ジョブコンプラスお仕事ガイド 働くなら知りたい!工場のお仕事をご案内

トピック
工場の仕事について感じる疑問、お答えします!

工場で働きたい人たちの中には、多くの不安を抱えている人もいるのではないでしょうか。工場の仕事には悪い報道も聞こえてきます。それが工場の全てではないとはいえ、応募する工場もまた労働環境が乱れていたらどうしよう、と怖くなってしまうでしょう。そこで、ここでは工場にまつわる様々な疑問、不安をまとめて、その実態を答えてみました。工場での仕事について、より身近に感じられるようになるでしょう。

☆未経験でも仕事は覚えられる?

どんな仕事でも最初のうちはちゃんと仕事ができるようになるか、不安になるものです。しかし、工場の仕事では担当現場ごとにリーダーやサブリーダーが決められており、その人たちが中心になって新人を教育してくれるケースが多く見られます。また、入社してしばらくの間は講習を実施している企業もあり、まず『どんな製品を作っているか』、『企業としての目的は何か』などを教わることから始まります。企業の理念をしっかりと頭に入れながら、焦らずに成長していけば仕事を覚えられるようになるでしょう。

☆入社祝い金って何?本当にもらえる?

入社祝い金とはその名の通り、入社を記念して企業から支払われるお金のことです。どうして仕事もしないうちからお金をもらえるのか不思議に思う人もいるでしょう。しかし、企業からすればお金を出してまで、優秀な人員を確保したいのが本音なのです。ただし、入社祝い金はどんな企業も支払ってくれるわけではなく、中には社員がすぐ辞めてしまうために入社祝い金で募集を増やそうとしている企業もあります。あなたを正当に評価したうえで入社祝い金を出してくれるのかどうかを見抜く目を持ちましょう。

☆工場のお仕事って本当に稼げる?

工場の仕事のメリットは、頑張りが認められやすい仕事です。派遣社員やアルバイトからキャリアをスタートさせても、優秀だと認められた時点ですぐ、正社員を打診されることもしばしばです。正社員になってからも、年功序列が厳しいような職場は比較的少なく、能力に合わせて頑張りが給与へと還元されます。若くして役職手当がつくようなケースも十分にありえます。年齢や性別の差別なく、向上心のある人が上を目指せる現場です。あなたの頑張り次第で、稼ごうと思うぶんだけ稼げる仕事だといえるでしょう。

☆仕事は力仕事ばかりとは限らない

工場の仕事と言えば、力仕事ばかりで毎日体力の限界まで働いている、というイメージがないでしょうか。実際のところ、現場では技術の発展にしたがい、重労働はロボットをはじめとする機械がこなす工場が増えてきています。むしろ、人間の手に委ねられているのは細かさと精密さが求められるラインの仕事が多いのです。また、生産管理や資材の受発注など、コンピュータソフトを使って工場を回していくデスクワークも必要とされており、年々、屈強な男性でないとできない力仕事は減ってきています。女性が工場で働く割合が増えてきた一因でしょう。

☆毎週しっかりと休みはとれるのか?

若い人には特に、定期的に休日がとれるかどうかは気になるのではないでしょうか。多くの工場ではシフト制が採用されており、労働基準法に見合うよう、社員の出勤スケジュールが計算されて組まれています。仮に、何らかの理由で休日出勤をする事態になったとしても、それは代休か金銭的な補償によって埋め合わせされます。繁忙期であれば休日出勤を行わなくてはいけない可能性もありますが、そんなときでも別日に休むことは十分できます。デートや家族サービス、趣味などのプライベートに割く時間は十分あるでしょう。

☆工場に残業が多いのは本当か?

工場といえば残業が多いというイメージがないでしょうか?確かに、家族経営で従業員数が少ないような工場では残業が多くなるのも仕方ないでしょう。しかし、大手の工場は無理な残業は減っている傾向にあります。大手ほど、人員に余裕があるため、定時どおりに仕事を終わらせ、次のシフトに引き継いでいく余裕が生まれるのです。また、仮に残業があったとしても残業代という形で補償されることが労働基準法により定められています。仕事の後、飲み会や趣味のサークルでプライベートを過ごす余裕も確保できるといえるでしょう。

☆寮付きの工場が多い不思議について

工場には寮付きの労働条件が多く見られますが、どうしてなのでしょうか。第一に、広い敷地を必要とする工場地帯は、交通機関や街から離れた場所に建てられることが多く、通勤がとても困難になるからです。また、24時間稼動の工場では、シフトが変則的で深夜からの勤務や、早朝からの勤務なども珍しくないのです。こうした環境で働くためには、近くに従業員が住める寮を作っておく必要があります。また、国内外の出稼ぎ社員や単身赴任者のために社員寮を作っている企業もあります。

☆福利厚生面は充実しているか?

工場に限らず、入社する企業が福利厚生を充実させているかどうかは気になるポイントでしょう。大手の企業はもちろん、中小規模でも福利厚生を徹底している工場が大半です。そのうえ、工場は仕事のリスクが大きい環境です。機械の誤作動や事故、災害などによって予想外の負傷を受けてしまう可能性もゼロではないのです。そのため、多くの工場では入社と同時に保険への加入が行われます。もちろん、事故が起こらないような安全対策は行われていることが前提ですが、万一の場合の対策もしっかりと行われている工場が増えています。

☆人間関係に溶けこめるか?

工場といえば、人間関係についても健全でないイメージがないでしょうか。みんな陰気に仕事をこなしていて、お互い口をきかないような職場を連想している人もいるでしょう。しかし、そうした工場は経営状況に問題があったり、労働環境が悪かったりするなどのケースです。多くの工場では、共に長い時間を過ごす仲間として、友好的な人間関係が存在しています。サークル活動などを工場内や、寮内で立ち上げ、プライベートを一緒に過ごす人たちもいます。特に同世代の工員同士は、絆を深め合う傾向があるといえるでしょう。

☆正社員登用制度は信用できるか?

アルバイトや派遣社員の人は『正社員登用制度』を信用していいかどうか、悩んでいる人もいるでしょう。工場によってはそういった文言で人員を集めたいと意図しているところもあります。しかし、多くの企業は本気で優秀な人材なら正社員にしてより責任のある仕事を任せたいと考えています。後輩の指導ができる人員、管理者側に立てる人員の発掘は、どんな工場であっても重要視されている課題です。アルバイトや派遣社員でも仕事ができると思われれば、余所に移らないよう確保したい、と考えるのが経営者側の自然な考え方だといえます。

☆工場の仕事で心がけること

一部の工場で、劣悪な労働環境が蔓延しているのは事実です。しかし、度重なる報道や、労働者側の意識の向上などにより、そうした工場は減少しつつあります。そして、労働基準法にのっとり、社員がやりがいを持って働ける現場を作り出そうとする努力が、経営陣からも顕著になりつつあります。工場で働く魅力は、実力が重要視されることです。どうしても同じ仕事を単調に続けるイメージがある工場勤務ですが、だからこそ仕事をより効率的にして、生産性を高めようとする社員は重宝されます。キャリアアップの早さという点で、工場は注目に値する仕事です。あなたのやる気が早い段階から還元される工場の仕事は、熱意ある人にこそおすすめです。





☆関連するタグ

コツ

会員登録

ジョブコンプラス会員なら情報が常時6000件以上!"待っている"だけで希望の求人情報が届きます!

会員限定メール配信中だコン♪「新着のお仕事」や「オススメのお仕事」をメールでゲット!

今すぐ登録する(無料)

オリジナル適性診断