製造業など工場勤務の募集要項の中で見かけるのが「給与前払い制度あり」という単語。「えっ、先にお給料がもらえるの!?」と驚いた方もいらっしゃるのでは?

確かに何かと入り用な時期には、お金は少しでも早く手に入れたいものですよね。

でも、早合点には要注意。いくら前払い制度と言っても、お給料全額が先にもらえるわけではありません。

それもそのはず、言葉は悪いですが貰ってしまったらそのまま来なくなる人もいる可能性があるわけですから、会社もそこまでお人好しではありません。

お金に困っている人のために前払い制度ができたのですが…

そもそも「前払い制度」は、働く前の所持金がゼロに近い人でも安心して働けるように設けられた制度だと言われています。

仕事は決まったけれど、この先1カ月間生きていけるかわからない…ということになったら、本人が困るのはもちろん、会社側もせっかく見つけた働き手を途中で失ってしまっては元も子もありません。

そこで、先にお給料を支払う「前払い制度」です。

これをもらうには、統一されたルールはなく、会社によって様々な条件があります。

例えばもらえる回数や金額、お給料全額の何割が貰えるのか、これらが決まっていることが多いです。他にも、最低何日かは働かないともらえない・支払いは申請が受理されてから(言って即時に貰えるわけではない)・前払い制度を使用すると手数料がひかれる、などなどがあります。

本当に困ったときの切り札くらいに考える

他にも各会社によっていろいろな条件があるので、利用するつもりがある人は事前にしっかり確認しておくことが大切です。

とは言え、あまり「前払い制度」を使いすぎるのは禁物。例えば身近な友人に、何度も何度も「お金を貸してくれ」と言う人がいたら、「お金にだらしない人だなぁ」と思いませんか?会社も同じです。

きちんと給料を渡しているのに、何度も「前借りさせてくれ」と言われたら…、この人は金銭の管理ができない人なのだな、と思われてしまいます。

「前払い制度」は本当に困った時の切り札として考え、なるべくなら使わないことをおすすめします。

  
工場・製造業求人を探す

ジョブコンプラスでは月収35万円以上や時給1,600円以上など収入・高時給の求人が6,000件以上掲載!
入社祝い金30万円や勤務期間に応じたミニボーナスの支給などの特典が付くことも。

未経験でも年収400万円以上などしっかり稼げる仕事も満載!
将来を考えてしっかり貯金したい方や、大好きな趣味にもっとお金を使ってプライベートを充実させたい方などに
オススメの高収入・高時給の求人特集を今すぐチェックしよう!