職安(ハローワーク)での失業保険受給の手続きについて

職安(ハローワーク)での失業保険受給の手続きについて

  • 投稿日:2015/08/18
  • 更新日:2020/03/13

職業安定所(ハローワーク)について

求人情報の提供・職業相談など転職活動をサポートしてくれる公的機関。
ハローワークはおなじみ求人情報の提供のほか、
就職活動をサポートしてくれる公的機関です。
退職した人にとっては「失業保険受給の認定」という重要な役割を担います。

失業保険受給の手続き

失業保険受給の条件

雇用保険
「雇用保険の加入期間」

離職の日以前2年間に、
雇用保険の被保険者期間(賃金支払基礎日数11日以上の月)が
通算12カ月以上あること

失業状態
「就職の意思はあるにもかかわらず失業状態であること」

雇用保険でいう「失業状態」とは、 「就職したいという積極的な気持ちがあるものの、
職に就くことができないでいる状態」のことをいいます。

受給の手続き

ハローワーク
「ハローワークで手続き」

住民票をおいている地域の管轄職安(ハローワーク)で手続きします。
必要書類:離職票・雇用保険被保険者証・身分証明書・印鑑・本人名義通帳

雇用保険説明会日程
「雇用保険説明会日程が決定」

受給資格確認終了後、失業保険について解説された「受給者のしおり」がもらえ、
「雇用保険説明会」日程が決まります。

待期期間
「待期期間」

2より通算7日間を「待期期間」といい、この間に働くと待機期間が延長されます。

雇用保険説明会
「雇用保険説明会に出席」

雇用保険説明会出席し、受給者のしおり・印鑑・筆記用具等を持参します。
ここで「雇用保険受給資格者証」「失業認定申告書」が渡され、第一回目の「失業認定日」が知らされます。

失業認定
「失業認定」

原則として4週間に1度、失業認定(失業状態であることの確認)のため、
指定された日に管轄のハローワークに出向きます。
期間中にどのくらい求職活動をしたか・どれくらい働いたか等を報告します。

受給
「受給」

失業認定を行った日から約1週間程度で、指定した金融機関の預金口座に基本手当が振り込まれます。
※自己都合など退職理由により3か月間の給付制限があるので注意

こうして、5失業認定→6受給を繰り返しながらお仕事を探します。

 
全国から工場系のお仕事を探したい方はこちら

合わせて読みたい関連記事

「働き方ガイド」カテゴリの人気記事ランキング

ジョブマガジンカテゴリ

ジョブコンプラスで求人検索!

運営者

ジョブマガジン編集部
ジョブマガジンは、工場のお仕事に携わる方向けの情報メディアです。
工場で働く前に知っておきたい資格、工場でのお仕事内容はもちろん、採用されるために必要な面接のコツやノウハウ、応募の際の注意点など、求職に役立つ情報が盛りだくさんです。是非ご覧ください!

ジョブコンプラス

工場・製造業のお仕事いっぱい!

  • 1R寮
  • 期間工
  • 高収入
  • 日払い
    OK

ジョブコンプラス

まずは会員登録!

  • 最新のお仕事情報をメールでお届け!
  • 入力なしでカンタンに応募ができる!
  • 履歴書作成ができる!証明写真も簡単!

会員登録(無料)

じょぶコン吉

キャンペーン

ジョブコンプラス専門サイト

PAGE TOP

  1. ジョブコンプラス工場求人TOP
  2. ジョブマガジン
  3. 職安(ハローワーク)での失業保険受給の手続きについて