いざ働きたい仕事を見つけても、今住んでいる場所から遠かった場合…、そういう時に見ておきたいのが、寮が用意されているか?ということです。
応募条件の中には「寮費無料」というものもあります。
読んでそのまま、寮完備でしかもその費用が無料ということです。
引っ越しの物件を探すのは面倒、今すぐガッツリ仕事に集中したい!という方にはおすすめの条件です。でも、「寮費が無料なんてお得!」とすぐに飛びついてしまわないよう要注意。きちんと条件を確認するようにしましょう。

個室なのか共用なのか、大事なところです

例えば、間取りはどうなのか、個室なのか集団なのか、風呂・トイレは共用なのか、性別で制限はあるのか、備え付けの家電はどの程度あるのか、周辺の環境はどうなのか、などなど。
基本的には自分が物件を探す時と同じ条件で見ればOKですが、寮ならではの条件もあります。
例えば、性別。なかには女性だけの寮というのもあるようですが、男性ばかりの部屋に女性がぽつんと入ってしまうと、不安に感じる方もいらっしゃるかもしれません。
それに、集団部屋での暮らしはストレスが溜まってしまう、という方もいらっしゃるでしょう。なかには風呂・トイレ共用が耐えられない、という方も…。
しかも、寮費が無料だからといって、水道・光熱費が無料になるとは限りません。それぞれ条件は異なり、すべてが無料になる条件もあれば、水道・光熱費は自己負担という条件もあります。全然お金負担しなくていいと思っていたのに…、と後悔しないように、金額の条件面もしっかり確認してくことが必要です。

職場はいいけど寮がツライ…そんな本末転倒にはならないように

寮は仕事以外で過ごす大事な場所ですから、とくにシビアに条件を確認しておきましょう。
職場は良いけれど寮での生活がツライ…、となってしまうとせっかく見つけた仕事なのにたいてい長続きしません。それに、基本的には同じ職場の人間との寮生活になると思います。人間関係がうまくいかないと職場にも影響が出ることも…。
寮選びは慎重に慎重を重ねても不十分なくらい、と心得ましょう。

    
寮のメリットとデメリットとは
    
地域別で見る、寮費・家賃相場!

  
寮費無料の工場求人はこちら
  
工場・製造業求人を探す

ジョブコンプラスでは寮付き・住み込みの求人が約1万件以上掲載!
寮費無料や水光熱費の補助などのサポートがある職場や、完全個室の1Rの部屋に、家族も一緒に住める広さの寮。

また、家具家電付きやWi-Fi無料でインターネットし放題、寮と職場までの送迎サービス付きなど様々な特典も充実しています。

仕事だけでなく、住む場所や周辺の環境にもこだわりたい!今よりも快適な場所へすぐに住みたい!
そんな方にオススメの寮付き・住み込みの求人を今すぐチェックしよう!