その醸造技術は成長と発展を経て、継承され続けています。鹿児島県は、焼酎王国として名を馳せており、蔵元だけでなく、焼酎の加工工場、サツマイモの生産業者も多数活躍しています。

鹿児島の工場求人は、寮付きのお仕事が魅力的!

寮に入ることで、家賃が節約できるかも?

鹿児島のワンルームの家賃相場は、3万円~5万円くらいと、全国平均から見るとそれほど高くはなっていません。しかし、水道光熱費もあわせると、4万円~7万円くらいとなり、結構な負担となります。工場求人の中には、寮費・水道光熱費無料という非常に好条件のお仕事もありますので、そういったお仕事に応募して働くことで、単純に考えて毎月4万円~7万円程度を節約できると言えます。必ずしもすべての工場求人が寮費・水道光熱費無料という好条件がついているわけではありませんが、家賃の一部を会社が負担してくれたり、水道光熱費のうち水道料金だけは会社が負担してくれたりなど、多かれ少なかれ、節約はできることが多いです。健康で元気がある人なら採用される可能性が高いので、希望に合う求人が見つかったら積極的に応募してみましょう。

工場の求人は貯金がしやすい!

鹿児島の工場求人の時給相場は、1000円~1100円くらいとなっていますが、これはコンビニアルバイトなどと比べると高めです。さらに、工場の仕事は残業が多いことが特徴であり、残業や休日出勤をたっぷりすれば、通常の時給に25%以上の割増手当てが上乗せされるので、がっつり稼ぐことができます。深夜に働いても良いという人なら、夜勤の仕事も選択肢に入れてみましょう。夜勤の仕事も、25%~50%程度の深夜手当てがつくので、時給1000円~1100円の仕事が、時給1250円~1650円の高時給バイトに変わります。深夜手当てがつくのは夜10時~朝5時までの時間帯のみであり、それ以外の時間帯は通常の時給となります。このように、工場の仕事はがっつり稼ぐことができますが、その上寮費・水道光熱費無料、入社祝金といった特典などもついていれば、さらに貯金がしやすくなるでしょう。

鹿児島県の工場求人には正社員の募集も多い!

鹿児島県内外の工場勤務で正社員になるメリットを紹介!

鹿児島県は九州地方南部の中心で、農業や食産業が盛んなところです。県内には食品メーカーや自動車メーカー、携帯電話など電子製品の部品の工場もあり、それぞれが正社員の求人を行っています。また、福岡県や東海地方などにある工場を勤務地とする正社員の求人掲載も多いです。募集年齢は50代くらいまでとなっており、勤めていた会社の倒産などで転職の必要に迫られた人にとっても、要チェックの職種といえるでしょう。軽作業を行う人材も求められているため、体力のない女性でも活躍できます。

■正社員として就職するメリット1:雇い止めがない!
期間工・契約社員の雇用期間は3年が上限と法で定められていますが、正社員なら上限はないため、長期にわたって安定した収入源を確保することが可能です。また、月収に加えてボーナスや報奨金・慰労金などの各手当も出るため、期間工と比べて年収が多くなります。

■正社員として就職するメリット2:働きながらスキルアップできる!
正社員であれば生産・工程管理・品質管理など、単純作業よりもやりがいを感じられる仕事を担当することができます。さらに、資格や免許を取得するための費用を雇用主が支援してくれるため、専門的なスキルを身に付けることが可能です。このように工場勤務で正社員になるメリットは多数あるので、応募してみてはいかがでしょうか。

鹿児島県はこんなところ

・鹿児島県は九州本島の最南端で、自然環境が良好な地域で桜島がシンボルです。(40代/男性/会社員)
・霧島山(新燃岳)の噴火が著しく、火山灰の公害が問題になっている。(30代/男性/自由業・フリーランス)
・鹿児島県は、南端が与論島と、沖縄県に近い県です。全国的に有名な桜島があります。(30代/女性/パート・アルバイト)
・桜島の火山活動でよく灰がふるが、黒豚だったり白熊であったりと特産物が多い。(30代/女性/専業主婦・主夫)
・鹿児島県は、世界遺産に屋久島や霧島山などがあり、自然に恵まれた所です。(30代/男性/会社員)

鹿児島県のグルメ情報

・黒豚おにぎり ・黒豚のとろける甘さに、醤油だれがベストマッチ ・わさびが絶妙な スパイス 、これまでの黒豚料理とは異なる新感覚、舌感 、ご当地グルメの予感あり 絶品です。(30代/男性/会社員)
・軽羹饅頭。甘さ控えめの餡子をヤマイモを含んだしっとりとした生地が包み、食感も香りも良く、濃い抹茶に合う味。(40代/男性/契約派遣社員)
・げたんは 下駄の歯に似ていることから名づけられた、黒砂糖を使った素朴な味わいの郷土菓子になります。げたんは は農作業中の合間のおやつやお茶請けとして、地元では古くから普段の生活に根付いているお菓子です。(40代/女性/会社役員)
・鹿児島県のご当地グルメと言えば、さつま揚げだと思う。自宅でも作りやすいし、豆腐などをいれるとヘルシーなのでお手軽に食べられる。(20代/女性/無職)
・知覧茶は飲んだことがありませんが、日本で一番初めに新茶が出て、香りが良いとの噂なので飲んでみたいです。黒豚は「うまかっちゃん」の黒豚とんこつ味などでも見ますので鹿児島のブランド豚です。鶏飯はさっぱりとお茶漬けといった感じなので風邪気味のときなど食欲がないときでもサラサラと食べられておすすめです。(30代/女性/専業主婦主夫)

鹿児島県の交通情報

・JR指宿枕崎線にて南北方向の移動ができます。自動車では指宿有料道路が利用できます。(40代/男性/会社員)
・陸路は鉄道や高速道路が、空路・航路共に発展しており、充実していると言える。(30代/男性/自由業・フリーランス)
・鹿児島県は島が多いので、空港が多いです。そして鉄道は、JR九州があり、九州新幹線の終着・始発駅である鹿児島中央駅があります。(30代/女性/パート・アルバイト)
・新幹線や飛行機、高速道路も通っておりアクセス抜群。車の交通量も多い。(30代/女性/専業主婦・主夫)
・JRや新幹線や空港があり、アクセスが良く隣県の人が行きやすい所です。(30代/男性/会社員)

鹿児島県の観光地

・鹿児島県の観光地といえば、やはり、代表する山である桜島です。(40代/男性/自営業(個人事業主))
・鹿児島県の観光地と言えば、桜島です。桜島は一周することができ溶岩を近くで見ることが出来ます。(30代/女性/専業主婦主夫)
・桜島は市内からフェリーで渡れ、指宿の砂蒸し風呂や知覧特攻平和祈念館が特におすすめです。(40代/男性/無職)
・鹿児島のシンボルは、桜島です。市内からフェリーで15分で着きます。近くは溶岩道路もあり、その雄大さに圧巻の一言です。(40代/男性/会社員)
・桜島を観光する際は『灰』が急に降ってくることがあるのでその事に注意すれば、きれいな自然を体験できます。フェリーに車を持ち込んでも行くことができます。(30代/女性/専業主婦主夫)
鹿児島県のメリット