今すぐお金が欲しい、超短期で働きたい、こんな希望に応えるのが「日払い」のお仕事。
働きたい時に働けるし、お給料もその日その日で計算されるということで、人気の条件となっています。効率よく働きたい人にはおすすめの条件と言えるでしょう。
なかには、別で正社員として働いているにも関わらず、副業として日払いバイトをする人もいるのだとか。副業OKの職場なら問題はありませんが、正社員の方で日払いバイトをお考えの方は、事前に今勤めている会社の就業規則をチェックしておきましょうね。

「日払い」はすぐにお金がもらえるわけではない

そんな、人気の「日払い」
ひとつ勘違いしないようにしておきたいのが、「日払い」=その日のうちにお給料が支払われるわけではない、ということです。
「日払い」とはお給料の締め日がその日にあるというだけで、その日のうちにお金を払うという意味ではありません。お給料は一週間後、場合によっては一カ月後ということもありえます。
「すぐお金がもらえるとアテにしていたのに!」と憤ってもあとの祭り。いくら会社側に詰め寄っても、「日払いってそういう意味じゃないので…」と返されるのがオチです。

すぐお金が必要な人は「日払い」ではなく「即日払い」を選ぼう

ですが、働いたその日のうちにお給料がもらえる条件もあります。
それが「即日払い」。
「日払い」とよく似ていますが「即日」で、文字通り、働いた即日にお給料が支払われる制度で、土木や建築業界などで多く見られます。
「即日払い」でしたら、即金をアテにしても大丈夫。働いた分がその日のうちにお金になります。
この「日払い」と「即日払い」は文字もよく似ていますから、募集条件をザザッと流し読みしていると、勘違いする可能性もあります。
自分がどのような条件で働きたいか、お給料はすぐもらえないと困るのか・少し時間を待ってもいいのか、それらをきちんと考えながら、落ち着いて条件を見るようにしましょう。
不安な時は、応募先に電話などで確認してみるのもひとつの手です。

週単位でお給料がもらえる「週払い」ただし…

「日払い」などの制度もありますが、一般的な会社の多くは「月払い」を採用しています。1カ月働いた分のお給料を、翌月の決められた日に受け取るシステムです。
これを毎週の単位に変えたものが「週払い」。
1週間働いた分を翌週のどこかで受け取る制度で、こまめにお金が受け取れるので、細々とお金が必要な人には嬉しい制度と言えるでしょう。しかし、週払い制度は嬉しいことばかりでもありません。
なぜならば、本来もらえるはずのお給料よりも金額が少なくなる場合があるのです。

「週払い(規定あり)」の規定がクセ者

一度、週払いの仕事情報があればその応募条件を詳しく見てみましょう。
「週払い(規定あり)」と書いてありませんか?この(規定あり)が重要です。
規定とは各会社が定めた規定のことですが、
給料日や残業についての他に、例えば月払いと比べて時給10円マイナス、などとある場合があります。
会社としては、毎週毎週清算するのは面倒ですから、できれば月毎に集計したいのが本音でしょう。数週間しか働けない人などのために週払い制度を設けていますが、条件は月払いよりも厳しくなる傾向があります。
そして、これは所得税の問題とも関係があります。月払いのお給料の場合、すでに所得税などを天引きされた形で支払われます。
ところが、週払いではそれがありません。そのため、所得税分は後々会社が負担しなければならないのです。すると、会社としてはおおよその所得税分を差し引いて週払いのお給料として渡します。
ですが、これは少し多めに計算して引くことがほとんどです。

月払いか週払いか、自分に合ったもらい方を選ぼう

会社としては損するわけにはいきませんから、当然の判断と言えますが、働く側としては多めにとられて損をした…という気持ちになってしまいますよね。
そうならないためにも、月払いの際と比べてどのくらい条件が変わるのか、それぞれの規定を最初に確認するようにしておきましょう。そのうえで、自分に合ったお給料のもらい方を選ぶことが大切です。

  
週払いありの工場求人はこちら
  
工場・製造業求人を探す

ジョブコンプラスでは月収35万円以上や時給1,600円以上など収入・高時給の求人が6,000件以上掲載!
入社祝い金30万円や勤務期間に応じたミニボーナスの支給などの特典が付くことも。

未経験でも年収400万円以上などしっかり稼げる仕事も満載!
将来を考えてしっかり貯金したい方や、大好きな趣味にもっとお金を使ってプライベートを充実させたい方などに
オススメの高収入・高時給の求人特集を今すぐチェックしよう!