工場で行う加工の仕事は非常に重要です。原材料を製品にするために欠かせない作業であるといえます。一口に加工と言っても、その種類は非常に多彩です。製品の分野によって、加工の方法は全く異なるからです。
  
例えば、自動車部品の加工と食品の加工とでは、共通点が全く無いと言って良いほど、作業内容は異なります。また、同じ製品であっても、複数の方法を組み合わせて加工を行うことが多いです。機械による加工と手作業による加工の両方が行われる製品は少なくありません。このように加工の仕事内容は多岐にわたるのです。
  
今回は加工に関する代表的な業種として、「自動車部品の加工」、「電子部品の加工」、「食品の加工」について紹介します。

☆自動車部品の加工

自動車部品は非常に種類が多く、1台の自動車に1万以上の部品が使われています。自動車部品の加工では、部品を専用の機械にセットして、オペレーションを行うのが一連の流れになります。
  
例えば、ボンネットのプレスを行うときは、ボンネットをプレス用の機械にセットして操作します。同様に、部品同士を繋ぐ際は、溶接用の機械に二つの部品をセットして操作を行うことになります。
  
このように、加工自体は機械が行うことが多いので、加工実施の命令を下すオペレーションが主な作業であるといえます。ただし、小さな部品の溶接や研磨は手作業で行うケースもあります。そのため、手先が器用な人が向いているといえます。
  
また、加工を実施する前の安全確認も重要な仕事の一つです。

車好きにはたまらない!?自動車関連工場の仕事とは!
  
  

☆電子部品の加工

スマートフォンやテレビ、パソコンなど、あらゆるAV機器に電子部品は組み込まれています。
  
また、洗濯機や冷蔵庫などの白物家電に組み込まれている電子部品も少なくありません。製品によって使われる電子部品の種類は異なりますが、加工の作業方法は概ね共通しているといえます。
  
基本的には加工用機器に電子部品をセットすれば、自動的に加工が行われます。電子基盤の電極印刷や配線のカットなど、加工の種類は多岐に渡ります。電子部品はデリケートであるため、セット前や加工後に微調整を行うケースが多いです。一般的には、微調整は顕微鏡を用いて手作業で行います。
  
また、電子部品の加工用機器のメンテナンスも作業工程の中に組み込まれていることが多いです。

工場での電子の仕事ってどんな仕事?
  
  

☆食品の加工

食品の加工方法は対象とする食品によって違います。
  
しかし、食べ物を扱うことには変わりがないため、衛生面に最大限の配慮を行う必要があることは共通しています。作業スペースの消毒や手洗いなどを事前にしっかり行うことが求められるのです。
  
加工作業自体はライン方式で行うのが一般的です。大きな食材を使用する場合は最初に小さく切断します。途中で焼く作業がある場合は焦げの状態などを点検して、販売基準から外れているものは除外します。
  
また、卵などの少しの衝撃で崩れてしまう物を扱うときには、慎重に作業を行う必要があります。食材や食品が自分の前を流れてしまう前に作業を完了しなければならないので、スピード感が重要であるといえます。

食品関係にはどのような仕事があるの?重要な3つの業種を紹介
  
  

☆加工の業種に興味があるなら

今回は三つの加工の業種について紹介しました。機械で加工するケースもあれば、手作業で加工するケースもあるなど、加工方法は業種によって大きく異なります。
  
どの業種でも加工は複数の工程に分けて行われることが多いです。そのため、途中で失敗すると、後の工程に引き継げなくなるだけでなく、それまでの工程が全て無駄になってしまいます。作業を行うのに特別な資格は必要ないですが、慎重に作業することが必要であるといえます。その他にも器用さや素早さが必要になることもあります。
  
加工の業種に興味はあるけど、仕事をこなせるか不安を感じる人もいるでしょう。心配な場合は見学を申し込むと良いです。事前に見学をさせてもらえる工場が増えているので、対応してもらえる可能性があります。

加工の工場求人はこちら
  
全国の工場・製造業求人を探す
  

ジョブコンプラスでは工場・製造業の求人が多数掲載!
検索機能が充実しているため、仕事内容はもちろん、勤務地や給与、勤務時間など様々な方法から希望を絞ることができます。

また、会員限定の「適性診断」が受ければ、自分の性格や能力・仕事に活かせる強みが分かるので、より安心して仕事探しができます。

さっそく自分に合う仕事を探したい!まずは色々と役立つ情報だけを集めておきたい!
仕事探しをさらに充実させるためにジョブコンプラスをお気軽にご利用ください!