工場での勤務形態のひとつに、期間工(期間従業員)というものがあります。
期間工とは、忙しい時期などにある一定期間、集中して働く従業員のことです。会社と直接契約を結ぶ契約社員となるため、正社員や派遣社員とは契約内容が異なり、待遇も異なります。
期間工はもともと、農作業できない冬季に出稼ぎにくる農家の人が主だったといいますが、今では特に農業従事者に限ったことではありません。外国人労働者やフリーターなど、実に幅広い人材が期間工として働いています。
期間工というと「短期間でしっかり稼げる」というイメージがありませんか?果たして、それは事実なのでしょうか。

期間工で稼ぐポイントは、夜勤と残業にアリ

時給や日給だけを見ると、期間工のお給料は比較的高い傾向ではありますが、実は期間工でさらに稼げるポイントは、夜勤と残業。つまり、加算して支払われる夜勤手当と残業手当を狙っていくのです。
期間工が入る時は大抵忙しい時期ですから、日勤に加えて夜勤や残業も発生しやすくなります。逆に言うと、それがないと短期間でがっつり稼ぐことはできません。
「とにかく稼ごう!」と思って期間工で働く場合は、条件に夜勤や残業があるか事前に確認しておきましょう。この手当があるのとないのとでは、もらえる金額に大きな差がでてしまいます。
仮に稼ぎたいのに夜勤や残業がない部署に配置になってしまった場合は、配置換えをお願いしてみるのも良いでしょう。

期間工のリピートは同じ職場が吉

また、期間工として何度も働く気がある場合は、できるだけ同じ会社に行くことをおすすめします。
長い目で見ると経験者の方が基本給も高くなりますし、何度も通っていれば自分自身にとっても、その会社の内容があらかじめ見えているため、仕事がしやすくなります。
短期間できっちり集中して働いて、まとまったお金が欲しい!そう考える方には、期間工はおすすめの勤務形態と言えるでしょう。

  
期間工が年間で手にする給与はどれくらい?待遇は?
  
高収入で貯蓄もしやすい!期間工の年収や手取りの相場とは
  

  
期間工のお仕事探しなら期間工求人特集をチェック
  
工場・製造業求人を探す

ジョブコンプラスは製造業専門求人サイトだから、期間工・期間従業員の求人も多数掲載!
誰もが知っている世界的大手メーカーや有名な製品の製造のお仕事も。

給料は月収例30万円以上や、入社祝い金10万円などメリットがいっぱい!
短期間でしっかり稼ぎたい!いずれは大手メーカーの正社員として働きたい!
そんな方にオススメの期間工・期間従業員の求人特集を今すぐチェックしよう!