派遣社員として工場で働く場合、平均時給がどの程度なのか気になるところですよね。工場での仕事は、とりわけどの勤務形態で働くかが給料に直結することになります。正社員と派遣社員、またパートやアルバイトでは平均時給や平均的な収入の相場が大きく異なるのです。
  
厚生労働省発表の「派遣労働者実態調査結果の概要」によれば、派遣社員の平均的な時給相場は1,281円となっており、地域別最低賃金の全国平均の数値と比べると500円近い開きがあります。
  
ただ、こうした平均時給の相場はあくまで工場で軽作業などを行う場合の数値です。より専門的な工場に勤務することになれば、さらに高い時給で働くことができるでしょう。

☆社会保険に加入できる

派遣社員は正社員と比べて身分が不安定で、働きづらいというイメージを持っている人が多いかもしれません。しかし、一定の条件を満たせば社会保険に加入することもでき、工場で派遣社員として働くメリットは決して小さなものではありません。
  
その会社で一般の社員が働く勤務日数や勤務時間に比べて、4分の3以上の日数と時間が確保できていれば、派遣社員であっても社会保険への加入が認められます。そうなれば、給料から社会保険料が控除されるため、実質的な給料はさらに高くなるとも言えるでしょう。
  
確かに正社員と比べると、給料が安くて身分も安定していないかもしれませんが、社会保険に加入もできて時給も高い工場の派遣社員は、なかなかの旨みを享受できる働き方でもあります。

☆夜勤を含めればさらに高い時給が

派遣労働では夜勤をからめて働くことで時給をさらにアップすることが可能です。とりわけ工場は24時間稼働しているケースもよくあるため、夜勤や時間外労働を頼まれることも珍しくありません。
  
夜勤のみで働く場合も、また日勤と夜勤を絡めて働く場合も、通常よりも高い時給で働くことが可能です。夜の22時から翌朝5時までは時給が1.25倍アップするため、夜勤を積極的にシフトに入れて働くことでさらなる高収入を獲得することができるでしょう。
  
ただし夜勤を織り交ぜて働く場合、気を付けたいのが体調の管理です。不規則な生活になるため、高い収入を見込める一方で身体を壊しやすくもあります。自分の身体をいたわりながら、夜勤でたくさんお金を稼ぎましょう。

☆上昇傾向の時給派遣社員

工場で働く派遣社員の時給は上昇傾向にあります。製造業や軽作業を中心に、人材不足が深刻化しており、工場勤務の派遣社員の仕事も売り手市場が進んでいるためです。
  
一方、働く側にとってはこうした状況は好ましく、より高い条件の求人を探すことも難しくなくなっています。仕事の求人数自体が増加傾向にある職種であり、自分の条件に近い求人を見つけやすいという点も、工場で働く大きな旨みになっています。
  
夜勤の求人も増えており、夜勤専従で働く場合はより高い収入が見込めるでしょう。夜勤のみで働く場合、平均時給も日勤に比べて25%ほど高くなるので、派遣社員でありながら月収が30万円を超えるケースも珍しくありません。

☆いろいろな働き方にも対応できる相場派遣社員

工場の派遣社員は時給相場も高く、夜勤や日勤など働き方もさまざまです。自分の働きたい勤務日数や勤務時間のみという働き方もでき、自由な時間を確保しやすいという側面もあります。
  
そうした時間を利用して、別の派遣やバイトを掛け持ちすることもできるでしょう。そうなれば、より高い収入を確保することも可能です。また、派遣社員として工場で経験を積んだ末に、正社員として登用されるというケースもあります。
  
もちろん、肉体的に決して楽な仕事ではありませんが、資格を取得したりすることでさらなる高時給を目指すこともできます。いろいろな働き方が可能なので、自分に合った勤務条件で働いてみましょう。